ワイシャツ 襟の黄ばみ 時間がたったら取れにくい!原因と襟汚れ防止対策は?

ワイシャツ 襟の黄ばみ 時間がたったら取れにくいか

または、ワイシャツの襟の黄ばみは取れません!

では、どうしたらワイシャツの襟の黄ばみが付かないようになるのでしょうか?

その原因を知って黄ばみ防止を図っていきます。

ワイシャツ 襟の黄ばみになる原因は?

それは、ズバリ首の汗が付いたものが大半です。

もちろん、髪の毛がワイシャツの襟にかかり整髪料がつくこともありますが

それでも、首回りの汗、皮脂がワイシャツ・カッターの内側に付きます。

これがほぼ唯一の原因なのです。

では、どうしてワイシャツの襟が黄色く黄ばむのでしょうか?

ワイシャツの襟につく皮脂は洗濯する前ではワイシャツを手に取ってみても

それほど目にはつきません。

また、さほど気にしない人も多いのです。

そのため、そのままワイシャツを洗濯機に投げ入れて洗濯をするのですが

選択した後は安心感で、ワイシャツ全体が白く香りもいいため

そのまま気にせずに着て行きます。

その繰り返しが、ワイシャツの黄ばみが蓄積されます。

これは自身でも経験済みで黄ばみが目立って初めて気づいてくるのですね。

ワイシャツの襟が黄ばむ原因が分かったところで、対策もできてしまいます。

ワイシャツの襟の黄ばみを防止する対策とは?

ズバリ、ワイシャツの襟に黄ばみを蓄積させないこと。

単純すぎるのですが、これが王道になります。

そのまま、ワイシャツを毎日洗濯機に入れるだけでは

ワイシャツの襟の黄ばみは絶対と断言できるほど蓄積し続けます。

挙句の果ては、ワイシャツの襟に黄ばみが目立って取れにくくなります。

さらに、これを1シーズンの季節だけであればまだしも

2シーズン、3シーズンこれを見過ごしたままに放っておくと最悪の事態に!

ワイシャツの襟に黄ばみが住み着きます。

ワイシャツの襟もとに黄ばみ、黒ずみがはっきり見えるようになります。

もうこうなったら取れにくいだけでなく、取れないワイシャツまで出てきます。

シーズンを超えれば超えるほど・・

と、ならないように対策が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。