生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

田中将大投手の成績や防御率も急速に改善!?修正点・問題点を解決?

      2017/06/02

米大リーグで活躍するヤンキースの田中将大投手が、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、レイズ戦で、わずか2回で8安打7失点と散々に打ち込まれたて降板した理由について語っていました。

マー君は早々と1回に3点を失い制球が安定しないまま、2回以降も死球などで走者を出し、さらに本塁打も打たれて3回までも投球できず7失点でノックアウトされました。

メジャーリーグで投げる恐ろしさと困難さ、そしてマー君のいったい春先で好投してきたこと一挙に吹き飛ぶ事実に驚愕したものです。
マー君はこのことを振り返ると次のように言っています。

「立て続けに1、2番に打たれて、そこからちょっとおかしくなった」

「悪いときほど自分と戦いがちになる。感覚的なことばかり気になってしまう。バッターとの対戦になってない。バッターは全力で僕を打ちにきているのに、それじゃあ負けますよね」と。

この言葉に尽きます。
自分の投球フォームなどの修正点ばかり考えてしまったようですが、でも、どこが悪いのか少しでも早く修正していきたいところ、そこから修正していくのが普通ですね。

最初に打ち込まれたことで、その一点に集中していった結果なのかもしれません。

しかし、2017年4月27日、レッドソックス0-3ヤンキース戦で、メジャー2度目の完封勝利の3連勝で今季3勝1敗として、防御率は4.20までに上方修正されてきました。

対戦相手のレッドソックス先発は昨年17勝のセール。絶対エースとの対決です。

田中は「9割セール勝つと、みんな思っていたんじゃないですか。10割かもしれないな。それを覆したいなって思って。ただ相手に向かっていくだけでした」

ヤンキース打線はセール投手に対し10三振と凡打の山を築く投手戦に、9回先頭から3連打して得点を作り、マー君の粘りを何とか援護したいと最後まであきらめずに勝利に導きました。

マー君は「全体的にすべての球種が使えたっていうことが良かったと思うし、制球もある程度安定してたんで、ストライクゾーンのいいところで早いカウントから勝負していけたかなと思います。9回のマウンドも点差が広がった分、助かったなという気持ちはもちろんありますし、最後点差が広がったのが助かりました」

ジラルディ監督は「ボストンのこの球場で、この優れた打線を相手に完封するのは、大変難しいこと。本当にいい投球だった」や

また、セールと真っ向から向き合って投げていてようにもと感じたと言っています。

また、ロスチャイルド投手コーチは「手を少し早めに離し、落ちる球に角度をつけるようにした。それが大きな修正になったかは分からないけれどね」と言っています。

マー君のメジャーリーグへの挑戦を考えて転機になった学生時代への反骨精神が今も色濃く生きているのが感じられました。

次のブルージェイズ戦も引き続き見ものです。観客やファンからするとある種のドラマが続いてこれからの活躍がますます、ハラハラドキドキと楽しみになってくる展開とも言えます。

そして、その後の登板でも一進一退から、打ち込まれるニュースが多くなってきました。ジラルディ監督は田中を「誰しもそんな年はあるものだ」と、かなり擁護しているのは嬉しのですが、内心はかなり心配していると思います。

制球力のある田中が、なかなかストライクを取るのが難しくなっているのは、一体何が影響しているのでしょうか。本人は分かっているようにも感じます。このままいくのか、どこかで修正しながらいくのかは本人の結果次第ですね。

何かが影響してるように感じます。それは何か?です。解消できるものなのか、そうではないのか?は、分かりません。

引き続き応援です。

 - スポーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
タイガーウッズ、マスターズに復帰する前のナイキCM

タイガーウッズ、マスターズに復帰する前のナイキCMのインパクトは静かながら、しっかりしたタイガーウッズの復帰CMですね、

no image
WBC 2013『侍ジャパン』、ついに発進!!

