生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

イチロー選手と青木選手の天才バッターの違い

      2014/05/17

イチローは自分を常に高め続け、記録を塗り替えてもなお、野球を次のステージに更に高め、
自らの上昇志向を高く課して挑む侍のように思います。

勿論、不振の場合もイチローは、スランプ脱出を試み、考えながら試行錯誤を試していますし、他の選手以上の、目に見えない努力はしているから一層応援したくなります。

多くの観衆も、イチローが、あくなき探求を続けて毎年記録を更新してる姿を見守るのが快いのですね。技術は言うまでもなく、天才バッターの一人でもあるので、自らの克服と気づきで、

監督も指導できないくらいイチロー独自の調整法でバッティングの可能性を探り、精神面含め、どう実戦でうまく克服できるがが鍵にもなります。

2009年2月25日の強化試合以降、16打席連続無安打で苦しんでいた時、イチローにしては考えられない記録で、イチローの打席1点に観客の視線が集中し注目されているかを察しているがゆえに、打席に入ってもプレッシャーと相まってバットコントロールにズレが出てしまっているのではないでしょうか。

上体打ちや手打ちが目立ち、腰と上体がうまく使われていないように思います。
またも、恐れ多くも勝手にアドバイスを贈るとするならば、次の2点だけを試してみるといいのではないでしょうか。

1.もっとリラックスして、楽しみながら、
観客の目を一切気にせずにティーバッティングフリーバッティングのつもりで、
気軽に打席に立ってみてみること・・

フリーバッティング感覚で、これが結構大事です。全体のスランプの7割程度占めていそうです。まわりを取り巻く独特の雰囲気と観客目線を感じないことや威圧的に受けるプレッシャー、精神面の克服とバットの微妙な握りを含めた感覚を戻すためにも。

2.現在、大リーグのブルワーズに所属する
(当時は、元ヤクルト)の青木選手に注目して、バッティングを参考にしてみてはいかがでしょうか。全打席、ビデオ・DVDを見て参考になることも多いように思えます。

青木選手もコンスタントに打つ、数少ない天才バッターの一人とも言えるかもしれません。
同時に、青木選手のスランプのビデオ・DVDも何らかの好不調のギャプのヒントになるかもしれません。

その青木選手ですら、恐らくいくつかの点でイチロー選手を超える記録を作ることができるかもしれませんが、前人未到のイチロー選手の記録の大半を塗り替えることは到達不可能のように思えます。

ただ、青木選手の持っているセンスや技術力は相当なもので、進化し続けるように思います。
その青木選手は、念願の大リーグ、ブルワーズに所属して、これまで代打など控えながらも実績を出していましたがついに、2012年4月20日初のスタメンで起用され活躍しました。

なんと、ランニングホームランです。青木選手らしいバッティングですね。これまで、控え選手としてゲームに出場していましたが「控えだとしても、絶対腐らない」と本人も言っていましたが
精神面でも相当の覚悟とタフさを感じます。野性味を兼ね備えているのでしょうか。

このあたりが、イチローとは違う感性を持っているかもしれません。確実に実践、実績を積み重ねていった成果がスタメン起用となったわけです。そのランニングホームランをビデオの再現で観れました。

イチローとは違う、青木らしいバッティングです。
http://mlb.mlb.com/video/play.jsp?content_id=20781497

次第に青木選手の実力を発揮していくように思います。
一方、イチロー選手の存在はファンならずとも、大きな期待を寄せているわけですが、それをイチロー選手が最も感じていることでもあります。

2011年5月も、スランプに入り、上体とバットがバラバラになり、どのように打っても、芯から外れて飛ばずに打率も2割を切りそうになり不振に陥りました。

連日休養をもらったカタチで、ベンチ入りし、6月半ばに入り、マルチヒットが連続して出て、
ようやく本来のイチローになり復調してきました。

一見、連続記録更新の200本安打を考えてはいない様子ではありますが、実際の気持ちとしては、逆算しての200安打クリアを視野に入れて奮闘も大いにあるのではないかと想像します。

5月のペースでは、200安打に到達しないわけですから、より集中力をこれまで以上につけて、到達への軌跡を冷静に計算しているはずです。精神面も大いに関係するところでしょうし。

同時に、外見からは見えない肉体に何らかの負担や異変が起きている可能性もあるかもしれません。精神面や微妙なバットコントロールと繊細で僅かな握りの感覚の違いで、スランプへと突入します。WBCしかり。2011年に200安打が達成できるかどうかは、(結果は、200安打到達できませんでしたね)

イチローの天才打者としてどう対応していくかが興味深いところでもありました。数字を見る限りでは前人未到の記録づくしであり得ない領域に入っている中、急上昇カーブを描く右肩上がりの打率に期待しています。

そして、2012年、川崎も入団して、現在、3番をまかされていますが今シーズンどう力量を発揮するか楽しみですね。(後に、名門ニューヨーク・ヤンキースに電撃移籍。)

 - スポーツ , , , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
タイガー・ウッズが世界ランキング1位に復帰した理由とは?

