英会話や英語をマスターするのは楽しみの一つ

英会話に限らず、英語をマスターしたいと思うのは、昔も今も同じ。
その英語を習得するには、どう英語や英会話をマスターすればいいのか。

英会話学校も英会話を学ぶ一つの手段なのですが、NOVAやジオスも経営不振で閉鎖が出るのでは今後は心配ですね。

健全な、英会話学校として運営して、経営収支をしっかり把握して行動すれば、そうは簡単に会社は傾かないものです。それを、分散投資して、稼ごうとするから、損失が出た場合肝心な屋台骨が傾くのです。

英会話学校として、もう少し企業アイデンティティをしっかりもって経営しないと、素人経営では、今後は生き残れないでしょうか。ではどうするのか・・

英会話学校ならば、英語に関することに対して専念して経営していれば、いくらでも生徒は集まるでしょうし、英語マスターする方法論があるのですね。

英語に対して、情熱を一層注いで、英語を真剣に身に付けようとしている受講生に身を置けば
何が必要で、英語マスターするのに何が必要で無いかは答えは簡単に出るはずです。

英語を本当に使える英語、実践できる英語はあるわけですから。

また、財務面でも企業収支をしっかり把握していれば、そんなに難しいことではないように思います。売上げが下がれば、何かに原因があるのですから。

英語をマスターさせるのに、問題点が浮かび上がると思います。それは、むしろ楽しいのではないでしょうか。早期に英会話学校に足りない経営資源が分かるので。やり方ひとつですね。

英会話、英語をマスターするには、幾とおりもの手段があります。同じく、英会話、英語を受講生にマスターさせるために、経営していく手段も幾通りもあります。

そのあたり、英語を受講生にマスターさせるにはどうするか、数多くの成功事例が示しています。英語をマスターしたい受講生に喜んでもらうにはどうしたらいいのか。ひとり一人に結果や実績、英会話の満足度を出すには・・

そうしたことをもっともっと真面目に考え、しっかり地に付いた英会話を責任を持って受講生に身に付けさせることを、そして、多くの英語使いが育って旅立つ、そうして考えていけばいいと思います。

ところで、経営者の方は、ちゃんと英語・英会話はマスターしていますよね。まさか、ネイティブと一対一で話ができないことは有りえませんよね。そのあたりを、英会話学校として見直していけば答えは出ます。「先ず隗より始めよ」です。

英語をこれから習得していきたい受講生の方も経営者と、さしで英語(前もって準備した英会話を用意して)で話してみてはいかがでしょうか。

英語が話せることはとても楽しいものです。英会話、英語って本当にいいものですね。

上達のきっかけ作りや、上達のコツをこれでもか、といったように示していく。英語上達の腑に落ちる感覚を身に付けてさせたり英語上達のポイントがあるではないですか。

だって、シンプルなことは、主語+動詞で、英語の60%は完成でしょう?これだけ知ってマスターしても、英語は楽しくなりますよね。

赤ちゃんだって、表情や、ばぶばぶの片言でネイティブ同士の会話が出来ているわけですからね。笑マスターしようと焦らず、英語を分からないなりにも楽しんでやろうとするところから。

シンプルな英語を楽しむところから始めていけばいいようにも。楽しむのが大事です。辛いのは良くはないです。単語ひとつをとってもですよ。それだけでもバリエーションは飛躍的に広がりそうだと思われませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。