生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

      2014/05/17

イチローと松井秀喜の『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では前回の続きになります。

一流のプロフェッショナルであるイチローにしても、松井秀喜にしても松井は第一線を退くと決めてから、大きく注目され、かたやイチローは現役を続け、更に道を極める宮本武蔵にも似ているかもしれません。

松井にいたっては、ヤンキースを離れて3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。

1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。

ヤンキースのスタインブレナー共同オーナーが、引退記念イベントの実施を検討しているようで、
1日限りの契約を交わし、背番号「55」のピンストライプ姿でニューヨークのファンに別れを告げる可能性も急浮上です。ニューヨーク・ヤンキースとジャイアンツの同時もアリかもしれません。

もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ両都市で注目されているのは異例です。

それだけ、事実上の引退をしてもなおかつニューヨークでも日本でも高い評価を得ているのは期待に対する結果を出してきたプロだからです。

しかもですよ、2012年1月24日、スポニチアネックスが伝えるところによると、英字新聞「ジャパンタイムズ」に寄稿されている中で、松井秀喜氏の代理人アーン・テレム氏の最も驚いたエピソードがあります。

2005年のオフにヤンキースと新たに4年契約を結んだ際、報酬が当初の取り決めよりも
上乗せして支払われたことを披露しています。

NBAなどの選手も含め、32年間のキャリアで500人以上のアスリートを顧客としたテレム氏は
「(これまで)経験したことがなかったし、今後もないのでは」と言っているくらいで、いかに、松井氏のプロとして、また人となりとしての価値があったかを物語っていますよね。

プロ22年目、今シーズン40歳イチローの評価もいまさら言うまでもありません。
2013年シーズン前の時点で日米通算4000安打達成へ残り116本と迫っているイチロー。

節目の年齢を超越するか今シーズンが楽しみでしかたありません。

ところで、イチローも松井も技術や一流のプロフェッショナル魂を追求はしていますが、考え方が違うのですね。

それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。

松井については、そのうち色々どうのようにしてプロの技術を高めていったのかは明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。

これは、以降については、あくまで私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。

多くの選手も日々体を作り、体調を整え、体を鍛えることに専念はしていますが、イチローも、特製のトレーニングマシンで、日々体を鍛えています。

イチローにあった、トレーニングマシンを特注して、日々体作りをしているため、年齢とともに、落ちるはずの筋肉であったり、

イチローのトレーニング

イチローのトレーニング

(出所:NHK)

運動量であったり、瞬発力や判断力を維持してイチロー流に高めているのです。

そのトレーニングの仕方はイチロー独自のメニューでやっているわけですね。

そのトレーニングの仕方や考え方であり、そのトレーニングのどこに着目して
励んでいるのか、そのトレーニングの着眼点に二人のまず違いが出てきていると思います。

オリンピックのメダリストで、独特のトレーニングを自ら生み出して実践している室伏選手に
似ているところがあるかもしれません。

イチローのトレーニングメニューと松井のメニューでは、料理で言うところの、素材と料理法、
料理の作り方である献立からして違いが出ているのですね。この時点で、選手のプレーの仕方に違いが出て早く引退になる選手や長きにわたってプレーできる選手が出来てきます。

工藤選手も現役を長くやってきた選手の1人でしたね。同じトレーニングをやるにも、
やり方一つでも、違いが出てきます。

メジャーでの、松井のホームラン数に変化が出てるのはこのあたりの要因がひとつあります。
第二に、野球の取り組み方です。

両人とも、超人といえるほど取り組み方は、異常なほどプロ中のプロなのです。
でもですよ、先にお話したにようにピッチャーから投球された球を弾き返す考え方に、
取り組んでいる姿勢の違いがあるように思います。

それは、先に触れたイチローの言動で気づいたのです。ここが、核心とも言える
大きな分かれ目になる違いです。どんな球を、意識して弾き返すか、そして、結果とその対応です。

イチロー流にトレーニングだけではなく考え方ひとつでも同様に取り組んでいたとしたら、
今とは、全く違ったと思うのですね。

ただ、松井は憶測の範囲なので、もしかしたら違うかもしれませんが。
だから、引退はまだ早いと、言っていたのです。

素材が素材だけに、松井ならやれると。松井の高校野球時代、野球場の外野のフェンスが低くて、どのボールも外野のフェンスを超えて民家に入るので松井用に、外野フェンス上にネットが張られたのです。それだけ飛ばす選手は、恐らくいません。

その松井がメジャーでホームランが出なかったのはその取り組み方にも違いが出ていたと思われます。

長嶋さんがかつてしたようにマンツーマンのアドバイスがあれば更に違いが出たことでしょう。

いかに、取り組み方、考え方一つで違いが出てくるのが、プロの世界ではないかと思います。

 - スポーツ , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
2014年 MLBもメジャーリーグの試合生中継で昨年以上に面白い!

