発毛が何度でも生える再現性をマウスの実験で成功!

発毛が何度でも生える再現性をマウスの実験で成功!とは・・
発毛が何度でも再生できるとは、画期的なサプライズです。先日も、発毛についての記事を掲載しましたが時を得ずして、発毛の実験成功とは発毛についての研究も加速度を増してきた感じがします。

薄毛や脱毛、髪の毛が薄くて困っている人や、髪の毛が無い人の悩みは尽き無いのですが発毛・育毛にも良いとなるとこれまでには無いような朗報のビッグニュースだと思います。

Yahoo・毎日新聞・ネイチャー・コミュニケーションズによると、東京理科大などのチームがマウスの実験で成功したのは発毛器官の幹細胞を培養して皮膚に移植した後、

同じ太さの毛や、同じ硬さの毛を何度も生え変わらせることが実験でできたようです。

確かに、マウスの首筋上には、黒い髪の毛が長く生えています。これまでには無いくらい
かなり画期的な実験です。ヤフー(Yahoo)のサイトに毎日新聞・東京理科大提供の写真がここに掲載されています。

すごく長い黒髪の毛が生えてるでしょ。驚きです。髪の毛に悩んでいる方にとっても、もちろんですが発毛・育毛メーカーにとっても画期的なニュースですね。発毛技術について、時代の流れやスピードを感じます。発毛の技術革新が、実用化に近づいてきています。

恐らく、これまでとは違った発毛の製品化にもつながってきそうです。毛や髪の毛は、
皮膚に無数にある、毛包(もうほう)という器官で作られて、体の表まで伸びて来て見えるのですね。

毛が抜けても、その毛包があれば、同じ場所から生え、生まれつき体毛のないマウスの背中に毛包の幹細胞を移植して、3週間程度で発毛して、再度、毛が生えることが分かったようです。かなり、短期間で生えますね。

普通は、もっと毛が生えるまで時間がかかりそうなものですが、これでは、普通の髪の毛の生え方と同じ感じです。

これまで、髪の毛が生える、発毛に時間がかかったのは、対象の幹細胞に直接働きかけする作用だったり、はっきり対象細胞が特定できなかった点もあるかもしれません。

再生する幹細胞は、胎児にしかないようですが救いは、毛包の幹細胞は大人にもあるので
その毛包の幹細胞を使って髪の毛を生やすことができるのではないかと、今後の実用化に向けて更なる実験が展開されそうです。

是非、この画期的な発毛技術を、オープンにして多くの企業が参加できるようになって、より良い製品づくりにつながることを期待したいですね。

それにしても、画期的な素晴らしい技術・実験だと思います。東京理科大などのチームの
更なる発毛の技術革新に期待のエールを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。