生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

オバマ アメリカ新大統領の就任

      2014/05/18

オバマ アメリカ新大統領の就任演説は、後世に語り継がれることになると思います。

それは、過去から現在の今にいたるまで、経済を含め全ての条件が満たされない最悪の状態で、アメリカ第44代大統領に就任しました。

今の経済情勢、仕事などの雇用創出を含め、数多くの問題に対して克服することができれば、アメリカ史上、かつてないほど称えられる大統領の一人になるでしょう。

これからが、想像を絶する旅になることは間違いありません。

ノーベル文学賞を受賞した、大江健三郎さんも、この金融危機の状況の中で、一人ひとりが自立した精神を持つことが大切とも言われています。

オバマ大統領も、国民一人ひとりの責任を担うことが大切だと。

故ケネディ前米国大統領は、国に全てを頼るのではなく、みんなもそれぞれ何ができるのかを問うことが大切であるという台詞は有名ですね。

過去の英語の教科書にも、その故ケネディ大統領の演説が出てきたことを思い出します。

こうした精神は、仕事を失っている求職する人も、そうした認識が必要とされます。

どんな、環境であれ、どんな経済状況でも生きる力を持つこと、それだけ政府の役割もそれだけ大きくなりますが。仕事がないから、全てを政治や企業のせいにすることではなく、

人によって様々ですが、行動していく中で状況によっては、まずある仕事を探してそこで生活を始めることも本位でないかもしれませんが、生活の基盤を作る上で必要に。

待った無く最優先にとるとにもなるかもしれません。

今後の不測の事態を避けるためにも自分を大切にしながら、生活を堅実にしていく。
そうした、今や目先のことも一方で考えて行動や実行する大切さが問われているように思えます。

何もしないと始まらない、前途多難に向かって解決すべく共に始めようと。

 - ニュース , , , , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
iPhone(アイフォーン)3Gが0円、新展開へ

iPhone(アイフォーン)3Gが実質0円、新たな展開。ソフトバンクモバイルが、アメリカのアップルの携帯電話、iPhone(アイフォーン)3Gの本体価格を実質大幅に割り引く販売促進のキャンペーンを実施すると発表しています。

no image
ミツバチの減少は携帯電話にも要因が。

ミツバチの減少は携帯電話にも要因があるとの報道がありますが、人間には一見無害でも、昆虫には有害電波に変わる環境が存在するかもしれません。

no image
英会話や英語をマスターするのは楽しみの一つ

英会話に限らず、英語をマスターしたいと思うのは、昔も今も同じ、どう英語や英会話をマスターすればいいのか。そうした中で・・

no image
ミツバチ減少と蜜蜂解明を急げ

ミツバチ減少が世界的に起こっていますが
先日、テレビで観ていたらダニ、ストレスもミツバチの減少につながっているようです。世界同時にミツバチの減少が起きているのでその要因に加えて世界的に起きている要因を拾って、見つけなければなりません。例えば、異常気象、大気上にこれまで無かった物質との遭遇。

マクドナルドの信頼回復
マクドナルドが一度失った信頼を回復するため、客足を戻す唯一の方法とは?

2014年7月に発覚したマクドナルドの 中国の食品加工会社 「期限切れ鶏肉使用問 …

no image
ボーナスの巨額支給感覚は、感覚麻痺状態?

ボーナス支給をする、アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が問題視されています。巨額のボーナスを出す、経営者の神経が疑われます。恐らく、アメリカ国民の公的資金を、湯水のこどく使う金銭感覚が完全に麻痺しているのだと思います。

no image
WBCとイチロー選手の不振

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)での侍ジャパンは韓国との短期決戦で、再度敗れましたね。韓国のチームは監督を含め、前回から更にパワーアップしている、そんな感じがしました。監督の采配、作戦と選手の意気込みは、前回以上にレベルアップしています。

no image
派遣村と規律と労働意欲

派遣村と規律と労働意欲

no image
歴史上、稀に見る大統領予備選

オバマ候補VSクリントン候補の壮絶な民主党の予備選が行われていますが、6日、2州で行われ、歴史上、稀に見る大統領予備選となっています。

no image
住宅ローンと住宅着工件数

読売新聞によると、今年の新設住宅着工戸数が1967年以来、40年ぶりに110万戸を割り込むことが確実になりました。
11月の新設住宅着工戸数は前年同月比27%減の8万4252戸と5か月連続で減少して、1月からの累計は97万3527戸、改正建築基準法が施行された後、建築確認の改正で住宅着工の遅れが長期化して、景気への悪影響が来年も続くのは必至の様子です。