生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

iPhone、ついに登場

      2014/05/18

iPhone、これまで、世界でもあり得なかった使い方と、インターフェイス。(ここでは電話と人との接点や利用の仕方)ついに日本登場のようですね。

iPhone、アップルらしいネーミングです。真打登場とも言えるかもしれません。
音楽配信iTuneでも、スタートはアメリカからでした。

当時、サイトを見ていると、すさまじいミュージックのダウンロード数が、毎日、米国のホームページで見られました。

とにかく、見ているとダウンロード数の桁数がすごかったです。

そして、ジャスト何百万?人目のダウンロードされた方にプレゼントをしていました。(はっきり数は覚えてませんが、千万か億単位かもしれません)

その携帯、ソフトバンクモバイルから発売予定のようです。
これからソフトバンク株は上昇志向?持っている方、これから上昇しそうですね。

孫さんとCEOのジョブズ氏は、同じ企業家精神を共有しているので、話が合ったのかもしれません。孫さんは、最初からスティーブ・ジョブズ氏に熱いラブコールしていましたから。

もちろん、NTTドコモを含め他社もそうだったと思います。
iPhoneならず、iPhoneのネーミングロゴと製品中身が面白いです。

頭文字が、大文字で始まるのでなく、小文字iから始まり、二文字目のPが大文字で、
電話のPhoneを強調している。

しかも、iが小文字で目立って、それだけでロゴになっている。
iとPhoneの文字が活きている、文字単体でも一つのデザインでしょうね。

この付け方ひとつをとっても、スティーブ・ジョブズ氏の製品のこだわりと息づかいが感じられます。この頂点に立つ、スティーブ・ジョブズ氏についても、機会があれば改めて取り上げてみたいと思います。

 - 話題 , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

IOS8 iphone ipad
iOS8の写真や動画の使い勝手や機能がより便利に!

Appleは6月2日にカリフォルニアで開催したWWDC14で、 iOS8を正式発 …

STAP細胞実証
研究や成果は無駄な労力や時間から生まれる価値ある無駄!

そもそも研究をするということは、 失敗があって成功や成果が生まれるのが研究です。 …

no image
Siri(音声認識ガイダンス)の日本語版搭載がAppleからデビュー!

Siri(音声認識ガイダンス)の日本語版搭載が遂にアップルからリリースしました。

no image
世界の大富豪の被害総額いかほど、パート2。

ウォーレン・バフェット氏や他のトップクラスの企業家を見てもわかるのは、資産価値が莫大だと言う事を前回言っていました。しかし、それだけに身動きが。

no image
刑事コロンボのピーター・フォークさんは、いつまでも永遠に!

「刑事コロンボ」シリーズのピーター・フォーク氏が、ロサンゼルスの自宅で死去されました。83歳でした。コロンボ刑事は、おなじみの、よれよれのレインコートと葉巻がトレードマークで、独特の言い回しや、スタイルがテレビで受けました。「刑事コロンボ」シリーズのドラマの中では犯人を、一見とぼけた口調や雰囲気の中で、完全犯罪のアリバイを解決するべく、犯人との独特な会話の中から糸口を見つけ完全犯罪を見事に解決するドラマなのですね。

no image
映画007ジェームス・ボンドの再現?

007ジェームス・ボンドのシーンに出てくる水陸両用の車をモデルにしたと言われる車が登場しました。共同によると、4日開催されたジュネーブ自動車ショーで、世界初のようで、水中走行車が展示されたとのことです。

no image
本田圭佑選手の視力2.0の視力回復のレーシックの良さは?

本田圭佑選手(サッカー日本代表)が、レーシックの視力回復施術のを受けていたようです。Yahoo・東京ウォーカーによると、本田選手の視力は、右眼と左眼ともに、視力が0.4から2.0と劇的に回復したとのことで、本田圭佑選手自身、以前から視力の低下を実感していて2012年6月中旬に、SBCメディカルグループが展開する視力矯正専門院「新宿近視クリニック」でこれまで興味を持っていたというレーシック施術を受けの視力の完全回復に成功したようです。この、レーシック(LASIK)は角膜屈折矯正手術の一つで、

no image
iPadとiPhone4とコンビニ弁当との関係

iPadとiPhone4とコンビニ弁当との関係の共通項は?
iPadとiPhone4なら分かるでしょうけど、一見何の関係も無いように思えますが、一体何が関係すると思いますか?

no image
ロンドン五輪・トップアスリート達のすごさ

世界最速の選手、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)選手が言います。数々の記録は、簡単にとれるとみんなが思っているけど、実際は、過酷なトレーニングから生まれた記録だと。裏では、人知れず、死に物狂いなトレーニングの積み重ね。嫌になるほどの、日々のトレーニングから100m、200m、400mリレーと金メダルが生まれる。天性の才能は持ち合わせているものの、やはり、過酷なトレーニングから磨きをかけて素質が育まれ、開化しているのですね。体操の個人総合で、ロンドン五輪で金メダルを獲得した内村航平選手もその一人。家より体育館で過ごす時間が長かった少年時代だったと言っています。

no image
小学校からの英語学習、子供向けの英会話レッスンは?

2011年から全国の公立小学校の5、6年生において英語学習が必修になりました。外国語を通して英語を実際に体験して英語や文化にも理解を深め、子どもたちが英語を通して積極的にコミュニケーションを図る素地を作ったり、英語の音声や基本的な表現に慣れ親しみ、コミュニケーション能力の素地も育成していこうとするもので、その目的は文法な、どかしこまった英語学習や構えて英語を学習すると言うより、『自然に英語を慣れ親しみ、やがては自然にコミュニケーションがとれるような素地づくり』を目的としているのが適切かもしれません。