生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

マー君V.S.イチロー直接の初対決!2015年6月試合に注目、軍配はどっち?

   

イチローV.S.マー君との直接対決の前日、ロッキーズ戦の7回2死二塁から代打で、中前タイムリーを打って、その後、三盗を決めているだけに、好調をキープしての対決に。メジャー通算500盗塁にあと7。

 

対するマー君の多彩な球種に加え、スライダー、スプリット、フロントドアを投じるかなど、どうイチローに活かされるのか、配球も楽しみなところ。
マリナーズ時代は、レンジャーズのダルビッシュ初対決で4打数3安打、しかも3本目の安打で、ダルビッシュをマウンドから引きずり降ろしましたが、2015年対決では、再現が出来るのか?それとも・・・

右手首の炎症と右前腕の張りでDL(故障者リスト)入りしたヤンキースの田中将大が、6月4日のマリナーズ戦、6月10日のナショナルズ戦も最少の1失点と好投を見せ2連勝して好調さをキープ。

 

復帰後のマー君の三度目の登板を含めて、マー君とイチローとの現在の好調さ、実力はどうなのかも注目ですね!

テキスト表示でのMLBのヤンキース対マーリンズの速報中継 (スポーツナビ・Yahoo)

配球を含めたMLB一球速報

上記では、スコア詳細、一球速報、テキスト速報は、各タブを切り替えると見れます。

田中将大MLB速報のテキスト速報では、試合展開の速度に近い速報が見れるのは。こちら

手動で更新すると、選手の打席の様子、動きが更に早く分かります。↑

 

マー君の今日のピッチングは、制球が定まらず、苦しい試合運び。ストライク先行とはいかず、ボールの先行が目立つ様子。
対するイチローは、何とか食らいついて二打席目も内野安打で、マルチヒット。

再三のピンチを辛うじて脱出しているマー君、ストライク先行に戻せるか、制球を取り戻せるかが今日の鍵になりそうです。
二打席のここまでは、イチローに軍配があがっています。

 - スポーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
イチローは野球界の永世名人?

イチローの3000本安打達成は快挙の一言、メジャーリーガーからすると、あまり内心あまりうれしくないかもしれないが、日本では一律に祝歓迎ムード。

部活・クラブ
部活の指導は根性論から科学的根拠に基づいた指導へ

部活やクラブ活動は本来、好きなスポーツや文化のジャンルで 技術を磨いたり、個人や …

ヤンキース 田中 降板
ヤンキース 田中に一体何が起きているのか?

ヤンキース 田中に一体何が起きているのか?と、 (写真出所:Yahoo、スポニチ …

no image
タイガーウッズのすごさ、超一流とは?

タイガーウッズが超一流と言われている一つには訳があるのですね。誰もが同じ条件でゴルフをしたとしても、プレーに差がついてしまう。出来そうで出来ない、仮にこれまではあったとしても。でもこれからはそうではないですよね。それは・・・

no image
天才バッターイチローも人の子、そして次の

天才バッターイチローも人の子と言えるのではないかと思います。一流のピッチャーが得意とするボールを投げれば、天才バッターと言えども、そう打てるものではないことが証明できる。

no image
甲子園球場のリニューアルの不思議

甲子園球場のリニューアルで、一期工事が済んだとのことですが、問題が浮上しているみたいです。阪神ファンの一人として、全く解せない工事ですね。スポーツ報知によると、第1期リニューアル工事を終えた甲子園で、次々と「NG」が明らかになりました。

no image
プロ野球監督業

楽天の野村監督、チームを徐々に引っ張って、本領を発揮しつつあるように見えます。監督を引き受けた時は、チーム新生に相当な年月がかかると誰もが見ていたと思いますが。毎年最下位からメンバーが成長しつつ、不本意に活躍できなかった選手やその他の戦力も整い、勢いをつけていっているのでしょうか。

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは、それぞれの考え方一つにもあると思います。イチロー選手も松井選手も、『一流のプロ中のプロ』であることは、疑いもない事実ですね。松井秀喜も、引退しましたが、古巣のニューヨーク・ヤンキースやジャイアンツからも、また、これまで所属した同僚や監督、関係者をはじめ、新聞ではニューヨーク・タイムズにも大きな記事を飾って、大いなる賞賛をもらっていることからも、分かりますね。とにかく、多くの関係者から、大きな賞賛をもらっているわけです。そして、関係者の口から出る言葉は、皆、判で押したように、異口同音、松井は『プロ中のプロ』と、言われているのですね。これは、単に持ち合わせているプロの技術だけでなく、取り組む姿勢や考え方、人柄であったり、若手への手本や教え方であったりするわけです。

no image
田中のプロ野球新記録21連勝は更に大リーグ24連勝記録を更新するか?

楽天の田中は西武と8回5安打1失点で今季無傷の17連勝してプロ野球の新記録達成しました。田中は、昨季からの連勝記録は松田(巨人)、稲尾(西鉄)を超えプロ野球新記録となる「21」に伸び、この後もどこまで続くかに関心があるところです。稲尾が記録したのは、当時の三原監督が6回裏から稲尾を投入したものの

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。