マッキンゼー出身者が活躍や成功する理由は?

マッキンゼー出身者が成功するのはなぜ?と、話題になっています。

多くのマッキンゼー出身の優れた卒業生が様々な分野の産業界で活躍している中、
経済評論家の勝間和代さんオイシックス(Oisix)創業者の高島宏平さんも
また、食材宅配のネット販売で同じように活躍しています。

これらのマッキンゼー出身者の活躍が実力を十二分に発揮して、その業界のリーダー的存在としても成功しています。

では、なぜ、マッキンゼーから優秀な人材が続々と出てくるのでしょうか?

その理由が面白いです、そうなりそうな人を採用して、そうなるように育てているから普通に活躍するわけです。

独創的な視点でビジネスを見つめているから。例えば、新規学卒者を採用し始め、学生獲得の方法は、まず「夏のリサーチ・プロジェクト」と称して有名大学にポスターを貼り、日給1万円で4年生のアルバイトを募集すると大勢集まって、その中から選抜した学生に1週間ほどマッキンゼー流の問題解決法を教えた後、

ケーススタディとして出題、例えば「オリンパスの経営が破綻した理由は何か」や「大赤字のソニーを再生するためにはどうすればよいか」というようなテーマを1人1個ずつ与えて、その結果を大前氏の前でプレゼンテーションしてもらうようです。

そうすることによって誰が優秀なのかすぐに見極めがつくから、最終的に10人くらいに絞り込んで採用できるそうです。

戦略のプロの仕事として依頼者や案件に応じて的確な情報収集や分析し、問題解決と実践的な戦略を提案するのですね。

日常の仕事を通して徹底的にプロの思考を実践して経営にも必要な技術であったりするため、
若くても企業の経営に携わることがあるようです。

まさに、仕事を通してプロフェショナルを育成・実践しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。