WBC 2013『侍ジャパン』(2013年開催)がついに発進!!しました。ひとまず、ほっとしてますよね。誰もが楽しみにしていたり、待っていたWBCへの参加表明ですから。2013年春開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ日本の参加を選手会も含めて決定したのです。多くの野球ファンが待望していたWBCへの参加。とても楽しみにしていた方や気をもんでいたスポーツファンが多かったと思います。これまで選手会も数年後を見据えて苦渋の決断をして表明してましたが・・

no image
イチローの絶好調と絶不調の理由とは?

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?と、いった大げさなタイトルですが、でも、イチローは今、絶好調!米大リーグが、ア・リーグはヤンキースのイチロー選手を週間MVPに選考しましたね。2年ぶり、4度目の受賞です。38歳にして、6試合で25打数15安打の打率6割、2本塁打、5打点、7得点、6盗塁ですから文句の付けようもないどころか、一瞬、進化したのでは?と、思ってしまうほどです。笑。いゃ、実際、ヤンキースで進化したのかも。半分冗談で、半分本気です。ただ、イチローに何かが起きていることは事実です。それは・・

オランダ代表ロッベンは、惚れ惚れするくらい速くて凄いストライカー!

ワールドカップ 2014年のオランダ対スペイン戦で、 前回優勝のスペインに5-1 …

no image
メジャーリーグの日本人選手やボクシング日本人世界王者の活躍が凄い!

メジャーリーグの日本人選手やボクシングでは亀田家、山中慎介、長谷川穂積、八重樫東など日本の世界王者の活躍で、日本人同士の統一戦も、また、ゴルフ界でも凄いことになってきています。レンジャーズのダルビッシュ有が、8月14日のアストロズ戦で自己最多の15三振を奪い8回1失点に抑え12勝目を挙げましたが、日本の若いトッププレイヤーが着実に世界でも実績を残しています。

no image
松井氏のヤンキース退セレモニーでの存在感は

松井氏のヤンキースの異例の引退セレモニーがありました。ヤンキースでも存在感を改めて感じる一日限りの松井氏の引退セレモニーでしたね。引退を発表する前まで、壮絶な日々の戦いは凄まじいものがあったと思います。その自らの引退後も、こうしてヤンキースのセレモニーに招かれるのは通常では考えられないわけです。ジータークラスではないとそうした特別セレモニーはあり得ません。ヤンキース広報でも前例を把握していないと。引退セレモニーでは、多くのファンも拍手喝采の中・・

no image
プロ野球監督業

楽天の野村監督、チームを徐々に引っ張って、本領を発揮しつつあるように見えます。監督を引き受けた時は、チーム新生に相当な年月がかかると誰もが見ていたと思いますが。毎年最下位からメンバーが成長しつつ、不本意に活躍できなかった選手やその他の戦力も整い、勢いをつけていっているのでしょうか。

no image
甲子園球場のリニューアルの不思議

甲子園球場のリニューアルで、一期工事が済んだとのことですが、問題が浮上しているみたいです。阪神ファンの一人として、全く解せない工事ですね。スポーツ報知によると、第1期リニューアル工事を終えた甲子園で、次々と「NG」が明らかになりました。

甲子園大会地方予選 高校野球
夏の甲子園大会の地方予選は色々なドラマが待っている!

高校生の野球の頂点である甲子園大会、 予選を勝ち抜いて代表の1校が 各都道県から …

no image
田中のプロ野球新記録21連勝は更に大リーグ24連勝記録を更新するか?

楽天の田中は西武と8回5安打1失点で今季無傷の17連勝してプロ野球の新記録達成しました。田中は、昨季からの連勝記録は松田(巨人)、稲尾(西鉄)を超えプロ野球新記録となる「21」に伸び、この後もどこまで続くかに関心があるところです。稲尾が記録したのは、当時の三原監督が6回裏から稲尾を投入したものの