生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

タイガー・ウッズの一瞬の迷い?が思わぬゴルフに。

      2014/05/17

タイガー・ウッズの一瞬の迷いが思わぬゴルフに?

オーガスタ米国男子メジャー「マスターズ」の2日目に、タイガーらしからぬプレーで、『誤所からのプレー』に。

順調に進めていたゴルフに狂いが生じる可能性が出て来ました。最終日をホールアウトしないと分かりませんがタイガー・ウッズが思いもよらぬところでつまづきが出てその後のプレーに
影響を与えることも考えられます。

せっかく順調に進んでいてこのまま正当に進めていけば良かったものの何を考えてか、2ヤード手前でドロップしたことが分かったのです。

2日目の15番ホールパー5で、ウッズの放った3打目はピン方向に一直線に飛び、ピンフラッグに直撃して跳ね返ったボールが池に入りました。

バーディチャンスがボギーに変わりスコアを落とすと、最終18番もボギーで、トータル3アンダー7位タイでホールアウトしました。

しかしですよ、5打目を打つ際にルール上、誤った場所にドロップしたことがテレビ視聴者の指摘で判明したのですね。

Yahoo・GDOによると、ラウンド後のインタビューで、打ち直しのショットについてドロップエリアに行ったが、良い位置ではなかった。

デコボコで、少し湿り泥だらけだったのでドロップするには適していなく、元の場所に戻りました。

でも打った感触から2ヤード下がったとコメントしたのです。それで終了後からテレビの視聴者を中心にウッズの処置の誤りを指摘する意見が噴出して失格処分とする声もあったものの、
競技委員とウッズの協議で、2罰打を加える裁定を下されたのです。

ウッズは今回の裁定を「ハリントン・ルール」と言ったそのルールとは。

ALBA.Netのゴルフによると2011年の「アブダビHSBCゴルフ選手権」2日目パドレイグ・ハリントンがグリーン上でマーカーを置く際にボールにわずかに触れて動いてしまいテレビ視聴者からの通報によって分かったのです。

ディンプル数個分かというミリ単位の動いた距離でもテレビにははっきり映っていて、スコアカード提出後のためハリントンは過少申告により失格。ただ、テレビ中継によく映る有名選手だけが視聴者からの通報で失格になるのは公平性として、「選手自身がルール違反に気付かず、そのままスコアカードを提出しても自動的に失格となることは免れる」という新ルールが「ハリントン・ルール」と言われています。

13日になってウッズがミスを認め、いわゆる誤所からのプレーとして競技委員会が2打罰の処分を決めたようです。

結果、2罰打を加えてトータル1アンダーの19位タイからスタート。この差がこれからのマスターズ最終日のゴルフに悪い影響を与える可能性もあったもののいくらタイガー・ウッズと言えども
挽回するのは至難の業。

3日目はトータル3アンダーの7位タイで、タイガーチャージで追い上げ最終日を迎えることに。
ヘタすれば失格だっただけにこの2打差を埋めれるのか?

また、ピンチをチャンスに変えるのか最終日のゴルフを観てみたいですね。と、最終日を終えて
トータル5アンダーとトップとの差は4打差。

色々な大きな代償を払いましたね。恐らく、ウッズは半ば知っていたと思います。プロ中の一流プロなわけですから。ルールを知らないはずはありません。

甘えや自分がスーパースターだから許されると思っていたと心によぎったり、そうした大丈夫だろうという甘えが心の隅にあったのだと思います。だから、メジャーで優勝は出来なかったのですね。

敗因はそれにつきます。前回、タイガー・ウッズを前出の記事で褒めたばかりなのに。
ちょっとショックですね、そんなタイガー・ウッズを見るとは思いもよらなかったです。

一流プロなら、知っていなければならない必須のルールでもあるし、それが仕事なのだから。

ゴルファーのあこがれであり、目標でもあり、人の上に立つ見本なのだから。

 - スポーツ , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2014 FIFAワールドカップは、ドラマの縮図!

2014 FIFAワールドカップは、観ていてドラマの縮図が当てはまります。 どの …

no image
イチロー選手と青木選手の天才バッターの違い

イチローは自分との戦いしかないように思います。もちろん、イチローは、スランプ脱出を試みていて、早出特打ちをしていますし、他の選手以上の、努力はしているから一層応援したいですよね。多くの観衆もそう見守っているでしょうし。
技術は言うまでもなく、天才バッターの一人でもあるので、自らの克服と気づきで、イチロー独自の調整法でバッティングを探っているのと、スランプの理由は分かっているとのことなので、それをどのようにうまく実戦で克服できるがが鍵になりますね。

no image
マー君V.S.イチロー直接の初対決!2015年6月試合に注目、軍配はどっち?

イチローV.S.マー君との直接対決の前日、ロッキーズ戦の7回2死二塁から代打で、 …

no image
ダルビッシュ、イチロー、青木、黒田、岩隈らの活躍は?【6月版】

2013年6月に入り、岩隈も勝利を重ねていくにつれて評価を上げていますが、レッドソックスの田沢、上原も絶好調で推移しています。今の上原にとって、イチローはもはや目じゃない?タイミングを完全に外してどっちが主役か分からなくなってきています。どうもイチローは浮き足立ったバッティングが目立ち、つまり、何か腰が浮いているような、地に付いていないバッティングの感じがします。難しい球を打つのがイチローの特徴の一つなのですが、打ち頃の球も見逃しているので

no image
2015年、プロ野球に続き、米大リーグ開幕。田中将大投手、次回の先発に要注目!

2015年の米大リーグが開幕して、ヤンキースの田中将大投手が開幕投手を務めました …

no image
大谷の投げて打って走って送球して4拍子揃った逸材に・・

大谷の投げて、打って、走って、レーザービーム送球して、4拍子揃った逸材は4刀流じゃーないですか。ノムさんも大谷の二刀流をついに認めたようですね。そりゃそうですよね、以前記していましたが、さすがのノムさんも認めましたね。考えを翻すところが凄い。大谷は・・

no image
プロ野球監督業

楽天の野村監督、チームを徐々に引っ張って、本領を発揮しつつあるように見えます。監督を引き受けた時は、チーム新生に相当な年月がかかると誰もが見ていたと思いますが。毎年最下位からメンバーが成長しつつ、不本意に活躍できなかった選手やその他の戦力も整い、勢いをつけていっているのでしょうか。

no image
イチローとWBC

イチロー本人しか分かりませんが、恐らくWBCと打順、ナインを意識していて、微妙にバッティングにズレを起しているのではないかと憶測します。または、三番のイチローを自ら作り出している。

no image
松井氏のヤンキース退セレモニーでの存在感は

松井氏のヤンキースの異例の引退セレモニーがありました。ヤンキースでも存在感を改めて感じる一日限りの松井氏の引退セレモニーでしたね。引退を発表する前まで、壮絶な日々の戦いは凄まじいものがあったと思います。その自らの引退後も、こうしてヤンキースのセレモニーに招かれるのは通常では考えられないわけです。ジータークラスではないとそうした特別セレモニーはあり得ません。ヤンキース広報でも前例を把握していないと。引退セレモニーでは、多くのファンも拍手喝采の中・・

no image
WBCとプロ野球、更に次期開催の熱望と期待

星野ジャパンはオリンピック結果として9試合を戦い、4勝5敗と負け越した。監督は試合前、「今までわれわれが子どものころから学んできた野球というものを見せればいい。それは基本に忠実にあり、正々堂々と戦っていくということ」と語っていた。それは、それで間違いではないし、正論でもあるでしょう。