生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

イチロー選手と青木選手の天才バッターの違い

      2014/05/17

イチローは自分を常に高め続け、記録を塗り替えてもなお、野球を次のステージに更に高め、
自らの上昇志向を高く課して挑む侍のように思います。

勿論、不振の場合もイチローは、スランプ脱出を試み、考えながら試行錯誤を試していますし、他の選手以上の、目に見えない努力はしているから一層応援したくなります。

多くの観衆も、イチローが、あくなき探求を続けて毎年記録を更新してる姿を見守るのが快いのですね。技術は言うまでもなく、天才バッターの一人でもあるので、自らの克服と気づきで、

監督も指導できないくらいイチロー独自の調整法でバッティングの可能性を探り、精神面含め、どう実戦でうまく克服できるがが鍵にもなります。

2009年2月25日の強化試合以降、16打席連続無安打で苦しんでいた時、イチローにしては考えられない記録で、イチローの打席1点に観客の視線が集中し注目されているかを察しているがゆえに、打席に入ってもプレッシャーと相まってバットコントロールにズレが出てしまっているのではないでしょうか。

上体打ちや手打ちが目立ち、腰と上体がうまく使われていないように思います。
またも、恐れ多くも勝手にアドバイスを贈るとするならば、次の2点だけを試してみるといいのではないでしょうか。

1.もっとリラックスして、楽しみながら、
観客の目を一切気にせずにティーバッティングフリーバッティングのつもりで、
気軽に打席に立ってみてみること・・

フリーバッティング感覚で、これが結構大事です。全体のスランプの7割程度占めていそうです。まわりを取り巻く独特の雰囲気と観客目線を感じないことや威圧的に受けるプレッシャー、精神面の克服とバットの微妙な握りを含めた感覚を戻すためにも。

2.現在、大リーグのブルワーズに所属する
(当時は、元ヤクルト)の青木選手に注目して、バッティングを参考にしてみてはいかがでしょうか。全打席、ビデオ・DVDを見て参考になることも多いように思えます。

青木選手もコンスタントに打つ、数少ない天才バッターの一人とも言えるかもしれません。
同時に、青木選手のスランプのビデオ・DVDも何らかの好不調のギャプのヒントになるかもしれません。

その青木選手ですら、恐らくいくつかの点でイチロー選手を超える記録を作ることができるかもしれませんが、前人未到のイチロー選手の記録の大半を塗り替えることは到達不可能のように思えます。

ただ、青木選手の持っているセンスや技術力は相当なもので、進化し続けるように思います。
その青木選手は、念願の大リーグ、ブルワーズに所属して、これまで代打など控えながらも実績を出していましたがついに、2012年4月20日初のスタメンで起用され活躍しました。

なんと、ランニングホームランです。青木選手らしいバッティングですね。これまで、控え選手としてゲームに出場していましたが「控えだとしても、絶対腐らない」と本人も言っていましたが
精神面でも相当の覚悟とタフさを感じます。野性味を兼ね備えているのでしょうか。

このあたりが、イチローとは違う感性を持っているかもしれません。確実に実践、実績を積み重ねていった成果がスタメン起用となったわけです。そのランニングホームランをビデオの再現で観れました。

イチローとは違う、青木らしいバッティングです。
http://mlb.mlb.com/video/play.jsp?content_id=20781497

次第に青木選手の実力を発揮していくように思います。
一方、イチロー選手の存在はファンならずとも、大きな期待を寄せているわけですが、それをイチロー選手が最も感じていることでもあります。

2011年5月も、スランプに入り、上体とバットがバラバラになり、どのように打っても、芯から外れて飛ばずに打率も2割を切りそうになり不振に陥りました。

連日休養をもらったカタチで、ベンチ入りし、6月半ばに入り、マルチヒットが連続して出て、
ようやく本来のイチローになり復調してきました。

一見、連続記録更新の200本安打を考えてはいない様子ではありますが、実際の気持ちとしては、逆算しての200安打クリアを視野に入れて奮闘も大いにあるのではないかと想像します。

5月のペースでは、200安打に到達しないわけですから、より集中力をこれまで以上につけて、到達への軌跡を冷静に計算しているはずです。精神面も大いに関係するところでしょうし。

同時に、外見からは見えない肉体に何らかの負担や異変が起きている可能性もあるかもしれません。精神面や微妙なバットコントロールと繊細で僅かな握りの感覚の違いで、スランプへと突入します。WBCしかり。2011年に200安打が達成できるかどうかは、(結果は、200安打到達できませんでしたね)