2014年 MLBも昨年以上に面白くなりそうです!ヤンキースの田中将大、黒田、イチロー、レンジャーズ ダルビッシュ有、レッドソックスの上原、田沢、カブスの藤川、メッツをはじめ多くのメジャーリーガーの名前が今後の幕開けに備え、準備しています。2014年のメジャーリーガーはどう活躍していくのか?

no image
マー君V.S.イチロー直接の初対決!2015年6月試合に注目、軍配はどっち?

イチローV.S.マー君との直接対決の前日、ロッキーズ戦の7回2死二塁から代打で、 …

no image
松井がアストロズからのオファー?から一転、現役引退に。

松井秀喜がアストロズからのオファーで再発進する可能性が出てきたはずが、一転、現役引退となりました。アストロズが、2012年に自由契約の松井秀喜外野手を、2013年キャンプに招待選手として参加させる用意があったはずでした。ウインターミーティングでジェフ・ルーノーGMが、年明けに松井サイドにオファーを出す見通しを示したとのことでしたが、既に、メジャーの選手をとって、ポジションの枠が重なり、なくなったためです。招待選手としてのキャンプ参加は、メジャー昇格を保証されるものではないけどメジャー復帰に「光」が見えてきたはずだったのですが・・。

no image
タイガー・ウッズの一瞬の迷い?が思わぬゴルフに。

タイガー・ウッズの一瞬の迷いが思わぬゴルフに?オーガスタ米国男子メジャー「マスターズ」の2日目に、タイガーらしからぬプレーで、順調に進めていたゴルフに狂いが生じる可能性が出て来ました。最終日をホールアウトしないと分かりませんがタイガー・ウッズが思いもよらぬところでつまづきが出て、その後のプレーに影響を与えることも考えられます。せっかく順調に進んでいて、このまま正当に進めていけば良かったものの、何を考えてか、2ヤード手前でドロップしたことが分かったのですね。

no image
日本シリーズ2013、王手をかけた楽天、王者ジャイアンツと仙台で決戦!

日本シリーズ第5戦に競り勝ち、楽天がジャイアンツに王手をかけました。これまでに観てきた印象として、伊達にパ・リーグを制覇してはいません。民放では楽天戦は放映されないことが大半なので、選手個人の力量はスポーツニュースや紙面で推し量るしかありませんでしたが(ネットで生中継は別として)、日本シリーズにおいては、楽天の選手、個人個人の力は、セ・リーグの覇者ジャイアンツの選手層を上回ると考えていもいいかもしれません。短期決戦なので、選手の力は発揮できる選手、出来ない選手もいるわけですが・・

no image
プロ野球もメジャーリーグも開花宣言?

プロ野球もメジャーリーグも開幕しました。海の向こうでは、上原、岩村、両松井、松坂選手が活躍中。イチローもスタンバイ状態になってきましたね。

no image
松井引退の本当の理由は?ビフォー・アフター

松井の引退の本当の理由は実はそうだったのですね。知らなかった。まだ、やれると思っていましたが、これで、理由が分かってきました。2006年、松井が膝をかばうスライディングキャッチしましたね。この肘を損傷したプレーがきっかけでで加速したようにも思っていました。↓松井のスライディングキャッチ。ある程度は、筋トレしていたり筋トレのやり方だけなのかと思っていたのですね。どうして、シーズンを通して、キャンプや自主トレを含めて十分な筋トレをしていかないのか?このあたりが、ずっと疑問で、知りたいところでした。Business Mediaが伝えたところによると実際のところ、松井の膝の傷や故障にあったようです。ジャイアンツ時代に、古傷であった左ひざをかばうため、・・

no image
イチロー選手は打撃の神様を超えたのか?

マリナーズのイチロー選手は、4打数無安打に終わり、オープン戦では26打席連続無安打となり、過去の自己ワースト記録を塗り替えた。8試合連続無安打、普通、これでは首を傾げることしきりのはず。これだけ、毎回の打席で凡退の山でベンチに戻ってくる時は、戻りづらいはずなのに、

no image
タイガーウッズのすごさ、超一流とは?

タイガーウッズが超一流と言われている一つには訳があるのですね。誰もが同じ条件でゴルフをしたとしても、プレーに差がついてしまう。出来そうで出来ない、仮にこれまではあったとしても。でもこれからはそうではないですよね。それは・・・

no image
イチローの絶好調と絶不調の理由とは?

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?と、いった大げさなタイトルですが、でも、イチローは今、絶好調!米大リーグが、ア・リーグはヤンキースのイチロー選手を週間MVPに選考しましたね。2年ぶり、4度目の受賞です。38歳にして、6試合で25打数15安打の打率6割、2本塁打、5打点、7得点、6盗塁ですから文句の付けようもないどころか、一瞬、進化したのでは?と、思ってしまうほどです。笑。いゃ、実際、ヤンキースで進化したのかも。半分冗談で、半分本気です。ただ、イチローに何かが起きていることは事実です。それは・・