WBCとイチロー選手の不振

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)での侍ジャパンは韓国との短期決戦で、再度敗れましたね。韓国のチームは監督を含め、前回から更に作戦もパワーアップしている、そんな感じがしました。

監督の采配、作戦と選手の意気込みは、前回以上にレベルアップしています。

例えば、一番の起用を、不動の一番を外して当たっている選手の起用。ねばり強い打撃、一方、侍ジャパンでは、なかなかイチロー選手は打撃不振でも外せない。
ここに起用の差が出ているのが一つあります。

イチロー選手の起用は、ここまで不振が続いているので、前半で打撃不振が続けば、好調な選手に代える采配があってもいいのではないかと思います。

世界のイチローであってでもです。松坂選手についても同じことが言えますが、結果を残しましたね。

イチローに頑張ってもらいたいのは、日本のファン全部がそう思っているでしょうし、こう、記している本人もイチローの立ち直りを希望しているのですが。頑張れイチロー!と。

体勢を崩されて、当てに行っているバッティングをしています。稲場選手や川崎選手をもっと起用することも必要ではないですか。

ただ、短期決戦であるので、調子のいい選手を前面に持っていかないと、WBCでは戦えないと思います。

こまめな野球をする、例えば高校野球も逆手本になります。

前半で、走者が出たところで、その日の相手投手と打線の流れをくみ取り、長打が難しいと思えば、切り替えて、送りで走者をシュアに帰す単打バッティング、短くバットを持って安打に心がけることが、得点にからむことになります。

どの選手も4番バッターとして通用するがだけに、長打を期待する、面子を立てることになると、今の韓国チームには勝てないでしょうか。

気迫だけでなく、柔軟性と大胆かつ緻密な作戦、選手起用、フライを打たない安打打撃、高校野球式先制点の取り方など、いろいやりかたはあると思います。

細かな野球をしていかないと、再度韓国チームと当たったときは、同じ轍を踏むことになるでしょうか。原監督の采配と選手起用が、大きな鍵になりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。