イチローの絶好調と絶不調の理由とは?

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?

イチローにも絶好調!の時期があり、勿論、超人でもいい時も悪い時もあるわけです。

米大リーグが、ア・リーグはヤンキースのイチロー選手を週間MVPに選考しました。
38歳にして2年ぶり、4度目の受賞です。

6試合で25打数15安打の打率6割、2本塁打、5打点、7得点、6盗塁で、何と言っても、打率6割ですから。もう一度、打率6割です!すごいの一言です。このまま、どこまで行くか興味あります。

これまでの、イチローには考えられなかったことです。

しかも、東地区優勝を争っている中で、盗塁なども積極果敢にトライしてチームを牽引しつつ
5勝1敗の好成績に貢献しているわけです。

文句の付けようもないどころか監督も、思わず目を細めます。あのー、黒田投手も地味ながらも堅実に貢献してますけど。

一瞬、イチローは進化したのでは?と、思ってしまうほどです。いゃ、実際、ヤンキースで進化したのかも。半分冗談で、半分本気です。

ただ、イチローに何かが起きていることは事実です。ある意味、現時点では、それは進化と言うカタチではなくて。これがこのままさらに続けば劇的な進化になりますが。

もともとあったイチローの潜在能力の高さも一つの要因ですが、他にもあるのですね。

別の意味では進化ですけど。なぜ、今、絶好調かです?、
では、一体その理由とは?

ちょっとだけ想像すると何か見えてきますか。
イチローが好調な理由があるのですね。

アメリカの記者は、イチローに尋ねていました。それは、とても面白かったですね、インタービューしているのが。

そりゃ、イチローは絶対言いません。知っていても。笑

では、絶不調の理由は?もちろん、あくまで、これまでのイチローにとってです。

普通なら、打率もそこそこですし、ひどく悪くもない打率ですから。
理由は、次回記載してみますね。

少しでもいいですからその理由を考えてみてくださいね。
(2012年9月25日)
—————————–
(2012年9月26日23時25分更新)
長くなりましたのでその理由を下記の別ページに。

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?パート2
続きは上記にリンクを張って置きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。