生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

部活の指導は根性論から科学的根拠に基づいた指導へ

      2015/06/22

部活やクラブ活動は本来、好きなスポーツや文化のジャンルで
技術を磨いたり、個人や団体を通して人との関わり方や、

 

目標とする個人や団体の目標に向かって
心や精神、技術、体そのものを作り、
向上させ高める活動でもあります。

 

文化クラブ、運動クラブを問わず、
技術や力量、体がつくられ向上する楽しみでもあるはずです。
規律を身に付け、部員相互の一体感もまた大切です。

 

一方で、その規律がとても大切なことではありますが、旧態依然の根性論を中心とした教え方、熱血指導ではあってはならないと思います。

 

負荷は人によって違ったりします。体力や技術がもともと備わっていない子、その反対に身体能力のある子もいます。
指導や教えによって変わっていくわけですが、一方で苦手とする場合もあるわけです。

 

我慢することや精神の向上もとても大切ですが、
体や心を壊してしまう指導であったり、

部活は体罰に訴えられる旧来の指導とは一線を画するものです。

 

春夏にかけて
いろいろスポーツの競技、大会、試合が増えてきますが、

それにつれて部活やクラブ活動の練習の内容も季節に応じて変わってきます。

 

屋内から屋外、トレーニングやメニューも変わります。

例えば、夏では熱中症の問題があります。

 

過去には学校で運動中は水分を我慢して
できるだけとらないと言うのが普通にありました。
現に過去の学生時代はそういう指導受けていました。

クラブ活動で、野球など夏休みにグランドに立つともう灼熱したグランドで動き回ると水を必要としますが、我慢が優先されて早く休憩にならないかと思うこともしばしば。技量を高める前に体調を維持する事で精一杯。

 

水分補給については現在、熱中症対策に欠かせない
こまめに水分を補給して体のバランスをとる
と言うのが科学的にも一般的にもなってきています。

 

つらさをとにかく我慢する練習、鍛える意味合いが違うのですね。
体罰により規律をつくるクラブ活動が過去では一般的でした。

 

硬球ボールの縫い目がほつれ、縫い目 つくろうノルマがあります。
繕うボールを忘れると先輩がバットで尻を叩く、尻バットがあるのです。

体罰ではなく、他の方法でカバーしていく方法がベストではないでしょうか。

痛みを覚えさせること、力を加えるスタイルではない、

つまり根性論ではなく科学的な根拠の中での運動向上を目指すことなのです。

 

熱中症は体の中で水分と塩分の
バランスがとれずに
体温調節が自らできなくなり、

 

頭痛やめまい、吐き気、体のけいれん、筋肉痛などが起きる症状で、

なにも屋外だけに限らず、
家など屋内でも起きる症状です。

 

気温が25度から30度でも、
湿度が高いと熱中症には起きる可能性は高まります。

 

体調に異変をもたらす血液がドロドロの状態になるまで、我慢させるのではなく、部活の指導者は運動と休息をバランスよくとって考え、

またそれぞれ部員の体のバランスも
考慮した運動メニューのあり方を見直すこともときには必要になります。

 

熱血指導は十二分に分かる一方で、
負荷と我慢、体と心をつくるバランス
科学的な根拠を取り入れた指導
トレーニングメニューがとても大切になってきます。

 - スポーツ , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
大谷翔平の二刀流、1軍ピッチャーデビューがついに実現。

日本ハムの二刀流、大谷翔平が1軍ピッチャーとしてデビューがついに実現です。これは、多くのファンや、大谷に関心ある観衆からも注目している大きな試合になる一方で、そして初先発登板となる2013年5月23日のヤクルト戦の前売り券の売れ行きは上々のようです。過去に大谷が打順8番で先発し、視聴率はわずか2.6%と「こんなに世間の関心が低いと」と関係者は青ざめているようですが、しかし・・

日本は2018年ワールドカップで悲観するより楽観を持てる!

ブラジル クイアバで行われた、 サッカーのワールドカップ 1次リーグの最終戦 & …

ヤンキース 田中将大
ヤンキース 田中が2017年メジャー開幕戦で打ち込まれた理由は?

ヤンキース 田中が開幕戦でメッタ打ちに打ち込まれた状況は?   ヤンキ …

no image
ジャイアンツの独走、村田、楽天田中、メジャー上原の安定感にはワケがある?

ジャイアンツが圧倒的な強さで、他を寄せ付けずにセ・リーグVで二連覇達成です。余りにも圧倒的な強さで、ジャイアンツファンでなければ、かなりつまらないペナントレースだったかもしれません。他の某チームの監督曰く、「あの戦力を見れば普通にやったら勝つよね」じゃーなくて・・・。そのチームは何度も優勝していたチームではと突っ込みたくなります。その思いでは、絶対勝てません!ぶっちぎりに強い場合は、必ず理由があるのですね。

ヤンキース 田中 降板
ヤンキース 田中に一体何が起きているのか?

ヤンキース 田中に一体何が起きているのか?と、 (写真出所:Yahoo、スポニチ …

no image
プロ野球監督業

楽天の野村監督、チームを徐々に引っ張って、本領を発揮しつつあるように見えます。監督を引き受けた時は、チーム新生に相当な年月がかかると誰もが見ていたと思いますが。毎年最下位からメンバーが成長しつつ、不本意に活躍できなかった選手やその他の戦力も整い、勢いをつけていっているのでしょうか。

no image
タイガー・ウッズの一瞬の迷い?が思わぬゴルフに。

タイガー・ウッズの一瞬の迷いが思わぬゴルフに?オーガスタ米国男子メジャー「マスターズ」の2日目に、タイガーらしからぬプレーで、順調に進めていたゴルフに狂いが生じる可能性が出て来ました。最終日をホールアウトしないと分かりませんがタイガー・ウッズが思いもよらぬところでつまづきが出て、その後のプレーに影響を与えることも考えられます。せっかく順調に進んでいて、このまま正当に進めていけば良かったものの、何を考えてか、2ヤード手前でドロップしたことが分かったのですね。

no image
サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは?

サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは? 一体どういうこと? と、なるかもしれません。試合にフル出場した日本代表のMF本田圭佑のコメントがとても興味深い。これにより、親善試合、サッカーの結果ひとつに対して、見方や捉え方、また実践した実情を知っている、知らないことにより180度違う、まったく真逆の考え方になってしまうのです。実情を知らないと結構、このあたりは怖いところでもあり・・

no image
ダルビッシュ、イチロー、青木、黒田、岩隈らの活躍は?【6月版】

2013年6月に入り、岩隈も勝利を重ねていくにつれて評価を上げていますが、レッドソックスの田沢、上原も絶好調で推移しています。今の上原にとって、イチローはもはや目じゃない?タイミングを完全に外してどっちが主役か分からなくなってきています。どうもイチローは浮き足立ったバッティングが目立ち、つまり、何か腰が浮いているような、地に付いていないバッティングの感じがします。難しい球を打つのがイチローの特徴の一つなのですが、打ち頃の球も見逃しているので

no image
WBC 2013『侍ジャパン』、ついに発進!!

WBC 2013『侍ジャパン』(2013年開催)がついに発進!!しました。ひとまず、ほっとしてますよね。誰もが楽しみにしていたり、待っていたWBCへの参加表明ですから。2013年春開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ日本の参加を選手会も含めて決定したのです。多くの野球ファンが待望していたWBCへの参加。とても楽しみにしていた方や気をもんでいたスポーツファンが多かったと思います。これまで選手会も数年後を見据えて苦渋の決断をして表明してましたが・・