生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

タイガー・ウッズの一瞬の迷い?が思わぬゴルフに。

      2014/05/17

タイガー・ウッズの一瞬の迷いが思わぬゴルフに?

オーガスタ米国男子メジャー「マスターズ」の2日目に、タイガーらしからぬプレーで、『誤所からのプレー』に。

順調に進めていたゴルフに狂いが生じる可能性が出て来ました。最終日をホールアウトしないと分かりませんがタイガー・ウッズが思いもよらぬところでつまづきが出てその後のプレーに
影響を与えることも考えられます。

せっかく順調に進んでいてこのまま正当に進めていけば良かったものの何を考えてか、2ヤード手前でドロップしたことが分かったのです。

2日目の15番ホールパー5で、ウッズの放った3打目はピン方向に一直線に飛び、ピンフラッグに直撃して跳ね返ったボールが池に入りました。

バーディチャンスがボギーに変わりスコアを落とすと、最終18番もボギーで、トータル3アンダー7位タイでホールアウトしました。

しかしですよ、5打目を打つ際にルール上、誤った場所にドロップしたことがテレビ視聴者の指摘で判明したのですね。

Yahoo・GDOによると、ラウンド後のインタビューで、打ち直しのショットについてドロップエリアに行ったが、良い位置ではなかった。

デコボコで、少し湿り泥だらけだったのでドロップするには適していなく、元の場所に戻りました。

でも打った感触から2ヤード下がったとコメントしたのです。それで終了後からテレビの視聴者を中心にウッズの処置の誤りを指摘する意見が噴出して失格処分とする声もあったものの、
競技委員とウッズの協議で、2罰打を加える裁定を下されたのです。

ウッズは今回の裁定を「ハリントン・ルール」と言ったそのルールとは。

ALBA.Netのゴルフによると2011年の「アブダビHSBCゴルフ選手権」2日目パドレイグ・ハリントンがグリーン上でマーカーを置く際にボールにわずかに触れて動いてしまいテレビ視聴者からの通報によって分かったのです。

ディンプル数個分かというミリ単位の動いた距離でもテレビにははっきり映っていて、スコアカード提出後のためハリントンは過少申告により失格。ただ、テレビ中継によく映る有名選手だけが視聴者からの通報で失格になるのは公平性として、「選手自身がルール違反に気付かず、そのままスコアカードを提出しても自動的に失格となることは免れる」という新ルールが「ハリントン・ルール」と言われています。

13日になってウッズがミスを認め、いわゆる誤所からのプレーとして競技委員会が2打罰の処分を決めたようです。

結果、2罰打を加えてトータル1アンダーの19位タイからスタート。この差がこれからのマスターズ最終日のゴルフに悪い影響を与える可能性もあったもののいくらタイガー・ウッズと言えども
挽回するのは至難の業。

3日目はトータル3アンダーの7位タイで、タイガーチャージで追い上げ最終日を迎えることに。
ヘタすれば失格だっただけにこの2打差を埋めれるのか?

また、ピンチをチャンスに変えるのか最終日のゴルフを観てみたいですね。と、最終日を終えて
トータル5アンダーとトップとの差は4打差。

色々な大きな代償を払いましたね。恐らく、ウッズは半ば知っていたと思います。プロ中の一流プロなわけですから。ルールを知らないはずはありません。

甘えや自分がスーパースターだから許されると思っていたと心によぎったり、そうした大丈夫だろうという甘えが心の隅にあったのだと思います。だから、メジャーで優勝は出来なかったのですね。

敗因はそれにつきます。前回、タイガー・ウッズを前出の記事で褒めたばかりなのに。
ちょっとショックですね、そんなタイガー・ウッズを見るとは思いもよらなかったです。

一流プロなら、知っていなければならない必須のルールでもあるし、それが仕事なのだから。

ゴルファーのあこがれであり、目標でもあり、人の上に立つ見本なのだから。

 - スポーツ , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。

部活・クラブ
部活の指導は根性論から科学的根拠に基づいた指導へ

部活やクラブ活動は本来、好きなスポーツや文化のジャンルで 技術を磨いたり、個人や …

オランダ ロッベン
オランダ ファンハール監督の名将采配とロッベン、GKクルルが凄い!

オランダ ファンハール監督の名将采配と ロッベン、GKクルルが凄い!ですが、 ( …

no image
FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!

FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!がテーマ。もちろん、最終予選が終わってすぐそこにあるコンフェデなので、超えることは難しいわけですが、少なくとも気持ちは、そこに置いて欲しいですね。日本とオーストラリアのワールドカップ最終予選、なんとか本田の奇跡の同点ゴールで引き分けに持ち込みましたが、内容的には攻撃的にも押してはいたものの、決定打が出ないで逆にオーストラリアに決められて、あわやの敗退寸前でしたね。本田が入ることで、

no image
天才バッターイチローも人の子、そして次の

天才バッターイチローも人の子と言えるのではないかと思います。一流のピッチャーが得意とするボールを投げれば、天才バッターと言えども、そう打てるものではないことが証明できる。

大谷 日本最速162Km
日本ハム・大谷、日本最速新記録163キロへ!カウントダウン開始!

オールスターゲーム第2戦(甲子園)で、 全パは日本ハム・大谷翔平が先発し、日本最 …

ヤンキース・田中 PRP療法
ヤンキース・田中のじん帯部分断裂 PRP療法とは?治療とリハビリの効果は?

ヤンキース・田中のじん帯部分断裂で、当面は PRP療法を受けて治療とリハビリに …

no image
大谷翔平の二刀流、1軍ピッチャーデビューがついに実現。

日本ハムの二刀流、大谷翔平が1軍ピッチャーとしてデビューがついに実現です。これは、多くのファンや、大谷に関心ある観衆からも注目している大きな試合になる一方で、そして初先発登板となる2013年5月23日のヤクルト戦の前売り券の売れ行きは上々のようです。過去に大谷が打順8番で先発し、視聴率はわずか2.6%と「こんなに世間の関心が低いと」と関係者は青ざめているようですが、しかし・・

マーリンズ・イチローの入団記者会見
イチローの移籍はレギュラーを勝ち取る実績と結果が全て!

イチローが、マーリンズ(ナ・リーグ)移籍の、1年契約で基本合意しましたが、年俸は …

no image
プロ野球もメジャーリーグも開花宣言?

プロ野球もメジャーリーグも開幕しました。海の向こうでは、上原、岩村、両松井、松坂選手が活躍中。イチローもスタンバイ状態になってきましたね。