生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

松井がアストロズからのオファー?から一転、現役引退に。

      2014/05/17

松井秀喜がアストロズからのオファーで再発進する可能性が出てきたはずが一転、現役引退となりました。

アストロズが、2012年に自由契約の松井秀喜外野手を、2013年キャンプに招待選手として参加させる用意があったはずでした。

ウインターミーティングでジェフ・ルーノーGMが、年明けに松井サイドにオファーを出す見通しを示したとのことでしたが、既にメジャーの選手をとってポジションの枠が重なり、なくなったためです。

招待選手としてのキャンプ参加はメジャー昇格を保証されるものではないけれど、メジャー復帰に「光」が見えてきたはずだったのですが・・。

今季レイズとマイナー契約を結んだのはシーズン開幕後の4月30日で、それまで自主トレ中心にメニューをこなしてきただけに、自ずと練習量や特に実践力、実践感覚には不足感が否めなかったと思われます。

松井が一番欲しかったのは、キャンプを通じての自己調整でしたが、今までできなかったことに、松井としても、まだやれるはずだと、色々な思いがあったと思います。

現役引退まで、これまでの一番の思い出は、長嶋さんとの素振り練習だったと言います。
ジャイアンツ時代、不振であっても微調整が図られていたのですね。

確かに、これまでもジャイアンツ時代はスランプでも、しばらく経てばヒットが当たり始め、ホームランなどそんなに時間がかからず、不振を吹っ切ってバンバン打ちはじめていましたから。

打席に立てば打ちそうで、相手チームにとってはスランプと言えども嫌な存在だったと思います。

長嶋さんとのバッティングや素振りの練習はかなり贅沢で他のバッターからすると羨ましい限りです。荒川さんと王さんみたいな師弟関係で鍛えられたのかもしれませんね。

恐らくそうした長嶋さんからのアドバイスがマンツーマンであれば、不振からの脱却に道筋が見えた可能性も否定できません。

だって、イチローでもスランプに陥ることはあるので。
スランプと打てないは別物ですが
何らかの手がかりが、日本でプレーをしていると
得られたはずです。

あのメジャーでのスライディング以来、体を壊した回復後もその微調整が出来ないのと、体調管理や異国の地での様々なもののバランスが取れず現役引退を早めたように思います。

サンケイスポーツによると、ヤンキースなど多くのチームメートがいる中で、ヒデキはお気に入りの選手の一人だったとジーターがコメントしています。

「彼のプレーへの取り組みは印象的だった。多くの記者に囲まれニューヨークと日本のファンのために結果を出さなければいけないという重圧の中で、ニューヨークという注目される場所になじみ、チームメートとともにプレーに集中していた。

彼を大いに尊敬しているし彼の存在は2009年にヤンキースが、ワールドチャンピオンになれた大きな理由なんだ」と功績を讃えたようです。

また、デイリースポーツによると、ジャイアンツの長嶋茂雄終身名誉監督が、現役引退の松井秀喜外野手についてコメントを発表。

「大好きな野球を続けたいという本心よりも、ファンの抱く松井像を優先した決断だったように思う。最後の2、3年は投手と対戦する前に、ひざの故障と戦う毎日で、本人も辛(つら)かっただろう。2000年の日本シリーズ、09年のワールドシリーズで、チームを優勝に導いた大きなホームランが目に浮かぶ。

個人的には、二人きりで毎日続けた素振りの音が耳に残っている。これまでは飛躍を妨げないよう、あえて称賛することを控えてきたつもりだが、ユニホームを脱いだ今は、『現代で最高のホームランバッターだった』という言葉を贈りたい」
と、長嶋さんも最大の賛辞を贈るとともに、やはり、あの素振りの存在が大きいのですね。

プロでもアマでも、変わらない素振りの大切さ。野球は、走りこみもそうですが、素振りの必要性を改めて感じます。基礎を積み上げなくては、プロでも通用しないわけです。

「二人きりで毎日続けた素振り」これは、羨ましくもあり、すごいことですね。世界最高のアドバイザーです。

松井秀喜引退に際し涙を浮かべ会見する巨人・原辰徳監督も、ある意味、松井の無念さを感じているからですね。せめてもう一度と。

現役の晩年はひざの故障で苦労したと思いますが、いずれにしても、お疲れ様と言いたいですね。まだ、引退の言葉は、使いたくなく草野球も残っていると言っていました・・・。

 - スポーツ , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

部活・クラブ
部活の指導は根性論から科学的根拠に基づいた指導へ

部活やクラブ活動は本来、好きなスポーツや文化のジャンルで 技術を磨いたり、個人や …

no image
天才バッターイチローも人の子、そして次の

天才バッターイチローも人の子と言えるのではないかと思います。一流のピッチャーが得意とするボールを投げれば、天才バッターと言えども、そう打てるものではないことが証明できる。

no image
イチローの絶好調と絶不調の理由とは?

