アップルは以前のMac時代に回帰していくのだろうか?

新型タブレット型端末、iPad AirとiPad Minの新製品を初め、MacBook、Mac Proも欲しくなる一品で、世界でも、ある一定の販売力がある製品群であると想像できます。

さらにです、2013年10月の新製品発表において、Mac OS X最新バージョン、「Marverick」は無料であるのにびっくりですが、

iWork、Pages、Numbers、Keynote、iPhoto、iMovie、Garage Bandも、いずれもOS X MavericksとiOS7、64ビット対応、iCloudに統合されて、

条件により、こちらも無料で提供され、小さなサプライズではある一方で、(えっ、そんなの小サプライズでもない?)

従来のアップルのビックサプライズを、期待していた人も多かったのではないでしょうか。

自分もその1人でした。ジョブズお得意の、『One more thing』を最後に期待して。

新製品発表会でTwitterのタイムラインを見ていても、「iPadまだ〜」とか、「キーノート、結構引っ張るよねー」や「指紋センサー搭載は〜?」

そして・・・「ワン・モア・スィング」などなど、まさしく、コメントに笑ってしまうものなど頻発してました。製品は置いといて、むしろタイムラインで共感ができてることが、盛り上がりにつながっていました。

これから何が出るだろうかと、期待感と若干の失望感が交差して。

ティム・クック氏は、もはや独自路線を貫いて、ジョブズの遺言である、『ジョブズならどうするかを』考えるな・・・を実直に貫いているとも思います。

確かに優等生的な手腕を発揮しているのですがキーノートでは何か物足りなさを感じてしまいました。

製品群はどれも素晴らしいものではあるものの過去のマックの進化の過程を、プレイバックして見ている感じがしてなりません。

アップグレードするソフト、高性能仕様へのハード、スタンダード的には文句の付けようがありませんが、プロ向けでも、4Kを取り入れてきたスペックなどプロユースとしても、快適に作業ができるのもあのマック時代と同じように重なってしまいました。

『One more thing』こそが、
アップルの凄みだったはずなのに・・・
果たして今後、見ることはできるのだろうか?

製品としては決して悪くはないのですが、Appleがゆえに・・・。

新製品が出て、まずまずの製品に仕上がっています。Appleでなかったら、それより、アップル愛用する一人ではなかったら、それはバージョンアップした製品の一つでしかありません。

Appleゆえに、感動やインパクトが欲しかったわけです。

例えば、iPhoneもiPadも、一眼カメラのような、高性能ピクセルカメラ搭載やデザイン面では、極端に言えば、フレーム枠を指で添えるくらい、更に薄くしてインチアップを図るとか、充電方法やSiriの一層の人工知能化強化・・

これは将来確実に実現されると予想してますが・・まだまだ、色々あるわけです。

次期製品には『超サプライズ』で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。