睡眠不足の原因と、後のリスクとは、減らす方法は?

睡眠不足の原因と、後のリスクとは、減らす方法は?

日本人の約4割の睡眠時間は6時間未満のデータ(厚生労働省の調査)があります。

慢性的に寝不足が続いて、睡眠の乱れから日常生活での時間と健康のバランスが崩れると生活習慣病、循環器疾患、うつ、認知症、免疫力の低下につながる危険を伴うことが分かっています。

そのため、まず原因を探して改善につながけることが大切です。

それでは、睡眠不足の原因と対処を見てきます。

睡眠不足の原因で社会人では、学生や大学生では?

社会人で多いのはまずは仕事関係になります。

自身も学生から社会人になって経験を色々なカタチでします。

社会人として睡眠不足の原因は?

社会人としてのストレスは下記のょうに多用な種類に分けられます。

ストレスを通して気になること、問題が解決されていないことなどから心配や頭の中に気になることが残ったままで睡眠に入れないことなど生じます。

仕事上のストレス


〇対人関係のストレスは真っ先にあげられます。同僚同士、上司との対人関係、部下との対人関係

〇上記に伴って、コミュニケーションのとりかた、コミュニケーション不足、対人恐怖症

〇営業成績、仕事の進捗度、スキル不足、教育問題

家庭内・夫婦との関係でストレス


〇子供の問題

〇夫婦間の問題

〇金銭問題

〇将来の問題

健康の問題


〇自分自身と家族の健康状態

貯蓄、老後

毎日の生活費や貯蓄のこと、将来の貯蓄について心配ごとがあることからストレスが生じます。

趣味

本来は楽しみながら趣味を持って楽しめますが、趣味も金銭が伴うことで過度ののめり込みで心配の種がある場合。

コミュニケーション・SNS


〇スマホ、PCなど過度の使用と使う時間

スマホ・PCにのめり込み過ぎて、時間間隔が次第にまひしていく中で時間のバランス、日常生活のバランスが崩れていくことで睡眠不足におちいります。
〇対人関係

SNSなど、書き込みを通じて長時間の使用や、対人関係で悩み始めることからストレスになります。

睡眠不足を改善、減らす方法とは?

もし、睡眠不足の原因が分からない場合は、一度、かかりつけの医師や病院で診てもらうことがベストです。

睡眠不足の原因が分かったところで、次のステップに行きます。

一つの例として,スマホやPCを長時間使っていて、深夜に及びながなか眠れないことってあるかもしれません。

寝る直前までスマホなど使用して、娯楽でもまた仕事の続きをしていて寝る直前まで使っていると

いざ、寝ようとすると頭の中はまでスマホで使っていたことが頭の中にスッキリと残り

そのまま、就寝しても脳の集中が落ち行くく眠りにつけない、脳の興奮状態が続いている場合は寝つきが悪くなるか、眠れなくなるため睡眠不足となります。

そのため、睡眠不足にならないようにするには、寝る間際までスマホやPCを使わないようにすることが一番です。

脳の興奮状態を和らげるためにも、お風呂に入ってゆったりした気持ちになることができれば、睡眠もクールダウンした状態になっているため、寝つきは良くなるでしょうか。

お風呂に入る前に軽いストレッチや軽めの運動や体を動かすことも心がけていくと

その疲れから眠りもしっかりとれるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。