生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

大谷の投げて打って走って送球して4拍子揃った逸材に・・

      2014/05/17

大谷の『投げて』、『打って』、『走って』、『レーザービーム送球の強肩とコントロール』の4拍子揃った逸材は『4刀流』じゃーないですか。

さすがのノムさんも大谷の二刀流をついに認めたようですね。
でも、ちゃんと認めたところが偉い! 笑

ダテに監督は張っていませんでした。さすが名監督!

元楽天監督の野村克也氏が、都内で自著「凡人を達人に変える77の心得」の
出版記念講演会を行った際に、以前は、大谷の二刀流はとんでもない、「一刀流だけでも大変なのにプロ野球をなめるなー」だったのが一転して

ONに負けない素質を持っているので、プロ野球の財産としてちゃんと育ててほしいとしたようです。

開幕もそうでしたが、オールスターの球宴でもオールスター後でも何かと結果を残しています。
オールスターの試合でも、ピッチンングだけでなく、バッティング、盗塁、レーザービーム送球と魅了しましたね。

もしやイチローを超える素材ではと、つい思ってしまうほど、と言うか、超える可能性は大きいかもしれません。

とてつもない時間はかかるでしょうけど、バッティングでイチロー超えすればとんでもないことにも。どう育成していくかが大きなポイントです。

その意味では、栗山監督も大谷の素材を見抜いていたとはすごいですが、色々な意見も出ると思いますが、これからが大変かもしれません。

 - スポーツ , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ワールドカップ2014 日本対コートジボワール戦 修正点はココ!

ワールドカップ2014 日本対コートジボワール戦の前半、本田の先制弾丸シュートを …

no image
2015年、プロ野球に続き、米大リーグ開幕。田中将大投手、次回の先発に要注目!

2015年の米大リーグが開幕して、ヤンキースの田中将大投手が開幕投手を務めました …

no image
イチローとWBC

イチロー本人しか分かりませんが、恐らくWBCと打順、ナインを意識していて、微妙にバッティングにズレを起しているのではないかと憶測します。または、三番のイチローを自ら作り出している。

部活・クラブ
部活の指導は根性論から科学的根拠に基づいた指導へ

部活やクラブ活動は本来、好きなスポーツや文化のジャンルで 技術を磨いたり、個人や …

オランダ代表ロッベンは、惚れ惚れするくらい速くて凄いストライカー!

ワールドカップ 2014年のオランダ対スペイン戦で、 前回優勝のスペインに5-1 …

no image
イチローがヤンキースに電撃移籍トレード!

イチローがニューヨーク・ヤンキースに移籍が決定したと、メジャーリーグが伝えています。かなり衝撃的な、電撃ニュースです。代わりに、ヤンキースからは、右投げの25歳のミッチェル投手と同じく25歳のデニー投手がマリナーズに移籍し、プラス金銭トレード。なんと、イチローがヤンキースに移籍します。これまで、イチローのバッティングが低迷しているだけに、ヤンキースで、どれだけのことが出来るのか?環境が変わって、黒田も在籍している、スーパースター軍団のニューヨーク・ヤンキース・・

no image
FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!

FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!がテーマ。もちろん、最終予選が終わってすぐそこにあるコンフェデなので、超えることは難しいわけですが、少なくとも気持ちは、そこに置いて欲しいですね。日本とオーストラリアのワールドカップ最終予選、なんとか本田の奇跡の同点ゴールで引き分けに持ち込みましたが、内容的には攻撃的にも押してはいたものの、決定打が出ないで逆にオーストラリアに決められて、あわやの敗退寸前でしたね。本田が入ることで、

no image
甲子園球場のリニューアルの不思議

甲子園球場のリニューアルで、一期工事が済んだとのことですが、問題が浮上しているみたいです。阪神ファンの一人として、全く解せない工事ですね。スポーツ報知によると、第1期リニューアル工事を終えた甲子園で、次々と「NG」が明らかになりました。

no image
メジャーリーグの日本人選手やボクシング日本人世界王者の活躍が凄い!

メジャーリーグの日本人選手やボクシングでは亀田家、山中慎介、長谷川穂積、八重樫東など日本の世界王者の活躍で、日本人同士の統一戦も、また、ゴルフ界でも凄いことになってきています。レンジャーズのダルビッシュ有が、8月14日のアストロズ戦で自己最多の15三振を奪い8回1失点に抑え12勝目を挙げましたが、日本の若いトッププレイヤーが着実に世界でも実績を残しています。

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは、それぞれの考え方一つにもあると思います。イチロー選手も松井選手も、『一流のプロ中のプロ』であることは、疑いもない事実ですね。松井秀喜も、引退しましたが、古巣のニューヨーク・ヤンキースやジャイアンツからも、また、これまで所属した同僚や監督、関係者をはじめ、新聞ではニューヨーク・タイムズにも大きな記事を飾って、大いなる賞賛をもらっていることからも、分かりますね。とにかく、多くの関係者から、大きな賞賛をもらっているわけです。そして、関係者の口から出る言葉は、皆、判で押したように、異口同音、松井は『プロ中のプロ』と、言われているのですね。これは、単に持ち合わせているプロの技術だけでなく、取り組む姿勢や考え方、人柄であったり、若手への手本や教え方であったりするわけです。