生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

部活の指導は根性論から科学的根拠に基づいた指導へ

      2015/06/22

部活やクラブ活動は本来、好きなスポーツや文化のジャンルで
技術を磨いたり、個人や団体を通して人との関わり方や、

 

目標とする個人や団体の目標に向かって
心や精神、技術、体そのものを作り、
向上させ高める活動でもあります。

 

文化クラブ、運動クラブを問わず、
技術や力量、体がつくられ向上する楽しみでもあるはずです。
規律を身に付け、部員相互の一体感もまた大切です。

 

一方で、その規律がとても大切なことではありますが、旧態依然の根性論を中心とした教え方、熱血指導ではあってはならないと思います。

 

負荷は人によって違ったりします。体力や技術がもともと備わっていない子、その反対に身体能力のある子もいます。
指導や教えによって変わっていくわけですが、一方で苦手とする場合もあるわけです。

 

我慢することや精神の向上もとても大切ですが、
体や心を壊してしまう指導であったり、

部活は体罰に訴えられる旧来の指導とは一線を画するものです。

 

春夏にかけて
いろいろスポーツの競技、大会、試合が増えてきますが、

それにつれて部活やクラブ活動の練習の内容も季節に応じて変わってきます。

 

屋内から屋外、トレーニングやメニューも変わります。

例えば、夏では熱中症の問題があります。

 

過去には学校で運動中は水分を我慢して
できるだけとらないと言うのが普通にありました。
現に過去の学生時代はそういう指導受けていました。

クラブ活動で、野球など夏休みにグランドに立つともう灼熱したグランドで動き回ると水を必要としますが、我慢が優先されて早く休憩にならないかと思うこともしばしば。技量を高める前に体調を維持する事で精一杯。

 

水分補給については現在、熱中症対策に欠かせない
こまめに水分を補給して体のバランスをとる
と言うのが科学的にも一般的にもなってきています。

 

つらさをとにかく我慢する練習、鍛える意味合いが違うのですね。
体罰により規律をつくるクラブ活動が過去では一般的でした。

 

硬球ボールの縫い目がほつれ、縫い目 つくろうノルマがあります。
繕うボールを忘れると先輩がバットで尻を叩く、尻バットがあるのです。

体罰ではなく、他の方法でカバーしていく方法がベストではないでしょうか。

痛みを覚えさせること、力を加えるスタイルではない、

つまり根性論ではなく科学的な根拠の中での運動向上を目指すことなのです。

 

熱中症は体の中で水分と塩分の
バランスがとれずに
体温調節が自らできなくなり、

 

頭痛やめまい、吐き気、体のけいれん、筋肉痛などが起きる症状で、

なにも屋外だけに限らず、
家など屋内でも起きる症状です。

 

気温が25度から30度でも、
湿度が高いと熱中症には起きる可能性は高まります。

 

体調に異変をもたらす血液がドロドロの状態になるまで、我慢させるのではなく、部活の指導者は運動と休息をバランスよくとって考え、

またそれぞれ部員の体のバランスも
考慮した運動メニューのあり方を見直すこともときには必要になります。

 

熱血指導は十二分に分かる一方で、
負荷と我慢、体と心をつくるバランス
科学的な根拠を取り入れた指導
トレーニングメニューがとても大切になってきます。

 - スポーツ , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。

ヤンキース 田中将大
ヤンキース 田中が2017年メジャー開幕戦で打ち込まれた理由は?

ヤンキース 田中が開幕戦でメッタ打ちに打ち込まれた状況は?   ヤンキ …

no image
WBCとプロ野球、更に次期開催の熱望と期待

星野ジャパンはオリンピック結果として9試合を戦い、4勝5敗と負け越した。監督は試合前、「今までわれわれが子どものころから学んできた野球というものを見せればいい。それは基本に忠実にあり、正々堂々と戦っていくということ」と語っていた。それは、それで間違いではないし、正論でもあるでしょう。

ワールドカップ2014 日本対コートジボワール戦 修正点はココ!

ワールドカップ2014 日本対コートジボワール戦の前半、本田の先制弾丸シュートを …

no image
2014年メジャーリーグ開幕、マー君初デビュー初先発、初勝利!

2014年、日本のプロ野球も、米メジャーリーグもついに開幕しました♪2014年のメジャーリーグで注目の一つはヤンキースに入団した田中将大、マー君です。メジャーリーグのヤンキースの一員であるマー君にとって2014年のシーズンは楽しみになります。活躍が続けば、メジャーを観に行くファンも増えていくでしょうし、観客動員数にも大きな影響が出るでしょうか。オープン戦ではキッチリ活躍して結果を残し、待望の2014年初メジャーリーグ、初デビュー初先発・・

no image
サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは?

サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは? 一体どういうこと? と、なるかもしれません。試合にフル出場した日本代表のMF本田圭佑のコメントがとても興味深い。これにより、親善試合、サッカーの結果ひとつに対して、見方や捉え方、また実践した実情を知っている、知らないことにより180度違う、まったく真逆の考え方になってしまうのです。実情を知らないと結構、このあたりは怖いところでもあり・・

no image
MLBライブ中継はネットの醍醐味!

MLBライブ中継はネットの醍醐味!ダルビッシュV.S.黒田ついに、日本人対決実現!ネット中継の威力は、こうしたダルビッシュV.S.黒田との登板で特に感じます。YAHOO!スポーツの一球速報、ttp://live.baseball.yahoo.co.jp/mlb/game/live/?id=2012042509、MLBライブ中継、http://gyao.yahoo.co.jp/mlb/live/とても、便利な時代に入ったものです。これまで、TV中継でしか視聴できなかったものが、ネットでの生中継が、一球速報と相まって視聴できることは、とてもありがたいことです。ttp://live.baseball.yahoo.co.jp/mlb/game/live/?id=2012042509、MLBライブ中継、http://gyao.yahoo.co.jp/mlb/live/とても、便利な時代に入ったものです。これまで、TV中継でしか視聴できなかったものが、ネットでの生中継が、一球速報と相まって視聴できることは、とてもありがたいことです。

no image
2015年、プロ野球に続き、米大リーグ開幕。田中将大投手、次回の先発に要注目!

2015年の米大リーグが開幕して、ヤンキースの田中将大投手が開幕投手を務めました …

no image
FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!

FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!がテーマ。もちろん、最終予選が終わってすぐそこにあるコンフェデなので、超えることは難しいわけですが、少なくとも気持ちは、そこに置いて欲しいですね。日本とオーストラリアのワールドカップ最終予選、なんとか本田の奇跡の同点ゴールで引き分けに持ち込みましたが、内容的には攻撃的にも押してはいたものの、決定打が出ないで逆にオーストラリアに決められて、あわやの敗退寸前でしたね。本田が入ることで、

no image
松井氏のヤンキース退セレモニーでの存在感は

松井氏のヤンキースの異例の引退セレモニーがありました。ヤンキースでも存在感を改めて感じる一日限りの松井氏の引退セレモニーでしたね。引退を発表する前まで、壮絶な日々の戦いは凄まじいものがあったと思います。その自らの引退後も、こうしてヤンキースのセレモニーに招かれるのは通常では考えられないわけです。ジータークラスではないとそうした特別セレモニーはあり得ません。ヤンキース広報でも前例を把握していないと。引退セレモニーでは、多くのファンも拍手喝采の中・・