マクドナルドが一度失った信頼を回復するため、客足を戻す唯一の方法とは?

マクドナルドの信頼回復

2014年7月に発覚したマクドナルドの

中国の食品加工会社

「期限切れ鶏肉使用問題」は

大きな売上げ減少の要因と言われていますが、

 

 

期限切れ鶏肉をだれもが
お金を払っても食べたくないわけです。

 
それが「チキンマックナゲット」に
使用されていたとのことで、

 

無料の「チキンマックナゲット無料券」を配っても、

反応されないことを考えても、また

 

ましてや「無料でも食べたくない」となると

 

 

対策をとるには基本的なところをまずは

押さえていかなければ難しいと思われます。

 
マックナゲットに使用する鶏肉を

中国製からタイ製に首をすげ代えて
切り替えるだけでは

 

なかなか信頼を取り戻すことは困難です。

 
そのため、どうすれば?

と言う事になりますが、

 

クリーンなイメージを取り戻すこと
先決最優先になります。

 
では、マクドナルドが
一度失った信頼を回復するため

 

 

客足を戻す唯一の方法とは?
になりますが、

 

それはいたってシンプル。

 

ちゃんとした工場で、ちゃんとした製法で、

期限内を守って衛生的に製造していることを

 

 

見学者にも常に営業日であれば365日
工場をオープンにしてしまうことです。

 

 

完全にガラス張りにして製造することです。

そして、それをPRしていくのです。

 
それがどの国がふさわしいかは

検討の余地はあると思います。

 

 

タイなのか、日本なのか、

アメリカなのか、それとも他の国で。
どの国であっても、
品質管理がちゃんとなされ、

 

繊細さを併せ持ち、
世界一厳しい品質を自負できて、

他の国から信頼されている国を選出して、

 

 

そこでマクドナルドは、

「チキンマックナゲット」など製造していくのです。

 

 

信頼を回復するにはお金より、

低コストより、また時間がかかっても

 

まず先に、

品質と安全性、お客様のことを最優先に。

 

厳格な製造ラインで、

 

 

素晴らしい製品を作っていることを示すことが、

マクドナルドの唯一信頼を回復できるレシピ
信頼回復の処方箋になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。