生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは?

      2014/05/17

サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは? 

一体どういうこと? と、なるかもしれません。

試合にフル出場した日本代表のMF本田圭佑のコメントがとても興味深く、これにより、親善試合、サッカーの結果ひとつに対して、見方や捉え方、また実践した実情を知っている、知らないことにより、180度違う、まったく真逆の考え方になってしまうのです。

実情を知らないと結構、このあたりは怖いところでもあります。

2013年10月15日の国際親善試合の結果、日本代表がベラルーシ代表と対戦し、1−0で敗退しました。

試合後の本田圭佑のコメントに注目したいところ。SOCCER KINGによると、本田のコメントはこうだ。

・勝てないというところはある意味、収穫だったのかなと。

・まず方向性は間違っていなくて、ゴールを決める、決めないでサッカーはどうしても勝敗が決まります。
失点して負けると守備が問題になるし、ゼロ得点で勝てないと決定力がないということになります。
非常にシンプルなスポーツ。

・セルビアに対してもベラルーシに対しても、
90分間自分たちのサッカーを貫いていたのは一つの進歩。
ここでみなさんに叩かれて、僕たちがブレるようなことがあれば、
それが一番ダメなことだと僕は思います。

・ワールドカップ用にさらに大きなものを披露しようとして、今はそれを組み立てている段階です。
前と同じようにすれば得点できたかもしれないけど、
新しくやろうとしていることが上手くいかず、
新しいことにトライしようとして、以前の良さが出ていない。

そのチグハグさは若干あると思います。

選手も監督もそこは悲観していない。

・アジアカップで優勝した時のようなサッカーをワールドカップでやろうとは思わないし、
一歩も二歩も先に行くためにシミュレーションしながら戦っている感じです。
そこは非常にポジティブだと思っています。

つまり、セルビアに対してもベラルーシに対しても、結果負けたという事実だけを捉えて、監督、選手に責任が出てくるとすると、まったく見違う考え方、責任論が出てきますが、非常にポジティブだと思っている、本田のコメントを見る限りでは、

むしろ、積極的に戦っている姿勢が伝わってくるのですね。

当然、いままでと同じようなサッカーの戦い方をしていては、絶対その先には到達できませんし、もちろん進歩も進化もあり得ないわけですね。

このままではワールドカップでは戦えないことは監督はもちろん、選手も十分に知っているわけです。

むしろリクスを犯してでもこれまでと違った戦略、戦術を試すには絶好の機会と捉える必要があって、

その戦い方で結果を出すには、どこが違っているのか、どのような戦い方や動きをしなければならないのか、組み立てられ、試せる絶好のチャンスなのです。

むしろワールドカップまでの過程での様々な試しや積極的なトラアイルこそが重要なポイントともなります。

単に、監督責任論で済ますことは、逆にリスクを背負うことになり得ますし、任せたら、最後まで負かす勇気も必要になってくるでしょうか。

むしろ、本田のコメントは今後の展開にも勇気づけられ、ワールドカップまでに仕上げていく、展開や戦い方にかなり期待したいですね。

 - スポーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
2013メジャーリーグ【MLB】ダルビッシュ・イチロー・黒田らの活躍は?

2013メジャーリーグ【MLB】が4月1日に開幕しました。2013年のメジャーリーグも、ダルビッシュ、イチロー、黒田、青木、藤川を始めとする日本人メジャーリーガーの活躍が気になるところですね。4月1日、ブリュワーズの青木がいきなりホームランと幸先が良く、2013年、200本安打を期待しています。上原、田沢も上々の出来ですね。

no image
楽天 田中将大の凄さと、最強の精神力を支える原点とは?

話題・新しい発見説明

no image
大谷翔平の二刀流、1軍ピッチャーデビューがついに実現。

日本ハムの二刀流、大谷翔平が1軍ピッチャーとしてデビューがついに実現です。これは、多くのファンや、大谷に関心ある観衆からも注目している大きな試合になる一方で、そして初先発登板となる2013年5月23日のヤクルト戦の前売り券の売れ行きは上々のようです。過去に大谷が打順8番で先発し、視聴率はわずか2.6%と「こんなに世間の関心が低いと」と関係者は青ざめているようですが、しかし・・

no image
松井氏のヤンキース退セレモニーでの存在感は

松井氏のヤンキースの異例の引退セレモニーがありました。ヤンキースでも存在感を改めて感じる一日限りの松井氏の引退セレモニーでしたね。引退を発表する前まで、壮絶な日々の戦いは凄まじいものがあったと思います。その自らの引退後も、こうしてヤンキースのセレモニーに招かれるのは通常では考えられないわけです。ジータークラスではないとそうした特別セレモニーはあり得ません。ヤンキース広報でも前例を把握していないと。引退セレモニーでは、多くのファンも拍手喝采の中・・

no image
ダルビッシュ、イチロー、青木、黒田、岩隈らの活躍は?【6月版】

2013年6月に入り、岩隈も勝利を重ねていくにつれて評価を上げていますが、レッドソックスの田沢、上原も絶好調で推移しています。今の上原にとって、イチローはもはや目じゃない?タイミングを完全に外してどっちが主役か分からなくなってきています。どうもイチローは浮き足立ったバッティングが目立ち、つまり、何か腰が浮いているような、地に付いていないバッティングの感じがします。難しい球を打つのがイチローの特徴の一つなのですが、打ち頃の球も見逃しているので

no image
イチローの絶好調と絶不調の理由とは?パート2

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?パート2になります。昨日のイチローの絶好調さの理由考えられてみましたか?ちょっとは考えてみられましたね。では、昨日の答えを、順に紐解いていきますね。あっ、ただしですよ、あくまで、私見なので、もちろん、100%正解とは断言しませんが恐らく、正解だと思っていたりします。笑色々、答えがあってもいいじゃないですか。早速いきます。最初の伏線です。2012年9月22日の日本時間にヤンキースタジアムで行われた試合のヤンキース対アスレチックス戦は白熱戦で、2対1と・・

ネイマール 腰椎骨折
ネイマール 腰椎骨折の症状と治療、治る期間は?

2014年ワールドカップに出場している ブラジルのネイマールは、 コロンビア代表 …

no image
大谷の投げて打って走って送球して4拍子揃った逸材に・・

大谷の投げて、打って、走って、レーザービーム送球して、4拍子揃った逸材は4刀流じゃーないですか。ノムさんも大谷の二刀流をついに認めたようですね。そりゃそうですよね、以前記していましたが、さすがのノムさんも認めましたね。考えを翻すところが凄い。大谷は・・

no image
マー君V.S.イチロー直接の初対決!2015年6月試合に注目、軍配はどっち?

イチローV.S.マー君との直接対決の前日、ロッキーズ戦の7回2死二塁から代打で、 …

no image
イチローのすごさ

ご存知のとおりイチローは数々の記録を塗り替えています。
とりわけ、その中でも15年連続3割打率が超すごい。過去の超一流の名選手を見てもイチローのこの記録に並ぶ選手は皆無。あの、王選手、長嶋選手、打撃の職人張本選でも。