タイガー・ウッズが世界ランキング一位と、遂に復帰を遂げました。米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」の最終日、単独首位でスタートしたタイガー・ウッズが今季3勝目を獲得しました。ツアー通算77勝目で、サム・スニードに並ぶ同一大会通算8勝。2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位は、タイガー・ウッズにとっても長かったと思います。ローリー・マキロイを抜いて約2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位の座に再びついたのです。このまま、あのスキャンダル以降、一体どうなるのかと、ずっと思っていた人も多かったのではないかと思います。さすがに、超一流は違うものです。じゃー、あのどん底の成績で低迷していたところから、なぜ、世界ランキング一1位に復帰できたのか?です。

no image
タイガー・ウッズの一瞬の迷い?が思わぬゴルフに。

タイガー・ウッズの一瞬の迷いが思わぬゴルフに?オーガスタ米国男子メジャー「マスターズ」の2日目に、タイガーらしからぬプレーで、順調に進めていたゴルフに狂いが生じる可能性が出て来ました。最終日をホールアウトしないと分かりませんがタイガー・ウッズが思いもよらぬところでつまづきが出て、その後のプレーに影響を与えることも考えられます。せっかく順調に進んでいて、このまま正当に進めていけば良かったものの、何を考えてか、2ヤード手前でドロップしたことが分かったのですね。

日本は2018年ワールドカップで悲観するより楽観を持てる!

ブラジル クイアバで行われた、 サッカーのワールドカップ 1次リーグの最終戦 & …

no image
楽天 田中将大の凄さと、最強の精神力を支える原点とは?

話題・新しい発見説明

no image
大谷の投げて打って走って送球して4拍子揃った逸材に・・

大谷の投げて、打って、走って、レーザービーム送球して、4拍子揃った逸材は4刀流じゃーないですか。ノムさんも大谷の二刀流をついに認めたようですね。そりゃそうですよね、以前記していましたが、さすがのノムさんも認めましたね。考えを翻すところが凄い。大谷は・・

no image
2015年、プロ野球に続き、米大リーグ開幕。田中将大投手、次回の先発に要注目!

2015年の米大リーグが開幕して、ヤンキースの田中将大投手が開幕投手を務めました …

no image
田中のプロ野球新記録21連勝は更に大リーグ24連勝記録を更新するか?

楽天の田中は西武と8回5安打1失点で今季無傷の17連勝してプロ野球の新記録達成しました。田中は、昨季からの連勝記録は松田(巨人)、稲尾(西鉄)を超えプロ野球新記録となる「21」に伸び、この後もどこまで続くかに関心があるところです。稲尾が記録したのは、当時の三原監督が6回裏から稲尾を投入したものの

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは、それぞれの考え方一つにもあると思います。イチロー選手も松井選手も、『一流のプロ中のプロ』であることは、疑いもない事実ですね。松井秀喜も、引退しましたが、古巣のニューヨーク・ヤンキースやジャイアンツからも、また、これまで所属した同僚や監督、関係者をはじめ、新聞ではニューヨーク・タイムズにも大きな記事を飾って、大いなる賞賛をもらっていることからも、分かりますね。とにかく、多くの関係者から、大きな賞賛をもらっているわけです。そして、関係者の口から出る言葉は、皆、判で押したように、異口同音、松井は『プロ中のプロ』と、言われているのですね。これは、単に持ち合わせているプロの技術だけでなく、取り組む姿勢や考え方、人柄であったり、若手への手本や教え方であったりするわけです。

no image
WBC 2013『侍ジャパン』、ついに発進!!

WBC 2013『侍ジャパン』(2013年開催)がついに発進!!しました。ひとまず、ほっとしてますよね。誰もが楽しみにしていたり、待っていたWBCへの参加表明ですから。2013年春開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ日本の参加を選手会も含めて決定したのです。多くの野球ファンが待望していたWBCへの参加。とても楽しみにしていた方や気をもんでいたスポーツファンが多かったと思います。これまで選手会も数年後を見据えて苦渋の決断をして表明してましたが・・

オランダ代表ロッベンは、惚れ惚れするくらい速くて凄いストライカー!

ワールドカップ 2014年のオランダ対スペイン戦で、 前回優勝のスペインに5-1 …