生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

WBCとイチロー選手の不振

      2014/05/18

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)での侍ジャパンは韓国との短期決戦で、再度敗れましたね。韓国のチームは監督を含め、前回から更に作戦もパワーアップしている、そんな感じがしました。

監督の采配、作戦と選手の意気込みは、前回以上にレベルアップしています。

例えば、一番の起用を、不動の一番を外して当たっている選手の起用。ねばり強い打撃、一方、侍ジャパンでは、なかなかイチロー選手は打撃不振でも外せない。
ここに起用の差が出ているのが一つあります。

イチロー選手の起用は、ここまで不振が続いているので、前半で打撃不振が続けば、好調な選手に代える采配があってもいいのではないかと思います。

世界のイチローであってでもです。松坂選手についても同じことが言えますが、結果を残しましたね。

イチローに頑張ってもらいたいのは、日本のファン全部がそう思っているでしょうし、こう、記している本人もイチローの立ち直りを希望しているのですが。頑張れイチロー!と。

体勢を崩されて、当てに行っているバッティングをしています。稲場選手や川崎選手をもっと起用することも必要ではないですか。

ただ、短期決戦であるので、調子のいい選手を前面に持っていかないと、WBCでは戦えないと思います。

こまめな野球をする、例えば高校野球も逆手本になります。

前半で、走者が出たところで、その日の相手投手と打線の流れをくみ取り、長打が難しいと思えば、切り替えて、送りで走者をシュアに帰す単打バッティング、短くバットを持って安打に心がけることが、得点にからむことになります。

どの選手も4番バッターとして通用するがだけに、長打を期待する、面子を立てることになると、今の韓国チームには勝てないでしょうか。

気迫だけでなく、柔軟性と大胆かつ緻密な作戦、選手起用、フライを打たない安打打撃、高校野球式先制点の取り方など、いろいやりかたはあると思います。

細かな野球をしていかないと、再度韓国チームと当たったときは、同じ轍を踏むことになるでしょうか。原監督の采配と選手起用が、大きな鍵になりそうですね。

 - ニュース , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
スーザンボイルと2016年オリンピックと楽天

スーザンボイルと2016年オリンピックと楽天と、一見バラバラですが、ある人から見ると悲喜こもごも。スーザン・ボイルさん、2016年リオデジャネイロ、楽天と全てに喜ばしく共通することがあります。それは・・・

no image
iPhone(アイフォーン)3Gが0円、新展開へ

iPhone(アイフォーン)3Gが実質0円、新たな展開。ソフトバンクモバイルが、アメリカのアップルの携帯電話、iPhone(アイフォーン)3Gの本体価格を実質大幅に割り引く販売促進のキャンペーンを実施すると発表しています。

no image
森田健作さんの「オレは男だ!」と千葉県知事

森田健作と言えば「オレは男だ!」がイメージされます。
森田健作さんが千葉知事選挙で当選しました。森田健作さんは今も変わらず、千葉の若大将的存在になりましたね。竹刀を振り、「吉川君」と、今にも飛び出してきそうですね。

no image
WBC侍ジャパン、祝優勝

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)侍ジャパン、底力を見せましたね。
最後の最後まで、目を離せないWBC決勝になりました。イチロー選手で始まり、イチロー選手で終わった、そんなWBCの決勝戦でした。

no image
派遣村と規律と労働意欲

派遣村と規律と労働意欲

no image
オバマ アメリカ新大統領の就任

オバマ アメリカ新大統領の就任演説は、後世に語り継がれることになると思います。今の経済情勢、仕事などの雇用創出を含め、数多くの問題に対して克服することができれば、アメリカ史上、かつてないほど称えられる大統領の一人になるでしょう。

no image
ミツバチの減少は携帯電話にも要因が。

ミツバチの減少は携帯電話にも要因があるとの報道がありますが、人間には一見無害でも、昆虫には有害電波に変わる環境が存在するかもしれません。

no image
自動車が30万円の低価格車、タタ?

国内で自動車が売れなくなってきているようです。
前年比6%以上減という大幅減を記録し、かつ3年連続の販売減少とのこと。その中でも国内販売の低迷を打破するのではと、つい想像してしまいそうな低価格車、価格はなんと、

no image
住宅ローンと住宅着工件数

読売新聞によると、今年の新設住宅着工戸数が1967年以来、40年ぶりに110万戸を割り込むことが確実になりました。
11月の新設住宅着工戸数は前年同月比27%減の8万4252戸と5か月連続で減少して、1月からの累計は97万3527戸、改正建築基準法が施行された後、建築確認の改正で住宅着工の遅れが長期化して、景気への悪影響が来年も続くのは必至の様子です。

no image
英会話や英語をマスターするのは楽しみの一つ

英会話に限らず、英語をマスターしたいと思うのは、昔も今も同じ、どう英語や英会話をマスターすればいいのか。そうした中で・・