生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

ミツバチの減少は携帯電話にも要因が。

      2014/05/17

ミツバチの減少は携帯電話にも要因があるとのAFPBB Newsの報道がありますが、人間には一見無害でも、昆虫には有害電波に変わる環境が存在するかもしれません。

AFPBB Newsによると、インド南部で行われた携帯電話の基地局との関係や携帯電話の実験から、ミツバチが激減した一因として、携帯電話会社がインド南部に設置した基地局が原因であるとの見解を出しています。

ミツバチ自ら飛んでいる方向感覚がつかめず、巣箱に戻れない現象ばかりか、巣箱の近くに携帯電話を置いておくと、そのあたりの巣箱のミツバチは全滅してしまうという、恐ろしい結果を招いているようです。

モスキート音も若者にとって感じる音波波長があるように、昆虫にとっても音波ではないものの電磁波・電波がミツバチに影響を多大に与えているようです。

そうした、携帯電話の基地局や携帯電話が普及すればするほど、ミツバチの減少が続き、やがて絶滅に至るのではと考えられています。

恐らく、ミツバチだけではなく、人と共生する昆虫を初め、多くの生き物に影響を与える要因があるのではないかと思います。

国は、いち早くその要因を探るべく、プロジェクトを立ち上げて、一層の解明につなげて欲しいですね。

 - ニュース , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
住宅ローンと住宅着工件数

読売新聞によると、今年の新設住宅着工戸数が1967年以来、40年ぶりに110万戸を割り込むことが確実になりました。
11月の新設住宅着工戸数は前年同月比27%減の8万4252戸と5か月連続で減少して、1月からの累計は97万3527戸、改正建築基準法が施行された後、建築確認の改正で住宅着工の遅れが長期化して、景気への悪影響が来年も続くのは必至の様子です。

no image
地震対策と一刻も早い救出を!

大地震が中国南西部で発生、大規模な被害も。
国営メディアによると、四川省を震源とするマグニチュード7.8の地震により、同省では大規模な被害が拡がっている模様。

no image
ミツバチ減少と蜜蜂解明を急げ

ミツバチ減少が世界的に起こっていますが
先日、テレビで観ていたらダニ、ストレスもミツバチの減少につながっているようです。世界同時にミツバチの減少が起きているのでその要因に加えて世界的に起きている要因を拾って、見つけなければなりません。例えば、異常気象、大気上にこれまで無かった物質との遭遇。

no image
森田健作さんの「オレは男だ!」と千葉県知事

森田健作と言えば「オレは男だ!」がイメージされます。
森田健作さんが千葉知事選挙で当選しました。森田健作さんは今も変わらず、千葉の若大将的存在になりましたね。竹刀を振り、「吉川君」と、今にも飛び出してきそうですね。

no image
歴史上、稀に見る大統領予備選

オバマ候補VSクリントン候補の壮絶な民主党の予備選が行われていますが、6日、2州で行われ、歴史上、稀に見る大統領予備選となっています。

no image
WBCとイチロー選手の不振

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)での侍ジャパンは韓国との短期決戦で、再度敗れましたね。韓国のチームは監督を含め、前回から更にパワーアップしている、そんな感じがしました。監督の采配、作戦と選手の意気込みは、前回以上にレベルアップしています。

no image
オバマ アメリカ新大統領の就任

オバマ アメリカ新大統領の就任演説は、後世に語り継がれることになると思います。今の経済情勢、仕事などの雇用創出を含め、数多くの問題に対して克服することができれば、アメリカ史上、かつてないほど称えられる大統領の一人になるでしょう。

no image
派遣村と規律と労働意欲

派遣村と規律と労働意欲

no image
電気自動車(EV)の充電性能・走行距離も超加速。

電気自動車(EV)の充電性能・走行距離も加速してきて、電気自動車(EV)の量産化も時間の問題になってきましたね。一回の充電で351Kmの走行ができるようなりました。これは、慶応大学教授らが設立したベンチャー企業「シムドライブ」が製作した自動車「シムウィル」と「シム・セル」が公開されました。しかも、中級スポーツカー並みの加速性能があって完全に一般の普通車と同じ性能になってきましたね。

no image
自動車が30万円の低価格車、タタ?

国内で自動車が売れなくなってきているようです。
前年比6%以上減という大幅減を記録し、かつ3年連続の販売減少とのこと。その中でも国内販売の低迷を打破するのではと、つい想像してしまいそうな低価格車、価格はなんと、