オバマ アメリカ新大統領の就任

オバマ アメリカ新大統領の就任演説は、後世に語り継がれることになると思います。

それは、過去から現在の今にいたるまで、経済を含め全ての条件が満たされない最悪の状態で、アメリカ第44代大統領に就任しました。

今の経済情勢、仕事などの雇用創出を含め、数多くの問題に対して克服することができれば、アメリカ史上、かつてないほど称えられる大統領の一人になるでしょう。

これからが、想像を絶する旅になることは間違いありません。

ノーベル文学賞を受賞した、大江健三郎さんも、この金融危機の状況の中で、一人ひとりが自立した精神を持つことが大切とも言われています。

オバマ大統領も、国民一人ひとりの責任を担うことが大切だと。

故ケネディ前米国大統領は、国に全てを頼るのではなく、みんなもそれぞれ何ができるのかを問うことが大切であるという台詞は有名ですね。

過去の英語の教科書にも、その故ケネディ大統領の演説が出てきたことを思い出します。

こうした精神は、仕事を失っている求職する人も、そうした認識が必要とされます。

どんな、環境であれ、どんな経済状況でも生きる力を持つこと、それだけ政府の役割もそれだけ大きくなりますが。仕事がないから、全てを政治や企業のせいにすることではなく、

人によって様々ですが、行動していく中で状況によっては、まずある仕事を探してそこで生活を始めることも本位でないかもしれませんが、生活の基盤を作る上で必要に。

待った無く最優先にとるとにもなるかもしれません。

今後の不測の事態を避けるためにも自分を大切にしながら、生活を堅実にしていく。
そうした、今や目先のことも一方で考えて行動や実行する大切さが問われているように思えます。

何もしないと始まらない、前途多難に向かって解決すべく共に始めようと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。