生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?

      2014/05/17

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは、それぞれの考え方一つにもあると思います。

イチロー選手も松井選手も、『一流のプロフェッショナル』であることは、疑いもない事実です。プロフェッショナルの定義の一つに、一定の目標値を置いて、結果をきっちり残していくことがあります。

一流の場合は、さらなる高い目標を自ら課して、自分自身の目標達成と、同時に周囲の高い期待にも応えていくことになります。

結果を残していけるから、プロフェッショナルであり、結果を残せない場合は、プロの場合は引退か、その他の道に進むことになるわけです。

松井秀喜は、第一線を退きましたが(自らは引退の言葉は使っていませんが、事実上の引退)、古巣のニューヨーク・ヤンキースやジャイアンツからも、また、これまで所属した同僚や監督、関係者をはじめ、

新聞ではニューヨーク・タイムズにも大きな記事を飾り、大いなる賞賛をもらっていることからも、これまでにどれだけの実績を積み上げてきて、結果を残してきたか分かり、

とにかく、多くの関係者から、大きな賞賛をもらっているわけです。そして、関係者の口から出る言葉は、皆、判で押したように、異口同音、松井は『プロ中のプロ』と、言われているのです。

これは、単に持ち合わせているプロの技術だけでなく、取り組む姿勢や考え方、人柄であったり、若手への手本や教え方であったりします。

松井は、引退しましたが、本来はまだ、かなりの確率でやれると見ていました。これは、今も、心底そう思っています。
GILLE – Try Again(水泳 オリンピックメダリスト 松田丈志選手バージョン)


恐らく、松井自身が気づいていないだけだと思っています。理由は、イチローを見れば分かるのですね。

それで、松井の復活宣言もいいと思ったりします。松井秀樹の再生復活です。
恐らくと言うか、ほぼそう思っている人は皆無でしょうか。

つまり『引退取り消し宣言』のススメでもあるわけですが、その場合、トレーニングを含めて条件はありますが・・。

現状だと、打てないのは事実なので、それを再生復活へとつなぐのです。

随分、話がそれましたが話を戻すと、ではイチローと松井の二人のプロフェショナルは、一体何がどう違うのか?

イチローは、当サイトで過去に記載した記事がずっと気になっていたことがあったのです。
なぜ、そんなバッティングをしていたのかです。これについては、恐れ多くもその対策を、当サイトでのこちらの記載でイチローに伝授したのですが。

イチローが読んだか読まなかったかは分かりませんが。笑

ところが、NHKの「プロフェショナル」では、イチローの特集をしていて、その中で語られていました。これが、『一流のプロフェッショナル』と言われている所以なですね、そこまでやるか、と言うことです。

これがまず最初に松井秀喜との違いが出てくるのです。これは本音で事実かどうかは分かりませんが、松井はよく、インタビューで、打ちやすい球が来たから打ったと、よく言ってます。

それに対して、イチローは、例え、打てばボテボテになる可能性のあるコースや球種、一見、打ちにくい球も、あえて、いままでと同様に打っているのです。

もう一度言うと、あえて「打ちやすそうな球を打つ」、のではないのです。ここが違うのですね。

それがなぜなのかだったのか謎でした。ずっと、打ち損じていたと思っていたのですね。

本来のイチローの貫いているバッティングスタイルを変えずに、これまでのイチロースタイルで打席に立ち、イチローの美学で打っていたのです。

簡単そうな一見、打ちやすそうな球を打ってしまうと、カタチやこれまで貫き通していたスタイル(イチロー流では、『技術』)が崩れてしまうと言うのです。

これには、参りました。それではコーチ、監督は口出しするのはほぼ難しいですね。教えられないことを意味するので矯正とかは、ありえなくなってしまいます。いい意味でも、悪い意味でも。

これは、体勢を崩して打っているので、あのバッティングを見れば、普通に指導やアドバイスが入ります。

でも、これはイチローの場合では、特別とでも言えるのですね。

確かにその考え方は、アリです。その安易なバッティングの考え方では、長く続けることはできないですし、選手としても技術のレベルアップだけでなく、何年にもわたって、その選手生命を維持できないのです。

当然、相手のメジャーリーガーもプロ中のプロが群雄割拠しているわけです。一線級のピッチャーであれば、そう簡単に成績や実績を安定して作ったり、打てないのは、多くの日本のメジャー選手を見ても証明されていますね。そうした選手は、数えるほどしかいないのです。

