生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

4Kテレビが映像の世界を根本的に激変させる技術とは?

      2014/05/17

4Kテレビが映像の世界を根本的に激変させる技術とは?としていますが、

誰しも気になる4Kテレビ(4K TV)や、次世代の8K TVの秘める力は近く全ての映像を根本から変えるだろうと思っています。

その4K、8Kテレビは、まさに夢のテレビになる技術と将来性を秘めています。これは、ハイビジョンからフルハイビジョンになった変化の度合いとは違います。

また、3Dに変化した時代とは根本的に違いがあります。理由は・・・?

楽しみが直接、視覚的、直感的に想像以上に楽しめることです。
これまでに観たこともない映像として楽しめるだろうと想像できるのですね。

じゃー、本当にそうなのー?と思われるでしょうからその理由の一つにまずは、下記のナショナル・ジオグラフィックの映像を見ると分かります。

その変化の度合いや影響は、映像全ての範囲にわたり、テレビ業界、映画業界、撮影、映画館はもとよりPC、スマホ、タブレットのiPad、iPhoneやアンドロイド系のタブレット、スマホはもちろん、インターネットの業界などありとあらゆるビデオ撮影やブルーレイ映像についても激変するものと思われます。

余りにも美しすぎる映像ですね。
このvimeoとナショナル・ジオグラフィックの映像を見られると分かりますが(画像が重いので、光インターネット以上オススメ、PCによっては読み込みに少し時間がかかるかも)このチーターの映像でも、投稿者は何度も見返したほどと書き込みしてますが、その通りだと思います。

自分自身でも、あまりにも美しいので再度見返したほどです。なんと、ファントムカメラは、
一秒間に1200フレーム(1200枚)を収める能力を持っています。とんでもない能力を持つ撮影機器です。

普通は、一秒間に映画では24フレーム、テレビでは30フレームの世界です。4Kテレビは、現在のテレビと比べて映像が4倍美しいと言われていて、表示パネルは現在のフルハイビジョンの水平画素(1980画素数)の約2倍、約4000画素数ある高精細テレビなので写真に近い映像となるわけです。

この目で直接、ハイビジョン、フルハイビジョン、そして4Kテレビの映像を実際見て来ました。
ハイビジョンは、既にテレビで観ているとおりですがフルハイビジョンも通常、40V以上のテレビには装備されているのでお持ちの方はご覧のとおりですね。

しかしです、4Kテレビで映し出される例えば髪の毛の映像や肌のキメの細やかさ、映像の綺麗なこと、美しいこと、髪の毛一本一本まで高精細なので綺麗に見れます。

見ると感動もので、引き込まれてじっーと、ついつい観てしまいます。笑

4Kテレビなどの高精細テレビの映像は国も注目していて、4Kテレビを2014年のサッカーW杯ブラジル大会までに実用化の計画も検討など(放送枠では実現していません)

更に上を行くハイビジョンテレビの16倍の解像度を実現する『8Kテレビ』の試験放送を2016年のリオデジャネイロ五輪にあわせてスタートさせる予定みたいで一層驚きです。

まさに、ここまで来るなら、動く写真そのものです。8Kテレビの映像をプリントアウトしても、
写真画像と変わらないくらい綺麗でしょうか。

女優さんの映像が更に綺麗に・・?女優・俳優さんにとって、ちょっとやばくないですか?
と言うか、相当ヤバイですよね。化粧だけでなく、地肌がモロに見えてしまうわけですから。

相当の美肌でないと映像に耐えれなくなってしまいませんか?笑と、冗談半分にしても、映像そのものは天下一品となりますね。

これなら、大画面のテレビやパソコンやタブレットも4Kや8Kテレビに対応した、容量や処理能力も兼ね備えていないといけないわけで、インターネットも光以上のパワーが必須になってきます。

4Kテレビは、これからですが、8Kテレビなど、全ての映像を扱う世界では、インフラが激変することは間違いないでしょう。それだけに、今後の映像の世界はとても楽しみになりますね。

 - 話題 , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
最高の指導者とは、なでしこジャパン監督・佐々木紀夫

最高の指導者の資質や器が垣間見れます。常に、選手を思い、選手が次に向かっていける時に、けなす事ではなく、まずはねぎらう。そうしたことが、選手の意欲をそがれることではなく、選手一人ひとりが、自ら反省と改善につなげ次を狙っていこうという意欲の高まりを作り出していける環境づくりが気持ちの持続と高揚につながっているのだと確信できます。チームを指揮する立場のある指導者、監督、リーダー、上司そして、最高の指導者とは、かくあるべきだと言えます。意欲をそぐ意見や指導ではなく、個々自らが反省と次の改善に向けて取り組む姿勢を作り出す・・

no image
ダビング10解禁か?

