生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

      2014/05/17

イチローと松井秀喜の『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では前回の続きになります。

一流のプロフェッショナルであるイチローにしても、松井秀喜にしても松井は第一線を退くと決めてから、大きく注目され、かたやイチローは現役を続け、更に道を極める宮本武蔵にも似ているかもしれません。

松井にいたっては、ヤンキースを離れて3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。

1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。

ヤンキースのスタインブレナー共同オーナーが、引退記念イベントの実施を検討しているようで、
1日限りの契約を交わし、背番号「55」のピンストライプ姿でニューヨークのファンに別れを告げる可能性も急浮上です。ニューヨーク・ヤンキースとジャイアンツの同時もアリかもしれません。

もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ両都市で注目されているのは異例です。

それだけ、事実上の引退をしてもなおかつニューヨークでも日本でも高い評価を得ているのは期待に対する結果を出してきたプロだからです。

しかもですよ、2012年1月24日、スポニチアネックスが伝えるところによると、英字新聞「ジャパンタイムズ」に寄稿されている中で、松井秀喜氏の代理人アーン・テレム氏の最も驚いたエピソードがあります。

2005年のオフにヤンキースと新たに4年契約を結んだ際、報酬が当初の取り決めよりも
上乗せして支払われたことを披露しています。

NBAなどの選手も含め、32年間のキャリアで500人以上のアスリートを顧客としたテレム氏は
「(これまで)経験したことがなかったし、今後もないのでは」と言っているくらいで、いかに、松井氏のプロとして、また人となりとしての価値があったかを物語っていますよね。

プロ22年目、今シーズン40歳イチローの評価もいまさら言うまでもありません。
2013年シーズン前の時点で日米通算4000安打達成へ残り116本と迫っているイチロー。

節目の年齢を超越するか今シーズンが楽しみでしかたありません。

ところで、イチローも松井も技術や一流のプロフェッショナル魂を追求はしていますが、考え方が違うのですね。

それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。

松井については、そのうち色々どうのようにしてプロの技術を高めていったのかは明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。

これは、以降については、あくまで私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。

多くの選手も日々体を作り、体調を整え、体を鍛えることに専念はしていますが、イチローも、特製のトレーニングマシンで、日々体を鍛えています。

イチローにあった、トレーニングマシンを特注して、日々体作りをしているため、年齢とともに、落ちるはずの筋肉であったり、

イチローのトレーニング

イチローのトレーニング

(出所:NHK)

運動量であったり、瞬発力や判断力を維持してイチロー流に高めているのです。

そのトレーニングの仕方はイチロー独自のメニューでやっているわけですね。

そのトレーニングの仕方や考え方であり、そのトレーニングのどこに着目して
励んでいるのか、そのトレーニングの着眼点に二人のまず違いが出てきていると思います。

オリンピックのメダリストで、独特のトレーニングを自ら生み出して実践している室伏選手に
似ているところがあるかもしれません。

イチローのトレーニングメニューと松井のメニューでは、料理で言うところの、素材と料理法、
料理の作り方である献立からして違いが出ているのですね。この時点で、選手のプレーの仕方に違いが出て早く引退になる選手や長きにわたってプレーできる選手が出来てきます。

工藤選手も現役を長くやってきた選手の1人でしたね。同じトレーニングをやるにも、
やり方一つでも、違いが出てきます。

メジャーでの、松井のホームラン数に変化が出てるのはこのあたりの要因がひとつあります。
第二に、野球の取り組み方です。

両人とも、超人といえるほど取り組み方は、異常なほどプロ中のプロなのです。
でもですよ、先にお話したにようにピッチャーから投球された球を弾き返す考え方に、
取り組んでいる姿勢の違いがあるように思います。

それは、先に触れたイチローの言動で気づいたのです。ここが、核心とも言える
大きな分かれ目になる違いです。どんな球を、意識して弾き返すか、そして、結果とその対応です。

イチロー流にトレーニングだけではなく考え方ひとつでも同様に取り組んでいたとしたら、
今とは、全く違ったと思うのですね。

ただ、松井は憶測の範囲なので、もしかしたら違うかもしれませんが。
だから、引退はまだ早いと、言っていたのです。

素材が素材だけに、松井ならやれると。松井の高校野球時代、野球場の外野のフェンスが低くて、どのボールも外野のフェンスを超えて民家に入るので松井用に、外野フェンス上にネットが張られたのです。それだけ飛ばす選手は、恐らくいません。

その松井がメジャーでホームランが出なかったのはその取り組み方にも違いが出ていたと思われます。

長嶋さんがかつてしたようにマンツーマンのアドバイスがあれば更に違いが出たことでしょう。

いかに、取り組み方、考え方一つで違いが出てくるのが、プロの世界ではないかと思います。

 - スポーツ , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは?

サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは? 一体どういうこと? と、なるかもしれません。試合にフル出場した日本代表のMF本田圭佑のコメントがとても興味深い。これにより、親善試合、サッカーの結果ひとつに対して、見方や捉え方、また実践した実情を知っている、知らないことにより180度違う、まったく真逆の考え方になってしまうのです。実情を知らないと結構、このあたりは怖いところでもあり・・

no image
イチロー選手は打撃の神様を超えたのか?

マリナーズのイチロー選手は、4打数無安打に終わり、オープン戦では26打席連続無安打となり、過去の自己ワースト記録を塗り替えた。8試合連続無安打、普通、これでは首を傾げることしきりのはず。これだけ、毎回の打席で凡退の山でベンチに戻ってくる時は、戻りづらいはずなのに、

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは、それぞれの考え方一つにもあると思います。イチロー選手も松井選手も、『一流のプロ中のプロ』であることは、疑いもない事実ですね。松井秀喜も、引退しましたが、古巣のニューヨーク・ヤンキースやジャイアンツからも、また、これまで所属した同僚や監督、関係者をはじめ、新聞ではニューヨーク・タイムズにも大きな記事を飾って、大いなる賞賛をもらっていることからも、分かりますね。とにかく、多くの関係者から、大きな賞賛をもらっているわけです。そして、関係者の口から出る言葉は、皆、判で押したように、異口同音、松井は『プロ中のプロ』と、言われているのですね。これは、単に持ち合わせているプロの技術だけでなく、取り組む姿勢や考え方、人柄であったり、若手への手本や教え方であったりするわけです。

甲子園大会地方予選 高校野球
夏の甲子園大会の地方予選は色々なドラマが待っている!

高校生の野球の頂点である甲子園大会、 予選を勝ち抜いて代表の1校が 各都道県から …

no image
MLBライブ中継はネットの醍醐味!

MLBライブ中継はネットの醍醐味!ダルビッシュV.S.黒田ついに、日本人対決実現!ネット中継の威力は、こうしたダルビッシュV.S.黒田との登板で特に感じます。YAHOO!スポーツの一球速報、ttp://live.baseball.yahoo.co.jp/mlb/game/live/?id=2012042509、MLBライブ中継、http://gyao.yahoo.co.jp/mlb/live/とても、便利な時代に入ったものです。これまで、TV中継でしか視聴できなかったものが、ネットでの生中継が、一球速報と相まって視聴できることは、とてもありがたいことです。ttp://live.baseball.yahoo.co.jp/mlb/game/live/?id=2012042509、MLBライブ中継、http://gyao.yahoo.co.jp/mlb/live/とても、便利な時代に入ったものです。これまで、TV中継でしか視聴できなかったものが、ネットでの生中継が、一球速報と相まって視聴できることは、とてもありがたいことです。

no image
イチローの絶好調と絶不調の理由とは?パート2

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?パート2になります。昨日のイチローの絶好調さの理由考えられてみましたか?ちょっとは考えてみられましたね。では、昨日の答えを、順に紐解いていきますね。あっ、ただしですよ、あくまで、私見なので、もちろん、100%正解とは断言しませんが恐らく、正解だと思っていたりします。笑色々、答えがあってもいいじゃないですか。早速いきます。最初の伏線です。2012年9月22日の日本時間にヤンキースタジアムで行われた試合のヤンキース対アスレチックス戦は白熱戦で、2対1と・・

no image
日本シリーズ2013、王手をかけた楽天、王者ジャイアンツと仙台で決戦!

日本シリーズ第5戦に競り勝ち、楽天がジャイアンツに王手をかけました。これまでに観てきた印象として、伊達にパ・リーグを制覇してはいません。民放では楽天戦は放映されないことが大半なので、選手個人の力量はスポーツニュースや紙面で推し量るしかありませんでしたが(ネットで生中継は別として)、日本シリーズにおいては、楽天の選手、個人個人の力は、セ・リーグの覇者ジャイアンツの選手層を上回ると考えていもいいかもしれません。短期決戦なので、選手の力は発揮できる選手、出来ない選手もいるわけですが・・

no image
天才バッターイチローも人の子、そして次の

天才バッターイチローも人の子と言えるのではないかと思います。一流のピッチャーが得意とするボールを投げれば、天才バッターと言えども、そう打てるものではないことが証明できる。

日本は2018年ワールドカップで悲観するより楽観を持てる!

ブラジル クイアバで行われた、 サッカーのワールドカップ 1次リーグの最終戦 & …

ワールドカップ2014 日本対コートジボワール戦 修正点はココ!

ワールドカップ2014 日本対コートジボワール戦の前半、本田の先制弾丸シュートを …