生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

夏の甲子園大会の地方予選は色々なドラマが待っている!

   

高校生の野球の頂点である甲子園大会
予選を勝ち抜いて代表の1校
各都道県から出場します。

 

決勝戦までたどり着くのは、
どの高校野球部にとっても遠い道のりと
色々なドラマが待ち受けています。

 

日頃の練習でも、夏の炎天下で行う練習は
相当の暑さとの戦い消耗の度合いは半端ありません。

 

今では要所要所に給水を取ることが
あたりまえになっていますが、
(それが正しい方法ですが)

 

過去では学校によっては夏の練習では、
練習の途中途中には
まず今のように給水することがありません。

 

休憩して給水できる時間が天国の時間になるのです。汗

そうして、厳しい練習に耐えて鍛えられ試合に臨みます。

 

とは言っても高校性ではあるため、
精神的な面ではまだ選手によっては
試練を受け、想像していなかった想定外のドラマが見られるのです。

 

高校球児や高校野球の地方予選を観て思うことは、

 

高校球児もまた試練に立った時は動揺から、
本来持っているはずの実力が発揮できずに
試合展開の流れに身を任すことになること、

 

それに併せて、そうした場面に遭遇する際には
対策面が後手に回ってしまう
監督面の采配にも委ねられ、

 

結果が突如大きく変わってしまう流れが存在することも事実です。

 

第96回夏の甲子園大会の地方予選の
準々決勝を実際に観に行ったり、決勝戦を観たのですが、

 

チームの打力や雰囲気、
3点リードでこのままいけば勝利する場面で、
好投のピッチャーに代えてエースピッチャーを投入します。

 

結果はピッチャーがストライクを取れずに
ファーボールを連続出して、

 

単打単打で打ち込まれ、
反対に一気に6点を返されて逆転負けに終わるのです。

 

ベンチに下げたため、ピッチャーを代えれなく、
メンタル面が弱っても
監督からの指示や激励も少ないままの試合進行では、
観ている方からすると、

 

もう一工夫があっても良かったのではとつい思ってしまいます。

 

ピッチャーが自滅するケースを度々観ました。
勝ち試合を一気に落としてしまうのです。

 

とてももったいないことですね。

 

極めつけは、石川県の星稜高校小松大谷
9回の土壇場に一挙8点差をひっくり返すサヨナラ勝ちする、

 

ドラマでもなかなかストーリ展開に
無理があるくらいのドラマが実際に起こったのです。

 

普通は八回迄8点差であれば、
コールドゲームに近い点数で、
もはや勝利を手中に収める試合展開のはずです。

 

しかも、それは夏の甲子園大会
地方予選の石川県の決勝です。

 

一般的には強豪同士なので、
大量得点差であれば勝負ありです、普通は。

 

もう一度試合をしても、
同じことは起こりえないくらいの点差なのですね。

 

こうしたドラマ張り的な試合も、
高校野球の試合では起こりえるのです。

 

両チームの学校では、
それぞれ予想や想像を絶したことは言うまでもありません。

 - スポーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

部活・クラブ
部活の指導は根性論から科学的根拠に基づいた指導へ

部活やクラブ活動は本来、好きなスポーツや文化のジャンルで 技術を磨いたり、個人や …

no image
松井がアストロズからのオファー?から一転、現役引退に。

松井秀喜がアストロズからのオファーで再発進する可能性が出てきたはずが、一転、現役引退となりました。アストロズが、2012年に自由契約の松井秀喜外野手を、2013年キャンプに招待選手として参加させる用意があったはずでした。ウインターミーティングでジェフ・ルーノーGMが、年明けに松井サイドにオファーを出す見通しを示したとのことでしたが、既に、メジャーの選手をとって、ポジションの枠が重なり、なくなったためです。招待選手としてのキャンプ参加は、メジャー昇格を保証されるものではないけどメジャー復帰に「光」が見えてきたはずだったのですが・・。

no image
プロ野球もメジャーリーグも開花宣言?