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?と、いった大げさなタイトルですが、でも、イチローは今、絶好調!米大リーグが、ア・リーグはヤンキースのイチロー選手を週間MVPに選考しましたね。2年ぶり、4度目の受賞です。38歳にして、6試合で25打数15安打の打率6割、2本塁打、5打点、7得点、6盗塁ですから文句の付けようもないどころか、一瞬、進化したのでは?と、思ってしまうほどです。笑。いゃ、実際、ヤンキースで進化したのかも。半分冗談で、半分本気です。ただ、イチローに何かが起きていることは事実です。それは・・

ヤンキース 田中 故障者リスト
ヤンキース・田中 右肘靭帯の部分断裂、症状や理由、治療・手術は?

右肘の炎症で故障者リスト(DL)入りしている ヤンキース・田中将大投手は、 (写 …

no image
タイガー・ウッズの一瞬の迷い?が思わぬゴルフに。

タイガー・ウッズの一瞬の迷いが思わぬゴルフに?オーガスタ米国男子メジャー「マスターズ」の2日目に、タイガーらしからぬプレーで、順調に進めていたゴルフに狂いが生じる可能性が出て来ました。最終日をホールアウトしないと分かりませんがタイガー・ウッズが思いもよらぬところでつまづきが出て、その後のプレーに影響を与えることも考えられます。せっかく順調に進んでいて、このまま正当に進めていけば良かったものの、何を考えてか、2ヤード手前でドロップしたことが分かったのですね。

no image
MLBライブ中継はネットの醍醐味!

MLBライブ中継はネットの醍醐味!ダルビッシュV.S.黒田ついに、日本人対決実現!ネット中継の威力は、こうしたダルビッシュV.S.黒田との登板で特に感じます。YAHOO!スポーツの一球速報、ttp://live.baseball.yahoo.co.jp/mlb/game/live/?id=2012042509、MLBライブ中継、http://gyao.yahoo.co.jp/mlb/live/とても、便利な時代に入ったものです。これまで、TV中継でしか視聴できなかったものが、ネットでの生中継が、一球速報と相まって視聴できることは、とてもありがたいことです。ttp://live.baseball.yahoo.co.jp/mlb/game/live/?id=2012042509、MLBライブ中継、http://gyao.yahoo.co.jp/mlb/live/とても、便利な時代に入ったものです。これまで、TV中継でしか視聴できなかったものが、ネットでの生中継が、一球速報と相まって視聴できることは、とてもありがたいことです。

no image
大谷翔平の二刀流、1軍ピッチャーデビューがついに実現。

日本ハムの二刀流、大谷翔平が1軍ピッチャーとしてデビューがついに実現です。これは、多くのファンや、大谷に関心ある観衆からも注目している大きな試合になる一方で、そして初先発登板となる2013年5月23日のヤクルト戦の前売り券の売れ行きは上々のようです。過去に大谷が打順8番で先発し、視聴率はわずか2.6%と「こんなに世間の関心が低いと」と関係者は青ざめているようですが、しかし・・

ヤンキース 田中将大
ヤンキース 田中が2017年メジャー開幕戦で打ち込まれた理由は?

ヤンキース 田中が開幕戦でメッタ打ちに打ち込まれた状況は?   ヤンキ …

no image
メジャーリーグの日本人選手やボクシング日本人世界王者の活躍が凄い!

メジャーリーグの日本人選手やボクシングでは亀田家、山中慎介、長谷川穂積、八重樫東など日本の世界王者の活躍で、日本人同士の統一戦も、また、ゴルフ界でも凄いことになってきています。レンジャーズのダルビッシュ有が、8月14日のアストロズ戦で自己最多の15三振を奪い8回1失点に抑え12勝目を挙げましたが、日本の若いトッププレイヤーが着実に世界でも実績を残しています。

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは、それぞれの考え方一つにもあると思います。イチロー選手も松井選手も、『一流のプロ中のプロ』であることは、疑いもない事実ですね。松井秀喜も、引退しましたが、古巣のニューヨーク・ヤンキースやジャイアンツからも、また、これまで所属した同僚や監督、関係者をはじめ、新聞ではニューヨーク・タイムズにも大きな記事を飾って、大いなる賞賛をもらっていることからも、分かりますね。とにかく、多くの関係者から、大きな賞賛をもらっているわけです。そして、関係者の口から出る言葉は、皆、判で押したように、異口同音、松井は『プロ中のプロ』と、言われているのですね。これは、単に持ち合わせているプロの技術だけでなく、取り組む姿勢や考え方、人柄であったり、若手への手本や教え方であったりするわけです。