ダビング10、著作権の関係で、デジタル放送の録画を一度しかコピーできないシステムでしたが、それがコピーを含めて、10回までダビングができるということになります。

no image
レッドクリフPart1とレッドクリフPart2

レッドクリフ Part1は、予想外の面白さでした。そして、公開されたレッドクリフ Part2は、これからが楽しみです。歴史超大作の、「三国志」を映画して、製作費用100億円を投入して製作されました。「M:I−2」のジョン・ウー監督が総指揮をとり、完成させたのですが、レッドクリフ Part1だけでも、あっという間に観終わり時間があっと言う間に経過しました。

no image
自然エネルギーと新エネルギー・代替エネルギー

自然エネルギーの活かし方が多面的にあります。従来型の水力発電、火力発電に加え、風力発電、太陽光パネルなどのソーラー発電、地熱発電など自然エネルギーや、代替エネルギー、蓄電での対応など様々な電力供給が考えられます。蓄電での対応など様々な電力供給が考えられる中、対策面でも様々。

no image
ソチの浅田真央ちゃんがフリーで蘇った理由とは?

浅田真央ちゃんがソチ・オリンピックで魅せた最高のフリープログラムでの演技は感動を覚えるものでしたね。フィギュアスケート界の選手だけではなく、世界中の多くの人が感動を覚えたシーンでもありました。では、どうしてショートプログラムでミスをして、フリープログラムで蘇ったのかですが、元々、浅田真央ちゃん自身は天性の才能と併せて不屈の努力の賜で生み出された技ですが、あくまでも憶測の範囲内ですが、今まではひよっとして一つの欠点と不運を同時に持ち合わせていたかもしれません。

no image
iPhone5S、iPhone5C、それともiPhone6を選びますか?

アップルのiPhone5S、iPhone5Cが発売(9月20日)になりましたね。特筆する点は大きく2つ。指紋認証と、A7チップによるiPhone5のグラフィック処理のスピードアップですね。現在のA6チップより2倍スピードアップ。その他カメラの機能アップや色の選択肢が増えたましたが、iPhone5のサイズアップや、驚くべき仕様や機能の付加価値はありませんでした。このあたりはiPhoneオーナーからすると不満があるところかもしれません。恐らく、iPhone6からの変化は劇的に大きくなるのかもしれませんが、と言うより、期待したいところです。その間のライバルとのシェア争いの縮小には繋がらないかもしれません。GALAXY S4がいいのは、

no image
なでしこジャパン女子ワールドカップ(W杯)優勝は力を与える!

なでしこジャパン女子ワールドカップ(W杯)優勝おめでとう!W杯決勝の戦いは壮絶でした。これまでの戦いもすさまじいものがありましたが、W杯の決勝は更に輪をかけての戦いで、結果は大金星です。前半はアメリカの怒涛のシュートで、日本のゴールを脅かし、さすがに世界ランク一位だけの実力は、まざまざと見せ付けられました。さすがアメリカです。シュートミスが続き、ゴールにはならなかったものの、冷や汗の続く、固唾を呑む展開でした。

no image
イチローオリジナルTシャツ『カツサンドTシャツ』の意味は?

イチローオリジナルTシャツ『カツサンドTシャツ』の意味は?イチローの着ているTシャツが、手書き風書体で「カツサンドないの?」えっー。なにーどういう意味?なのーですよね。デイリースポーツによると昨年、イチローの知人らが訪れた東京のコーヒー専門店で、ともにイチローのファンでもある知人の一人がメニューにない「カツサンド」を巡って店のマスターと口論となって・・

no image
2013侍ジャパンの活躍の評価は?

2013侍ジャパンの活躍の評価は?ですが、先に結論として、現役メジャーリーガーが不在の中、一方、他国のチームはメジャーリーガーがひしめく中で本当に2013侍ジャパンはよくやりました。心から拍手を送りたいと思います。2013侍ジャパンがスタートし、日本の各チームとの練習試合が始まった頃の成果はひどいものでした。ある意味、時期が時期だけに、早期に準備していたと言うものの、この時期のスタートは、なかなかエンジンがかからないものだとも思います。投打に不調があったとしても決して不思議ではないわけですね。

no image
大富豪が76億円で購入した不動産とは?

話題、出来事、発見などを含め日々の気づきや感じることをテーマに。では、ロンドンのロイターから。
英国でこれまで販売された不動産の中で最も高額となった新築物件の写真が、当地で公開されました。