生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

田中将大投手の成績や防御率も急速に改善!?修正点・問題点を解決?

      2017/06/02

米大リーグで活躍するヤンキースの田中将大投手が、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、レイズ戦で、わずか2回で8安打7失点と散々に打ち込まれたて降板した理由について語っていました。

マー君は早々と1回に3点を失い制球が安定しないまま、2回以降も死球などで走者を出し、さらに本塁打も打たれて3回までも投球できず7失点でノックアウトされました。

メジャーリーグで投げる恐ろしさと困難さ、そしてマー君のいったい春先で好投してきたこと一挙に吹き飛ぶ事実に驚愕したものです。
マー君はこのことを振り返ると次のように言っています。

「立て続けに1、2番に打たれて、そこからちょっとおかしくなった」

「悪いときほど自分と戦いがちになる。感覚的なことばかり気になってしまう。バッターとの対戦になってない。バッターは全力で僕を打ちにきているのに、それじゃあ負けますよね」と。

この言葉に尽きます。
自分の投球フォームなどの修正点ばかり考えてしまったようですが、でも、どこが悪いのか少しでも早く修正していきたいところ、そこから修正していくのが普通ですね。

最初に打ち込まれたことで、その一点に集中していった結果なのかもしれません。

しかし、2017年4月27日、レッドソックス0-3ヤンキース戦で、メジャー2度目の完封勝利の3連勝で今季3勝1敗として、防御率は4.20までに上方修正されてきました。

対戦相手のレッドソックス先発は昨年17勝のセール。絶対エースとの対決です。

田中は「9割セール勝つと、みんな思っていたんじゃないですか。10割かもしれないな。それを覆したいなって思って。ただ相手に向かっていくだけでした」

ヤンキース打線はセール投手に対し10三振と凡打の山を築く投手戦に、9回先頭から3連打して得点を作り、マー君の粘りを何とか援護したいと最後まであきらめずに勝利に導きました。

マー君は「全体的にすべての球種が使えたっていうことが良かったと思うし、制球もある程度安定してたんで、ストライクゾーンのいいところで早いカウントから勝負していけたかなと思います。9回のマウンドも点差が広がった分、助かったなという気持ちはもちろんありますし、最後点差が広がったのが助かりました」

ジラルディ監督は「ボストンのこの球場で、この優れた打線を相手に完封するのは、大変難しいこと。本当にいい投球だった」や

また、セールと真っ向から向き合って投げていてようにもと感じたと言っています。

また、ロスチャイルド投手コーチは「手を少し早めに離し、落ちる球に角度をつけるようにした。それが大きな修正になったかは分からないけれどね」と言っています。

マー君のメジャーリーグへの挑戦を考えて転機になった学生時代への反骨精神が今も色濃く生きているのが感じられました。

次のブルージェイズ戦も引き続き見ものです。観客やファンからするとある種のドラマが続いてこれからの活躍がますます、ハラハラドキドキと楽しみになってくる展開とも言えます。

そして、その後の登板でも一進一退から、打ち込まれるニュースが多くなってきました。ジラルディ監督は田中を「誰しもそんな年はあるものだ」と、かなり擁護しているのは嬉しのですが、内心はかなり心配していると思います。

制球力のある田中が、なかなかストライクを取るのが難しくなっているのは、一体何が影響しているのでしょうか。本人は分かっているようにも感じます。このままいくのか、どこかで修正しながらいくのかは本人の結果次第ですね。

何かが影響してるように感じます。それは何か?です。解消できるものなのか、そうではないのか?は、分かりません。

引き続き応援です。

 - スポーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ジャイアンツの独走、村田、楽天田中、メジャー上原の安定感にはワケがある?

ジャイアンツが圧倒的な強さで、他を寄せ付けずにセ・リーグVで二連覇達成です。余りにも圧倒的な強さで、ジャイアンツファンでなければ、かなりつまらないペナントレースだったかもしれません。他の某チームの監督曰く、「あの戦力を見れば普通にやったら勝つよね」じゃーなくて・・・。そのチームは何度も優勝していたチームではと突っ込みたくなります。その思いでは、絶対勝てません!ぶっちぎりに強い場合は、必ず理由があるのですね。

no image
イチロー選手と青木選手の天才バッターの違い

イチローは自分との戦いしかないように思います。もちろん、イチローは、スランプ脱出を試みていて、早出特打ちをしていますし、他の選手以上の、努力はしているから一層応援したいですよね。多くの観衆もそう見守っているでしょうし。
技術は言うまでもなく、天才バッターの一人でもあるので、自らの克服と気づきで、イチロー独自の調整法でバッティングを探っているのと、スランプの理由は分かっているとのことなので、それをどのようにうまく実戦で克服できるがが鍵になりますね。

no image
イチローは野球界の永世名人?

イチローの3000本安打達成は快挙の一言、メジャーリーガーからすると、あまり内心あまりうれしくないかもしれないが、日本では一律に祝歓迎ムード。

no image
WBCとプロ野球、更に次期開催の熱望と期待

星野ジャパンはオリンピック結果として9試合を戦い、4勝5敗と負け越した。監督は試合前、「今までわれわれが子どものころから学んできた野球というものを見せればいい。それは基本に忠実にあり、正々堂々と戦っていくということ」と語っていた。それは、それで間違いではないし、正論でもあるでしょう。

no image
プロ野球監督業

楽天の野村監督、チームを徐々に引っ張って、本領を発揮しつつあるように見えます。監督を引き受けた時は、チーム新生に相当な年月がかかると誰もが見ていたと思いますが。毎年最下位からメンバーが成長しつつ、不本意に活躍できなかった選手やその他の戦力も整い、勢いをつけていっているのでしょうか。

no image
楽天 田中将大の凄さと、最強の精神力を支える原点とは?

話題・新しい発見説明

no image
タイガーウッズのすごさ、超一流とは?

タイガーウッズが超一流と言われている一つには訳があるのですね。誰もが同じ条件でゴルフをしたとしても、プレーに差がついてしまう。出来そうで出来ない、仮にこれまではあったとしても。でもこれからはそうではないですよね。それは・・・

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。

no image
イチローのヤンキース以外の球団選択肢は全然アリ!!⇒ヤンキースと2年契約へ!!

イチローのヤンキース以外の球団選択肢はアリ!!」と、結論から言うところです。えっ、と思われるかもしれませんね。でもね、現状を鑑みると、絶対そのほうが、イチローにとってもいいことのように思います。それは、2つの理由からです。まず一つ目、現在、米大リーグの関係者が一堂に集まる、ウインターミーティングが開幕して、ヤンキースからフリーエージェント(FA)になったイチローとの再契約について、ヤンキース内で意見が分かれている様子で・・

no image
天才バッターイチローも人の子、そして次の

天才バッターイチローも人の子と言えるのではないかと思います。一流のピッチャーが得意とするボールを投げれば、天才バッターと言えども、そう打てるものではないことが証明できる。