プロ野球もメジャーリーグも開幕しました。海の向こうでは、上原、岩村、両松井、松坂選手が活躍中。イチローもスタンバイ状態になってきましたね。

no image
2014年メジャーリーグ開幕、マー君初デビュー初先発、初勝利!

2014年、日本のプロ野球も、米メジャーリーグもついに開幕しました♪2014年のメジャーリーグで注目の一つはヤンキースに入団した田中将大、マー君です。メジャーリーグのヤンキースの一員であるマー君にとって2014年のシーズンは楽しみになります。活躍が続けば、メジャーを観に行くファンも増えていくでしょうし、観客動員数にも大きな影響が出るでしょうか。オープン戦ではキッチリ活躍して結果を残し、待望の2014年初メジャーリーグ、初デビュー初先発・・

no image
WBC 2013『侍ジャパン』、ついに発進!!

WBC 2013『侍ジャパン』(2013年開催)がついに発進!!しました。ひとまず、ほっとしてますよね。誰もが楽しみにしていたり、待っていたWBCへの参加表明ですから。2013年春開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ日本の参加を選手会も含めて決定したのです。多くの野球ファンが待望していたWBCへの参加。とても楽しみにしていた方や気をもんでいたスポーツファンが多かったと思います。これまで選手会も数年後を見据えて苦渋の決断をして表明してましたが・・

no image
MLBライブ中継はネットの醍醐味!

MLBライブ中継はネットの醍醐味!ダルビッシュV.S.黒田ついに、日本人対決実現!ネット中継の威力は、こうしたダルビッシュV.S.黒田との登板で特に感じます。YAHOO!スポーツの一球速報、ttp://live.baseball.yahoo.co.jp/mlb/game/live/?id=2012042509、MLBライブ中継、http://gyao.yahoo.co.jp/mlb/live/とても、便利な時代に入ったものです。これまで、TV中継でしか視聴できなかったものが、ネットでの生中継が、一球速報と相まって視聴できることは、とてもありがたいことです。ttp://live.baseball.yahoo.co.jp/mlb/game/live/?id=2012042509、MLBライブ中継、http://gyao.yahoo.co.jp/mlb/live/とても、便利な時代に入ったものです。これまで、TV中継でしか視聴できなかったものが、ネットでの生中継が、一球速報と相まって視聴できることは、とてもありがたいことです。

no image
大谷翔平の二刀流、1軍ピッチャーデビューがついに実現。

日本ハムの二刀流、大谷翔平が1軍ピッチャーとしてデビューがついに実現です。これは、多くのファンや、大谷に関心ある観衆からも注目している大きな試合になる一方で、そして初先発登板となる2013年5月23日のヤクルト戦の前売り券の売れ行きは上々のようです。過去に大谷が打順8番で先発し、視聴率はわずか2.6%と「こんなに世間の関心が低いと」と関係者は青ざめているようですが、しかし・・

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。

no image
日本シリーズ2013、王手をかけた楽天、王者ジャイアンツと仙台で決戦!

日本シリーズ第5戦に競り勝ち、楽天がジャイアンツに王手をかけました。これまでに観てきた印象として、伊達にパ・リーグを制覇してはいません。民放では楽天戦は放映されないことが大半なので、選手個人の力量はスポーツニュースや紙面で推し量るしかありませんでしたが(ネットで生中継は別として)、日本シリーズにおいては、楽天の選手、個人個人の力は、セ・リーグの覇者ジャイアンツの選手層を上回ると考えていもいいかもしれません。短期決戦なので、選手の力は発揮できる選手、出来ない選手もいるわけですが・・

no image
イチロー選手は打撃の神様を超えたのか?

マリナーズのイチロー選手は、4打数無安打に終わり、オープン戦では26打席連続無安打となり、過去の自己ワースト記録を塗り替えた。8試合連続無安打、普通、これでは首を傾げることしきりのはず。これだけ、毎回の打席で凡退の山でベンチに戻ってくる時は、戻りづらいはずなのに、