生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

夏の甲子園大会の地方予選は色々なドラマが待っている!

   

高校生の野球の頂点である甲子園大会
予選を勝ち抜いて代表の1校
各都道県から出場します。

 

決勝戦までたどり着くのは、
どの高校野球部にとっても遠い道のりと
色々なドラマが待ち受けています。

 

日頃の練習でも、夏の炎天下で行う練習は
相当の暑さとの戦い消耗の度合いは半端ありません。

 

今では要所要所に給水を取ることが
あたりまえになっていますが、
(それが正しい方法ですが)

 

過去では学校によっては夏の練習では、
練習の途中途中には
まず今のように給水することがありません。

 

休憩して給水できる時間が天国の時間になるのです。汗

そうして、厳しい練習に耐えて鍛えられ試合に臨みます。

 

とは言っても高校性ではあるため、
精神的な面ではまだ選手によっては
試練を受け、想像していなかった想定外のドラマが見られるのです。

 

高校球児や高校野球の地方予選を観て思うことは、

 

高校球児もまた試練に立った時は動揺から、
本来持っているはずの実力が発揮できずに
試合展開の流れに身を任すことになること、

 

それに併せて、そうした場面に遭遇する際には
対策面が後手に回ってしまう
監督面の采配にも委ねられ、

 

結果が突如大きく変わってしまう流れが存在することも事実です。

 

第96回夏の甲子園大会の地方予選の
準々決勝を実際に観に行ったり、決勝戦を観たのですが、

 

チームの打力や雰囲気、
3点リードでこのままいけば勝利する場面で、
好投のピッチャーに代えてエースピッチャーを投入します。

 

結果はピッチャーがストライクを取れずに
ファーボールを連続出して、

 

単打単打で打ち込まれ、
反対に一気に6点を返されて逆転負けに終わるのです。

 

ベンチに下げたため、ピッチャーを代えれなく、
メンタル面が弱っても
監督からの指示や激励も少ないままの試合進行では、
観ている方からすると、

 

もう一工夫があっても良かったのではとつい思ってしまいます。

 

ピッチャーが自滅するケースを度々観ました。
勝ち試合を一気に落としてしまうのです。

 

とてももったいないことですね。

 

極めつけは、石川県の星稜高校小松大谷
9回の土壇場に一挙8点差をひっくり返すサヨナラ勝ちする、

 

ドラマでもなかなかストーリ展開に
無理があるくらいのドラマが実際に起こったのです。

 

普通は八回迄8点差であれば、
コールドゲームに近い点数で、
もはや勝利を手中に収める試合展開のはずです。

 

しかも、それは夏の甲子園大会
地方予選の石川県の決勝です。

 

一般的には強豪同士なので、
大量得点差であれば勝負ありです、普通は。

 

もう一度試合をしても、
同じことは起こりえないくらいの点差なのですね。

 

こうしたドラマ張り的な試合も、
高校野球の試合では起こりえるのです。

 

両チームの学校では、
それぞれ予想や想像を絶したことは言うまでもありません。

 - スポーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
松井がアストロズからのオファー?から一転、現役引退に。

松井秀喜がアストロズからのオファーで再発進する可能性が出てきたはずが、一転、現役引退となりました。アストロズが、2012年に自由契約の松井秀喜外野手を、2013年キャンプに招待選手として参加させる用意があったはずでした。ウインターミーティングでジェフ・ルーノーGMが、年明けに松井サイドにオファーを出す見通しを示したとのことでしたが、既に、メジャーの選手をとって、ポジションの枠が重なり、なくなったためです。招待選手としてのキャンプ参加は、メジャー昇格を保証されるものではないけどメジャー復帰に「光」が見えてきたはずだったのですが・・。

no image
甲子園球場のリニューアルの不思議

甲子園球場のリニューアルで、一期工事が済んだとのことですが、問題が浮上しているみたいです。阪神ファンの一人として、全く解せない工事ですね。スポーツ報知によると、第1期リニューアル工事を終えた甲子園で、次々と「NG」が明らかになりました。

no image
大谷の投げて打って走って送球して4拍子揃った逸材に・・

大谷の投げて、打って、走って、レーザービーム送球して、4拍子揃った逸材は4刀流じゃーないですか。ノムさんも大谷の二刀流をついに認めたようですね。そりゃそうですよね、以前記していましたが、さすがのノムさんも認めましたね。考えを翻すところが凄い。大谷は・・

no image
WBCとプロ野球、更に次期開催の熱望と期待

星野ジャパンはオリンピック結果として9試合を戦い、4勝5敗と負け越した。監督は試合前、「今までわれわれが子どものころから学んできた野球というものを見せればいい。それは基本に忠実にあり、正々堂々と戦っていくということ」と語っていた。それは、それで間違いではないし、正論でもあるでしょう。

no image
日本シリーズ2013を制するのは楽天・ジャイアンツのどっち?

日本シリーズ2013年、楽天対ジャイアンツ戦が、いよいよ2013年10月26日に始まりましたね。目玉は、楽天の強さがジャイアンツと対戦してどうなるのか、また、無敗のエース・田中将大がジャイアンツ打線と対峙してどのような結果を残すのか。また、初戦が田中でなく、それが今後の対戦にどうが変化していくのかに注目です。

no image
プロ野球監督業

楽天の野村監督、チームを徐々に引っ張って、本領を発揮しつつあるように見えます。監督を引き受けた時は、チーム新生に相当な年月がかかると誰もが見ていたと思いますが。毎年最下位からメンバーが成長しつつ、不本意に活躍できなかった選手やその他の戦力も整い、勢いをつけていっているのでしょうか。

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。

no image
2014年 MLBもメジャーリーグの試合生中継で昨年以上に面白い!

2014年 MLBも昨年以上に面白くなりそうです!ヤンキースの田中将大、黒田、イチロー、レンジャーズ ダルビッシュ有、レッドソックスの上原、田沢、カブスの藤川、メッツをはじめ多くのメジャーリーガーの名前が今後の幕開けに備え、準備しています。2014年のメジャーリーガーはどう活躍していくのか?

no image
mlb ダルビッシュ、イチロー、黒田、岩隈らの活躍は?【5月版】

mlb ダルビッシュ、イチロー、黒田、岩隈らの活躍は?【5月】気になる日本人(MLB)メジャーリーガーが多数活躍する2013年メジャーリーグ・MLBライブ中継時系列として、最新の日本人メジャーリーガーの記事を日付順に記載。5月1日の日本人MLBは、いきなり、ヤンキースの黒田とイチローの先発で観れ、しかも同日、レンジャーズのダルビッシュの試合も同時並行とは、贅沢な試合展開・・

no image
松井引退の本当の理由は?ビフォー・アフター

松井の引退の本当の理由は実はそうだったのですね。知らなかった。まだ、やれると思っていましたが、これで、理由が分かってきました。2006年、松井が膝をかばうスライディングキャッチしましたね。この肘を損傷したプレーがきっかけでで加速したようにも思っていました。↓松井のスライディングキャッチ。ある程度は、筋トレしていたり筋トレのやり方だけなのかと思っていたのですね。どうして、シーズンを通して、キャンプや自主トレを含めて十分な筋トレをしていかないのか?このあたりが、ずっと疑問で、知りたいところでした。Business Mediaが伝えたところによると実際のところ、松井の膝の傷や故障にあったようです。ジャイアンツ時代に、古傷であった左ひざをかばうため、・・