生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

天才バッターイチローも人の子、そして次の

      2014/05/17

天才バッターイチローも人の子と言えるのではないかと思います。

一流のピッチャーが得意とするボールを投げれば、天才バッターと言えども、そう打てるものではないことが証明できる。

今日のエンゼルスのラッキー投手のピッチングがイチローの天才でも、そうやすやすと打てるものではないことを証明しています。

早く追い込まれて、最後は得意とする落差のあるカープ攻め。しかも、ボールとも言えそうなカープ。完全に捨て球を打っている。

落差は大きいものの、全く手が出なくて、打つのがやっと。

バッターの弱いつぼに来たら、全く打てないことが、全天候性のイチローですら分かります。
このピッチャーの攻略は、追い込まれて打つのではなく、カーブが来る前に打つことが必要になります。

早く追い込んでくるピッチャーには、早く対応してバッティングチャンスを自ら作っていくことが攻略だ。

ラッキーは、ちゃんと攻略方法をイチローより考えている。当然、エンゼルスのピッチャーはイチロー攻略を知って全力で当たってくる。

メジャーリーガーのプライドも当然、加速することをイチローは、まだ表面的な面しか知らない。全力でぶっかってくる。

イチローはその攻略法の前にいるので、打てない。そんな対戦図でした。

棒球でもヒットするわけですから、対応も早めにすること。これがキーワードになります。

目の前の連続200安打に向けてGo!応援しています。

そして、ついに9年連続200本安打達成。おめでとうございます。

ただ、イチローにとってはこれも通過点。なぜなら、ピートローズ氏をはじめ、
大リーグには、数々の記録があります。

密かにピート・ローズ氏の記録へ黙々と積み重ねていく秘めた闘志がイメージとして保管されているはずです。

そのまた上を目指して。イチローが達成しなければならないことが一つあるとするならば
変化の鋭いカープ打ちをどう処理していくか、打つ見極めを選択していかないといけない技術
イチローを持ってきてもなかなか難しい技術なのかもしれません。

この技術に対応できるとするならば、それは天才を超えて科学で例えるとするならば
アインシュタインの領域になります。

先日のあのラッキーのカーブの変化の鋭さにも対応することをはじめ、その対応を適切にこなすことができた時にはそのたどり着けなかった領域に入ることができると言えます。

バッティングでは、4割近いアベレージが残せる領域。

イチローは鋭く変化する、すれすれのボールにあえて手を出して失敗するケースが目立つのは失敗しない走塁ケースの確率を狙っていることも一因にあります。

打率稼ぎではなく、一歩でも前に塁に出るヒットケースを想定し優先させています。

いまだ見てない未踏の領域に踏み込めた時には、次の新たな進化が遂げられる、そうした野球人未踏のテーマに踏み込もうとしているのかもしれません。

 - スポーツ , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
イチローは野球界の永世名人?

イチローの3000本安打達成は快挙の一言、メジャーリーガーからすると、あまり内心あまりうれしくないかもしれないが、日本では一律に祝歓迎ムード。

no image
タイガー・ウッズが世界ランキング1位に復帰した理由とは?

タイガー・ウッズが世界ランキング一位と、遂に復帰を遂げました。米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」の最終日、単独首位でスタートしたタイガー・ウッズが今季3勝目を獲得しました。ツアー通算77勝目で、サム・スニードに並ぶ同一大会通算8勝。2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位は、タイガー・ウッズにとっても長かったと思います。ローリー・マキロイを抜いて約2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位の座に再びついたのです。このまま、あのスキャンダル以降、一体どうなるのかと、ずっと思っていた人も多かったのではないかと思います。さすがに、超一流は違うものです。じゃー、あのどん底の成績で低迷していたところから、なぜ、世界ランキング一1位に復帰できたのか?です。

no image
サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは?

サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは? 一体どういうこと? と、なるかもしれません。試合にフル出場した日本代表のMF本田圭佑のコメントがとても興味深い。これにより、親善試合、サッカーの結果ひとつに対して、見方や捉え方、また実践した実情を知っている、知らないことにより180度違う、まったく真逆の考え方になってしまうのです。実情を知らないと結構、このあたりは怖いところでもあり・・

部活・クラブ
部活の指導は根性論から科学的根拠に基づいた指導へ

部活やクラブ活動は本来、好きなスポーツや文化のジャンルで 技術を磨いたり、個人や …

no image
マー君V.S.イチロー直接の初対決!2015年6月試合に注目、軍配はどっち?

イチローV.S.マー君との直接対決の前日、ロッキーズ戦の7回2死二塁から代打で、 …

ワールドカップ 2014年の勝者と敗者を分けるポイントは?

ワールドカップ 2014年が始まり、強豪がひしめく各グループでは、日本はもちろん …

ネイマール 腰椎骨折
ネイマール 腰椎骨折の症状と治療、治る期間は?

2014年ワールドカップに出場している ブラジルのネイマールは、 コロンビア代表 …

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。

no image
イチローとWBC

イチロー本人しか分かりませんが、恐らくWBCと打順、ナインを意識していて、微妙にバッティングにズレを起しているのではないかと憶測します。または、三番のイチローを自ら作り出している。

阪神-広島戦の本塁打の誤審
広島の誤審・CS進出に対して提案!・広島CS進出追加・計4チームで戦う!

  広島のクライマックスシリーズ(CS)進出を特例で追加することも可能 …