生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

田中将大投手の成績や防御率も急速に改善!?修正点・問題点を解決?

      2017/06/02

米大リーグで活躍するヤンキースの田中将大投手が、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、レイズ戦で、わずか2回で8安打7失点と散々に打ち込まれたて降板した理由について語っていました。

マー君は早々と1回に3点を失い制球が安定しないまま、2回以降も死球などで走者を出し、さらに本塁打も打たれて3回までも投球できず7失点でノックアウトされました。

メジャーリーグで投げる恐ろしさと困難さ、そしてマー君のいったい春先で好投してきたこと一挙に吹き飛ぶ事実に驚愕したものです。
マー君はこのことを振り返ると次のように言っています。

「立て続けに1、2番に打たれて、そこからちょっとおかしくなった」

「悪いときほど自分と戦いがちになる。感覚的なことばかり気になってしまう。バッターとの対戦になってない。バッターは全力で僕を打ちにきているのに、それじゃあ負けますよね」と。

この言葉に尽きます。
自分の投球フォームなどの修正点ばかり考えてしまったようですが、でも、どこが悪いのか少しでも早く修正していきたいところ、そこから修正していくのが普通ですね。

最初に打ち込まれたことで、その一点に集中していった結果なのかもしれません。

しかし、2017年4月27日、レッドソックス0-3ヤンキース戦で、メジャー2度目の完封勝利の3連勝で今季3勝1敗として、防御率は4.20までに上方修正されてきました。

対戦相手のレッドソックス先発は昨年17勝のセール。絶対エースとの対決です。

田中は「9割セール勝つと、みんな思っていたんじゃないですか。10割かもしれないな。それを覆したいなって思って。ただ相手に向かっていくだけでした」

ヤンキース打線はセール投手に対し10三振と凡打の山を築く投手戦に、9回先頭から3連打して得点を作り、マー君の粘りを何とか援護したいと最後まであきらめずに勝利に導きました。

マー君は「全体的にすべての球種が使えたっていうことが良かったと思うし、制球もある程度安定してたんで、ストライクゾーンのいいところで早いカウントから勝負していけたかなと思います。9回のマウンドも点差が広がった分、助かったなという気持ちはもちろんありますし、最後点差が広がったのが助かりました」

ジラルディ監督は「ボストンのこの球場で、この優れた打線を相手に完封するのは、大変難しいこと。本当にいい投球だった」や

また、セールと真っ向から向き合って投げていてようにもと感じたと言っています。

また、ロスチャイルド投手コーチは「手を少し早めに離し、落ちる球に角度をつけるようにした。それが大きな修正になったかは分からないけれどね」と言っています。

マー君のメジャーリーグへの挑戦を考えて転機になった学生時代への反骨精神が今も色濃く生きているのが感じられました。

次のブルージェイズ戦も引き続き見ものです。観客やファンからするとある種のドラマが続いてこれからの活躍がますます、ハラハラドキドキと楽しみになってくる展開とも言えます。

そして、その後の登板でも一進一退から、打ち込まれるニュースが多くなってきました。ジラルディ監督は田中を「誰しもそんな年はあるものだ」と、かなり擁護しているのは嬉しのですが、内心はかなり心配していると思います。

制球力のある田中が、なかなかストライクを取るのが難しくなっているのは、一体何が影響しているのでしょうか。本人は分かっているようにも感じます。このままいくのか、どこかで修正しながらいくのかは本人の結果次第ですね。

何かが影響してるように感じます。それは何か?です。解消できるものなのか、そうではないのか?は、分かりません。

引き続き応援です。

 - スポーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
イチローがヤンキースに電撃移籍トレード!

イチローがニューヨーク・ヤンキースに移籍が決定したと、メジャーリーグが伝えています。かなり衝撃的な、電撃ニュースです。代わりに、ヤンキースからは、右投げの25歳のミッチェル投手と同じく25歳のデニー投手がマリナーズに移籍し、プラス金銭トレード。なんと、イチローがヤンキースに移籍します。これまで、イチローのバッティングが低迷しているだけに、ヤンキースで、どれだけのことが出来るのか?環境が変わって、黒田も在籍している、スーパースター軍団のニューヨーク・ヤンキース・・

no image
大谷翔平の二刀流、1軍ピッチャーデビューがついに実現。

日本ハムの二刀流、大谷翔平が1軍ピッチャーとしてデビューがついに実現です。これは、多くのファンや、大谷に関心ある観衆からも注目している大きな試合になる一方で、そして初先発登板となる2013年5月23日のヤクルト戦の前売り券の売れ行きは上々のようです。過去に大谷が打順8番で先発し、視聴率はわずか2.6%と「こんなに世間の関心が低いと」と関係者は青ざめているようですが、しかし・・

部活・クラブ
部活の指導は根性論から科学的根拠に基づいた指導へ

部活やクラブ活動は本来、好きなスポーツや文化のジャンルで 技術を磨いたり、個人や …

no image
ダルビッシュ、イチロー、青木、黒田、岩隈らの活躍は?【6月版】

2013年6月に入り、岩隈も勝利を重ねていくにつれて評価を上げていますが、レッドソックスの田沢、上原も絶好調で推移しています。今の上原にとって、イチローはもはや目じゃない?タイミングを完全に外してどっちが主役か分からなくなってきています。どうもイチローは浮き足立ったバッティングが目立ち、つまり、何か腰が浮いているような、地に付いていないバッティングの感じがします。難しい球を打つのがイチローの特徴の一つなのですが、打ち頃の球も見逃しているので

no image
イチローとWBC

イチロー本人しか分かりませんが、恐らくWBCと打順、ナインを意識していて、微妙にバッティングにズレを起しているのではないかと憶測します。または、三番のイチローを自ら作り出している。

前半戦のヤンキース 田中将大
田中将大投手がリハビリを始めて、復帰を目指せる理由は!

田中投手はインディアンス戦後に右肘の痛みを訴え、 (写真出所:日経新聞) 磁気共 …

ヤンキース・田中 PRP療法
ヤンキース・田中のじん帯部分断裂 PRP療法とは?治療とリハビリの効果は?

ヤンキース・田中のじん帯部分断裂で、当面は PRP療法を受けて治療とリハビリに …

no image
日本シリーズ2013を制するのは楽天・ジャイアンツのどっち?

日本シリーズ2013年、楽天対ジャイアンツ戦が、いよいよ2013年10月26日に始まりましたね。目玉は、楽天の強さがジャイアンツと対戦してどうなるのか、また、無敗のエース・田中将大がジャイアンツ打線と対峙してどのような結果を残すのか。また、初戦が田中でなく、それが今後の対戦にどうが変化していくのかに注目です。

no image
甲子園球場のリニューアルの不思議

甲子園球場のリニューアルで、一期工事が済んだとのことですが、問題が浮上しているみたいです。阪神ファンの一人として、全く解せない工事ですね。スポーツ報知によると、第1期リニューアル工事を終えた甲子園で、次々と「NG」が明らかになりました。

no image
FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!

FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!がテーマ。もちろん、最終予選が終わってすぐそこにあるコンフェデなので、超えることは難しいわけですが、少なくとも気持ちは、そこに置いて欲しいですね。日本とオーストラリアのワールドカップ最終予選、なんとか本田の奇跡の同点ゴールで引き分けに持ち込みましたが、内容的には攻撃的にも押してはいたものの、決定打が出ないで逆にオーストラリアに決められて、あわやの敗退寸前でしたね。本田が入ることで、