生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

マクドナルドが一度失った信頼を回復するため、客足を戻す唯一の方法とは?

      2015/01/06

2014年7月に発覚したマクドナルドの

中国の食品加工会社

「期限切れ鶏肉使用問題」は

大きな売上げ減少の要因と言われていますが、

 

 

期限切れ鶏肉をだれもが
お金を払っても食べたくないわけです。

 
それが「チキンマックナゲット」に
使用されていたとのことで、

 

無料の「チキンマックナゲット無料券」を配っても、

反応されないことを考えても、また

 

ましてや「無料でも食べたくない」となると

 

 

対策をとるには基本的なところをまずは

押さえていかなければ難しいと思われます。

 
マックナゲットに使用する鶏肉を

中国製からタイ製に首をすげ代えて
切り替えるだけでは

 

なかなか信頼を取り戻すことは困難です。

 
そのため、どうすれば?

と言う事になりますが、

 

クリーンなイメージを取り戻すこと
先決最優先になります。

 
では、マクドナルドが
一度失った信頼を回復するため

 

 

客足を戻す唯一の方法とは?
になりますが、

 

それはいたってシンプル。

 

ちゃんとした工場で、ちゃんとした製法で、

期限内を守って衛生的に製造していることを

 

 

見学者にも常に営業日であれば365日
工場をオープンにしてしまうことです。

 

 

完全にガラス張りにして製造することです。

そして、それをPRしていくのです。

 
それがどの国がふさわしいかは

検討の余地はあると思います。

 

 

タイなのか、日本なのか、

アメリカなのか、それとも他の国で。
どの国であっても、
品質管理がちゃんとなされ、

 

繊細さを併せ持ち、
世界一厳しい品質を自負できて、

他の国から信頼されている国を選出して、

 

 

そこでマクドナルドは、

「チキンマックナゲット」など製造していくのです。

 

 

信頼を回復するにはお金より、

低コストより、また時間がかかっても

 

まず先に、

品質と安全性、お客様のことを最優先に。

 

厳格な製造ラインで、

 

 

素晴らしい製品を作っていることを示すことが、

マクドナルドの唯一信頼を回復できるレシピ
信頼回復の処方箋になると思います。

 - 生活スタイル, ニュース , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
森田健作さんの「オレは男だ!」と千葉県知事

森田健作と言えば「オレは男だ!」がイメージされます。
森田健作さんが千葉知事選挙で当選しました。森田健作さんは今も変わらず、千葉の若大将的存在になりましたね。竹刀を振り、「吉川君」と、今にも飛び出してきそうですね。

no image
恋愛の女性の悩みを解決するには?

女性の恋愛の悩みを解決するには、一口では片付けられるものではないわけですが、そうかと言って、うまくいかない、出来なーいでは済まされること、済まされないことが出てきます。それにです、20歳代前半の恋愛、20歳代後半過ぎてからの恋愛と、30歳過ぎてからの恋愛では、心理的面や精神的なゆとりにも変化が出てきます。

no image
想定外と記憶にございません、脱原発と原発の共通項は?

想定外と記憶にございません、脱原発と原発の共通項は。想定外は最近頻繁に使われている言葉で、新旧の言葉ですが、どちらも無責任な言葉が共通している言葉です。同じ想定外でも、「浮体式」大規模洋上風力発電所など新しいエネルギーの試みで、いい結果をもたらす想定外は有りえます・・

no image
家電+コンピュータ

ハードディスクは、データを保持する大切な要、コンピュータ
から家電の液晶テレビに付帯するものまで、幅広く利用されて
います。

Apple-WWDC14
iOS8で写真や動画を含め、デバイスや人とのSNS的コミュニケーションが多彩に

2014年秋リリースのiOS8、例えば、iPhoneやiPadなど持って、家族や …

no image
自動ブレーキ停止システムの進化は?!事故は防げる、防ごう!

自動停止ブレーキシステムは進化を遂げて、これからは生活にはなくてはならない実践的 …

no image
WBC侍ジャパン、祝優勝

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)侍ジャパン、底力を見せましたね。
最後の最後まで、目を離せないWBC決勝になりました。イチロー選手で始まり、イチロー選手で終わった、そんなWBCの決勝戦でした。

no image
山中伸弥氏のiPS細胞と小保方晴子氏のSTAP細胞のコラボに期待!

iPS細胞(人工多能性幹細胞)の山中伸弥氏が、STAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)は万能細胞になるメカニズムはiPS細胞と同じ可能性があるため、ノウハウを提供し、協力したいと毎日新聞の取材で話しているようです。小保方晴子氏のSTAP細胞とコラボが実現すれば、人の再生医療の研究に一層の弾みがつくと思われます。それは更に研究の域を超えて、医療の現場で実践されることに拍車がかかると言えそうです。

食中毒予防の3原則や食中毒を予防する方法は?

食中毒は1年中どこにでも発生する可能性がありますが、その食中毒の原因となる細菌や …

苦境から脱出する方法
行き詰った時に、苦しい現状から脱出する唯一の方法や手段は?

何かに行き詰まることは、仕事・職場や生活、   家庭・家族、対人、お金 …