生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

天才バッターイチローも人の子、そして次の

      2014/05/17

天才バッターイチローも人の子と言えるのではないかと思います。

一流のピッチャーが得意とするボールを投げれば、天才バッターと言えども、そう打てるものではないことが証明できる。

今日のエンゼルスのラッキー投手のピッチングがイチローの天才でも、そうやすやすと打てるものではないことを証明しています。

早く追い込まれて、最後は得意とする落差のあるカープ攻め。しかも、ボールとも言えそうなカープ。完全に捨て球を打っている。

落差は大きいものの、全く手が出なくて、打つのがやっと。

バッターの弱いつぼに来たら、全く打てないことが、全天候性のイチローですら分かります。
このピッチャーの攻略は、追い込まれて打つのではなく、カーブが来る前に打つことが必要になります。

早く追い込んでくるピッチャーには、早く対応してバッティングチャンスを自ら作っていくことが攻略だ。

ラッキーは、ちゃんと攻略方法をイチローより考えている。当然、エンゼルスのピッチャーはイチロー攻略を知って全力で当たってくる。

メジャーリーガーのプライドも当然、加速することをイチローは、まだ表面的な面しか知らない。全力でぶっかってくる。

イチローはその攻略法の前にいるので、打てない。そんな対戦図でした。

棒球でもヒットするわけですから、対応も早めにすること。これがキーワードになります。

目の前の連続200安打に向けてGo!応援しています。

そして、ついに9年連続200本安打達成。おめでとうございます。

ただ、イチローにとってはこれも通過点。なぜなら、ピートローズ氏をはじめ、
大リーグには、数々の記録があります。

密かにピート・ローズ氏の記録へ黙々と積み重ねていく秘めた闘志がイメージとして保管されているはずです。

そのまた上を目指して。イチローが達成しなければならないことが一つあるとするならば
変化の鋭いカープ打ちをどう処理していくか、打つ見極めを選択していかないといけない技術
イチローを持ってきてもなかなか難しい技術なのかもしれません。

この技術に対応できるとするならば、それは天才を超えて科学で例えるとするならば
アインシュタインの領域になります。

先日のあのラッキーのカーブの変化の鋭さにも対応することをはじめ、その対応を適切にこなすことができた時にはそのたどり着けなかった領域に入ることができると言えます。

バッティングでは、4割近いアベレージが残せる領域。

イチローは鋭く変化する、すれすれのボールにあえて手を出して失敗するケースが目立つのは失敗しない走塁ケースの確率を狙っていることも一因にあります。

打率稼ぎではなく、一歩でも前に塁に出るヒットケースを想定し優先させています。

いまだ見てない未踏の領域に踏み込めた時には、次の新たな進化が遂げられる、そうした野球人未踏のテーマに踏み込もうとしているのかもしれません。

 - スポーツ , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ワールドカップ2014 日本対コートジボワール戦 修正点はココ!

ワールドカップ2014 日本対コートジボワール戦の前半、本田の先制弾丸シュートを …

no image
イチローの絶好調と絶不調の理由とは?パート2

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?パート2になります。昨日のイチローの絶好調さの理由考えられてみましたか?ちょっとは考えてみられましたね。では、昨日の答えを、順に紐解いていきますね。あっ、ただしですよ、あくまで、私見なので、もちろん、100%正解とは断言しませんが恐らく、正解だと思っていたりします。笑色々、答えがあってもいいじゃないですか。早速いきます。最初の伏線です。2012年9月22日の日本時間にヤンキースタジアムで行われた試合のヤンキース対アスレチックス戦は白熱戦で、2対1と・・

ヤンキース 田中 故障者リスト
ヤンキース・田中 右肘靭帯の部分断裂、症状や理由、治療・手術は?

右肘の炎症で故障者リスト(DL)入りしている ヤンキース・田中将大投手は、 (写 …

no image
WBCとプロ野球、更に次期開催の熱望と期待

星野ジャパンはオリンピック結果として9試合を戦い、4勝5敗と負け越した。監督は試合前、「今までわれわれが子どものころから学んできた野球というものを見せればいい。それは基本に忠実にあり、正々堂々と戦っていくということ」と語っていた。それは、それで間違いではないし、正論でもあるでしょう。

ヤンキース・田中 PRP療法
ヤンキース・田中のじん帯部分断裂 PRP療法とは?治療とリハビリの効果は?

ヤンキース・田中のじん帯部分断裂で、当面は PRP療法を受けて治療とリハビリに …

no image
松井引退の本当の理由は?ビフォー・アフター

松井の引退の本当の理由は実はそうだったのですね。知らなかった。まだ、やれると思っていましたが、これで、理由が分かってきました。2006年、松井が膝をかばうスライディングキャッチしましたね。この肘を損傷したプレーがきっかけでで加速したようにも思っていました。↓松井のスライディングキャッチ。ある程度は、筋トレしていたり筋トレのやり方だけなのかと思っていたのですね。どうして、シーズンを通して、キャンプや自主トレを含めて十分な筋トレをしていかないのか?このあたりが、ずっと疑問で、知りたいところでした。Business Mediaが伝えたところによると実際のところ、松井の膝の傷や故障にあったようです。ジャイアンツ時代に、古傷であった左ひざをかばうため、・・

no image
サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは?

サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは? 一体どういうこと? と、なるかもしれません。試合にフル出場した日本代表のMF本田圭佑のコメントがとても興味深い。これにより、親善試合、サッカーの結果ひとつに対して、見方や捉え方、また実践した実情を知っている、知らないことにより180度違う、まったく真逆の考え方になってしまうのです。実情を知らないと結構、このあたりは怖いところでもあり・・

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは、それぞれの考え方一つにもあると思います。イチロー選手も松井選手も、『一流のプロ中のプロ』であることは、疑いもない事実ですね。松井秀喜も、引退しましたが、古巣のニューヨーク・ヤンキースやジャイアンツからも、また、これまで所属した同僚や監督、関係者をはじめ、新聞ではニューヨーク・タイムズにも大きな記事を飾って、大いなる賞賛をもらっていることからも、分かりますね。とにかく、多くの関係者から、大きな賞賛をもらっているわけです。そして、関係者の口から出る言葉は、皆、判で押したように、異口同音、松井は『プロ中のプロ』と、言われているのですね。これは、単に持ち合わせているプロの技術だけでなく、取り組む姿勢や考え方、人柄であったり、若手への手本や教え方であったりするわけです。

no image
イチローのすごさ

ご存知のとおりイチローは数々の記録を塗り替えています。
とりわけ、その中でも15年連続3割打率が超すごい。過去の超一流の名選手を見てもイチローのこの記録に並ぶ選手は皆無。あの、王選手、長嶋選手、打撃の職人張本選でも。

no image
イチローの絶好調と絶不調の理由とは?

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?と、いった大げさなタイトルですが、でも、イチローは今、絶好調!米大リーグが、ア・リーグはヤンキースのイチロー選手を週間MVPに選考しましたね。2年ぶり、4度目の受賞です。38歳にして、6試合で25打数15安打の打率6割、2本塁打、5打点、7得点、6盗塁ですから文句の付けようもないどころか、一瞬、進化したのでは?と、思ってしまうほどです。笑。いゃ、実際、ヤンキースで進化したのかも。半分冗談で、半分本気です。ただ、イチローに何かが起きていることは事実です。それは・・