そのメジャーでこれまでイチローや松井が戦って、とんでもない実績や記録を積み上げてきたわけです。

最近では、ダルビッシュ有や黒田が活躍して、名実ともに評価を得て実績を作り始めましたね。これがスタートラインとして、来季も再来季も続くことが大切なのです。

ここにイチローや松井が日本とメジャーで長期にわたり魅了する実績を出して、イチローにいたっては今も39歳という年齢にもかかわらず、当初のイチロースタイルの美学や真髄を貫き通しているのですね。

だから今も複数のメジャーから今尚、オファーが来ていて、名門中の名門、ヤンキースで2年契約を結び、やれているわけです。

そのイチローのこだわりを貫くのに打席の立つ位置を変えて試してみたりイチローの色々な試行錯誤が繰り返されているのですね。

イチローが試す

イチローが打席位置でも試す

だから『一流のプロ』なのですね、ある意味、天才の定義はここでしませんが、イチローはある意味、1%のインスピレーションを大事にする天才とも言えるのですね。

話が長くなってきたのでこの続きはイチローと松井秀喜の『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2に続きます。

 - スポーツ , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日本は2018年ワールドカップで悲観するより楽観を持てる!

ブラジル クイアバで行われた、 サッカーのワールドカップ 1次リーグの最終戦 & …

no image
松井氏のヤンキース退セレモニーでの存在感は

松井氏のヤンキースの異例の引退セレモニーがありました。ヤンキースでも存在感を改めて感じる一日限りの松井氏の引退セレモニーでしたね。引退を発表する前まで、壮絶な日々の戦いは凄まじいものがあったと思います。その自らの引退後も、こうしてヤンキースのセレモニーに招かれるのは通常では考えられないわけです。ジータークラスではないとそうした特別セレモニーはあり得ません。ヤンキース広報でも前例を把握していないと。引退セレモニーでは、多くのファンも拍手喝采の中・・

no image
FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!

FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!がテーマ。もちろん、最終予選が終わってすぐそこにあるコンフェデなので、超えることは難しいわけですが、少なくとも気持ちは、そこに置いて欲しいですね。日本とオーストラリアのワールドカップ最終予選、なんとか本田の奇跡の同点ゴールで引き分けに持ち込みましたが、内容的には攻撃的にも押してはいたものの、決定打が出ないで逆にオーストラリアに決められて、あわやの敗退寸前でしたね。本田が入ることで、

no image
天才バッターイチローも人の子、そして次の

天才バッターイチローも人の子と言えるのではないかと思います。一流のピッチャーが得意とするボールを投げれば、天才バッターと言えども、そう打てるものではないことが証明できる。

no image
プロ野球監督業

楽天の野村監督、チームを徐々に引っ張って、本領を発揮しつつあるように見えます。監督を引き受けた時は、チーム新生に相当な年月がかかると誰もが見ていたと思いますが。毎年最下位からメンバーが成長しつつ、不本意に活躍できなかった選手やその他の戦力も整い、勢いをつけていっているのでしょうか。

ワールドカップ2014 日本対コートジボワール戦 修正点はココ!

ワールドカップ2014 日本対コートジボワール戦の前半、本田の先制弾丸シュートを …

甲子園大会地方予選 高校野球
夏の甲子園大会の地方予選は色々なドラマが待っている!

高校生の野球の頂点である甲子園大会、 予選を勝ち抜いて代表の1校が 各都道県から …

no image
タイガーウッズ、マスターズに復帰する前のナイキCM

タイガーウッズ、マスターズに復帰する前のナイキCMのインパクトは静かながら、しっかりしたタイガーウッズの復帰CMですね、

no image
WBC 2013『侍ジャパン』、ついに発進!!

WBC 2013『侍ジャパン』(2013年開催)がついに発進!!しました。ひとまず、ほっとしてますよね。誰もが楽しみにしていたり、待っていたWBCへの参加表明ですから。2013年春開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ日本の参加を選手会も含めて決定したのです。多くの野球ファンが待望していたWBCへの参加。とても楽しみにしていた方や気をもんでいたスポーツファンが多かったと思います。これまで選手会も数年後を見据えて苦渋の決断をして表明してましたが・・

マーリンズ・イチローの入団記者会見
イチローの移籍はレギュラーを勝ち取る実績と結果が全て!

イチローが、マーリンズ(ナ・リーグ)移籍の、1年契約で基本合意しましたが、年俸は …