イチローの天才打者としてどう対応していくかが興味深いところでもありました。数字を見る限りでは前人未到の記録づくしであり得ない領域に入っている中、急上昇カーブを描く右肩上がりの打率に期待しています。

そして、2012年、川崎も入団して、現在、3番をまかされていますが今シーズンどう力量を発揮するか楽しみですね。(後に、名門ニューヨーク・ヤンキースに電撃移籍。)

 - スポーツ , , , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
松井氏のヤンキース退セレモニーでの存在感は

松井氏のヤンキースの異例の引退セレモニーがありました。ヤンキースでも存在感を改めて感じる一日限りの松井氏の引退セレモニーでしたね。引退を発表する前まで、壮絶な日々の戦いは凄まじいものがあったと思います。その自らの引退後も、こうしてヤンキースのセレモニーに招かれるのは通常では考えられないわけです。ジータークラスではないとそうした特別セレモニーはあり得ません。ヤンキース広報でも前例を把握していないと。引退セレモニーでは、多くのファンも拍手喝采の中・・

ヤンキース 田中将大
ヤンキース 田中が2017年メジャー開幕戦で打ち込まれた理由は?

ヤンキース 田中が開幕戦でメッタ打ちに打ち込まれた状況は?   ヤンキ …

no image
サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは?

サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは? 一体どういうこと? と、なるかもしれません。試合にフル出場した日本代表のMF本田圭佑のコメントがとても興味深い。これにより、親善試合、サッカーの結果ひとつに対して、見方や捉え方、また実践した実情を知っている、知らないことにより180度違う、まったく真逆の考え方になってしまうのです。実情を知らないと結構、このあたりは怖いところでもあり・・

no image
タイガーウッズ、マスターズに復帰する前のナイキCM

タイガーウッズ、マスターズに復帰する前のナイキCMのインパクトは静かながら、しっかりしたタイガーウッズの復帰CMですね、

no image
タイガー・ウッズが世界ランキング1位に復帰した理由とは?

タイガー・ウッズが世界ランキング一位と、遂に復帰を遂げました。米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」の最終日、単独首位でスタートしたタイガー・ウッズが今季3勝目を獲得しました。ツアー通算77勝目で、サム・スニードに並ぶ同一大会通算8勝。2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位は、タイガー・ウッズにとっても長かったと思います。ローリー・マキロイを抜いて約2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位の座に再びついたのです。このまま、あのスキャンダル以降、一体どうなるのかと、ずっと思っていた人も多かったのではないかと思います。さすがに、超一流は違うものです。じゃー、あのどん底の成績で低迷していたところから、なぜ、世界ランキング一1位に復帰できたのか?です。

no image
MLBライブ中継はネットの醍醐味!

MLBライブ中継はネットの醍醐味!ダルビッシュV.S.黒田ついに、日本人対決実現!ネット中継の威力は、こうしたダルビッシュV.S.黒田との登板で特に感じます。YAHOO!スポーツの一球速報、ttp://live.baseball.yahoo.co.jp/mlb/game/live/?id=2012042509、MLBライブ中継、http://gyao.yahoo.co.jp/mlb/live/とても、便利な時代に入ったものです。これまで、TV中継でしか視聴できなかったものが、ネットでの生中継が、一球速報と相まって視聴できることは、とてもありがたいことです。ttp://live.baseball.yahoo.co.jp/mlb/game/live/?id=2012042509、MLBライブ中継、http://gyao.yahoo.co.jp/mlb/live/とても、便利な時代に入ったものです。これまで、TV中継でしか視聴できなかったものが、ネットでの生中継が、一球速報と相まって視聴できることは、とてもありがたいことです。

no image
プロ野球監督業

楽天の野村監督、チームを徐々に引っ張って、本領を発揮しつつあるように見えます。監督を引き受けた時は、チーム新生に相当な年月がかかると誰もが見ていたと思いますが。毎年最下位からメンバーが成長しつつ、不本意に活躍できなかった選手やその他の戦力も整い、勢いをつけていっているのでしょうか。

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。

ワールドカップ 2014年の勝者と敗者を分けるポイントは?

ワールドカップ 2014年が始まり、強豪がひしめく各グループでは、日本はもちろん …

オランダ代表ロッベンは、惚れ惚れするくらい速くて凄いストライカー!

ワールドカップ 2014年のオランダ対スペイン戦で、 前回優勝のスペインに5-1 …