生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

日本ハム・大谷、日本最速新記録163キロへ!カウントダウン開始!

   

オールスターゲーム第2戦(甲子園)で、
全パは日本ハム・大谷翔平が先発し、日本最速の162キロを記録しました。
(写真出所:Yahoo、サンケイスポーツ)

 

1回、全セの1番、阪神の鳥谷への初球に161キロの自己最速を記録。
2球目にはクルーンに並ぶ162キロを日本記録に並びます。

 

その後も160キロ台をマークし、
5番の阿部への1球目にも162キロの最速投球をしました。

 

大谷翔平は、前半戦をパ・リーグ2位の
9勝1敗で折り返すことになりますが、

 

オールスターゲーム終了後、リーグ後半戦のどこかで、
このままの勢いだと、

 

日本最速新記録163キロをマークするのも
時間の問題だと思われます。

 

昨年からの進化のスピード加速がついている感じです。
そして、二刀流も進化を見せています。

 

レンジャーズのダルビッシュが日本ハム時代の2年目、
2006年に挙げた12勝以上

 

怪我と体調を崩さない限り、
このままのペースで行けば軽々と記録を更新しそうな勢いです。

 

20歳で、二刀流を試しながらこの実力。

 

ピッチャーに専念するだけなら、
どんだけ伸びしろになるのかと
楽しみになるくらいに伸び盛りを見せつけています。

 

当初はピッチャーとして、
勝ち上がるには数年かかると言われていましたが、

 

それは今や昔の今昔物語!
予想を覆す展開になってきています。

 

はたから見ていても、二刀流が先行して
実力がどう伴っていくのかと思っていましたが、
実績の数値を残し始めているから、

 

周りも実力を認めるしかありません。
栗山監督は本来あまり褒めたくないのですが
数値を残してきているので、

 

心の中では褒めざるを得ないのが本音でしょうか。

 

日本プロ野球にとっても、本人にとっても、
とても将来が楽しみになりそうですね。
そして、メジャーにとっても?

 

これで、メジャーのバッターとしても打率を残し、
ピッチャーと同じくらい力をつけていくなら、
とんでもないことになりそうです。

 

しかしですよ、今、高校野球では、

盛岡大付属の三年生、松本裕樹投手が

7月18日、9回11奪三振の快投しましたが、

 

プロ野球のスカウトが絶賛していて、

高校野球時代の大谷より上とも言われている

逸材が後に控えています。

 

一体どんなことになっていくのか、
今年のドラフト以降も色々と楽しみになりそうです。

 - スポーツ ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
タイガーウッズのすごさ、超一流とは?

タイガーウッズが超一流と言われている一つには訳があるのですね。誰もが同じ条件でゴルフをしたとしても、プレーに差がついてしまう。出来そうで出来ない、仮にこれまではあったとしても。でもこれからはそうではないですよね。それは・・・

no image
mlb ダルビッシュ、イチロー、黒田、岩隈らの活躍は?【5月版】

mlb ダルビッシュ、イチロー、黒田、岩隈らの活躍は?【5月】気になる日本人(MLB)メジャーリーガーが多数活躍する2013年メジャーリーグ・MLBライブ中継時系列として、最新の日本人メジャーリーガーの記事を日付順に記載。5月1日の日本人MLBは、いきなり、ヤンキースの黒田とイチローの先発で観れ、しかも同日、レンジャーズのダルビッシュの試合も同時並行とは、贅沢な試合展開・・

no image
イチローのヤンキース以外の球団選択肢は全然アリ!!⇒ヤンキースと2年契約へ!!

イチローのヤンキース以外の球団選択肢はアリ!!」と、結論から言うところです。えっ、と思われるかもしれませんね。でもね、現状を鑑みると、絶対そのほうが、イチローにとってもいいことのように思います。それは、2つの理由からです。まず一つ目、現在、米大リーグの関係者が一堂に集まる、ウインターミーティングが開幕して、ヤンキースからフリーエージェント(FA)になったイチローとの再契約について、ヤンキース内で意見が分かれている様子で・・

前半戦のヤンキース 田中将大
田中将大投手がリハビリを始めて、復帰を目指せる理由は!

田中投手はインディアンス戦後に右肘の痛みを訴え、 (写真出所:日経新聞) 磁気共 …

no image
タイガーウッズ、マスターズに復帰する前のナイキCM

タイガーウッズ、マスターズに復帰する前のナイキCMのインパクトは静かながら、しっかりしたタイガーウッズの復帰CMですね、

no image
タイガー・ウッズが世界ランキング1位に復帰した理由とは?

タイガー・ウッズが世界ランキング一位と、遂に復帰を遂げました。米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」の最終日、単独首位でスタートしたタイガー・ウッズが今季3勝目を獲得しました。ツアー通算77勝目で、サム・スニードに並ぶ同一大会通算8勝。2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位は、タイガー・ウッズにとっても長かったと思います。ローリー・マキロイを抜いて約2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位の座に再びついたのです。このまま、あのスキャンダル以降、一体どうなるのかと、ずっと思っていた人も多かったのではないかと思います。さすがに、超一流は違うものです。じゃー、あのどん底の成績で低迷していたところから、なぜ、世界ランキング一1位に復帰できたのか?です。

ワールドカップ2014 日本対コートジボワール戦 修正点はココ!

ワールドカップ2014 日本対コートジボワール戦の前半、本田の先制弾丸シュートを …

no image
FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!

FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!がテーマ。もちろん、最終予選が終わってすぐそこにあるコンフェデなので、超えることは難しいわけですが、少なくとも気持ちは、そこに置いて欲しいですね。日本とオーストラリアのワールドカップ最終予選、なんとか本田の奇跡の同点ゴールで引き分けに持ち込みましたが、内容的には攻撃的にも押してはいたものの、決定打が出ないで逆にオーストラリアに決められて、あわやの敗退寸前でしたね。本田が入ることで、

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは、それぞれの考え方一つにもあると思います。イチロー選手も松井選手も、『一流のプロ中のプロ』であることは、疑いもない事実ですね。松井秀喜も、引退しましたが、古巣のニューヨーク・ヤンキースやジャイアンツからも、また、これまで所属した同僚や監督、関係者をはじめ、新聞ではニューヨーク・タイムズにも大きな記事を飾って、大いなる賞賛をもらっていることからも、分かりますね。とにかく、多くの関係者から、大きな賞賛をもらっているわけです。そして、関係者の口から出る言葉は、皆、判で押したように、異口同音、松井は『プロ中のプロ』と、言われているのですね。これは、単に持ち合わせているプロの技術だけでなく、取り組む姿勢や考え方、人柄であったり、若手への手本や教え方であったりするわけです。

ワールドカップ2014 日本対コロンビア戦-追加必須修正点はコレ!

前回のコートジボワール戦で指摘していました修正点はギリシャ戦で活かせたと思います …