生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

イチローのヤンキース以外の球団選択肢は全然アリ!!⇒ヤンキースと2年契約へ!!

      2014/05/17

イチローのヤンキース以外の球団選択肢はアリ!!」と、結論から言うところです。
えっ、と思われるかもしれませんね。

現状を鑑みると、絶対そのほうが、イチローにとってもいいことのように思います。それは、2つの理由からです。

まず一つ目、現在、米大リーグの関係者が一堂に集まる、ウインターミーティングが開幕して、ヤンキースからフリーエージェント(FA)になったイチローとの再契約について、ヤンキース内で意見が分かれている様子で、営業サイドは残留を強く支持。

その理由は、イチローのブランドで、球場関連での観客動員やイチローグッズ等のイチローのブランドからの収益が見込まれるからですね。

現に、マリナーズから移籍後の2カ月間だけで、レプリカユニホームの売り上げが主将のデレク・ジーターに次ぐ2位を記録して、マリナーズ幹部との直接交渉でイチローのトレードを決めたランディ・レビン球団社長も再契約を望んでいるようです。

アレックス・ロドリゲスの左股関節手術が決まり、現場サイドでは右打者優先の補強を望む声が上がっているのと、ロドリゲス以前に、恐らくワールド・シリーズで惨憺たる結果で、長打力が打てるパワーヒッターが最優先に必要としてるからでしょう。

これは、当サイト内でも、ワールド・シリーズの流れを伝えているところでもありますが。

ヤンキースがここまで、結論を出せない理由は完全にイチローの能力の問題でなく、ワールド・シリーズで優勝するために必要な強力なパワーヒッターとしての戦力を完璧に補強したいとするからですね。これ以外の理由はありません。

今シーズンのヤンキースの軌跡を見ると見えてきます。このあたり、すごく感じます。惨憺たる結果の要因です。

そのため、つなぎ野球でいくバッターではなくパワーヒッターを一人だけでもなく、最低2人以上補強したいと思っているはずです。現場サイドとしては、すごく当然で自然な考え方です。

ヤンキースとしてはイチローブランドで収益は見込めるものの、戦力補強は必須なので、ワールド・シリーズで勝てるチーム編成を願っているわけです。

ここまでのイチローとしての身体的能力高さは言うまでもありませんし、そのためイチローのヤンキース愛は素晴らしく自身支持するところでもあり、イチローがそう思うのは当然だと思います。

2つ目の理由は、そうまでしてもイチローが相思相愛までいかないチームに残っても何のメリットも無い結果につながる可能性があるからです。

ヤンキースのチーム編成の最高責任者であるブライアン・キャッシュマン・ゼネラルマネジャーも、現場サイドの補強を強く考えていて、単打のイチローより、ホームランバッターの威力を痛切に感じているはずです。

米メディアは、今季ダイヤモンドバックスで30本塁打を記録した右打ちのジェーソン・クベル外野手のトレード案も浮上していて資金は潤沢のはずです。

いかにヤンキースがホームランを打てるバッターへのラブコールがあるか分かりますね。

イチローのヤンキースに対する強い想いはあってもですよ!しかもクロちゃんの年俸は遥かにイチローの予想年俸を超えているわけです。

現状を考えるとイチローとしては何も無理してヤンキースにこだわる必要性は全く無いように思います。もっと他でイチローが活かせるチームで迎えられて活躍できる方がいいのではないでしょうか。

と、したとろ、2012年12月8日現地時間、 フィリーズがイチローに正式オファーを出すことが分かりました。フィリーズ関係者が近いうちにオファーを出すと明言しているようです。

しかも年俸は約5億7400万〜約6億5600万円と、ヤンキースの2倍近くを提示できる見通しとも。もちろんそのまま放って置かれるような選手でないだけに、どこが手を挙げてくるでしたが、ヤンキースもこれを知ってか定かではありませんが、数日中に再契約を結びたい意向だとISM、米『CBSスポーツ』(電子版)が9日に伝えています。

どこが動いてくるか駆け引きも多少はある感じでしょうが、本音はパワーヒッターを採りたいところ。営業サイドに押し切られている感も否めません。

イチローとしては、マリナーズで散々、最下位に甘じていたので優勝争いのチームで一旗も、二旗もあげたいところでしょうから。

年俸より自分のチャレンジしたい目標を高めに上げたい気持ちも分からないこともないです。自身でもヤンキースからのオファーがちゃんとしたものならそうすると思います。

イチローのニュースが、いつも新聞やニュースで踊り、ピンストライプのタテジマ姿で活躍するシーンを見たいところです。と、言っていた矢先、イチローのヤンキースとの2年契約が決まったようです。

イチローがヤンキースと2年契約更新

イチローがヤンキースと2年契約更新

http://newyork.yankees.mlb.com/index.jsp?c_id=nyy

2012年12月13日 デイリースポーツが伝えてますが、イチロー外野手(39)がヤンキースと2年契約で合意したと12日(日本時間13日)、米スポーツ専門サイト、CBSスポーツのジョン・ヘイマン記者がツイッターで伝えたようです。

ヤンキースの提示条件は2年で1200〜1300万ドル(約10億〜10億8千万円)で、フィリーズも、イチローに対して2年1400万ドル(約11億7千万円)の提示があったとのことです。

そして、スポニチアネックスも、12月19日、ヤンキースも正式に、イチローと2年契約で再契約したと発表しています。推定契約総額1300万ドル(約10億9400万円)、フィリーズが2年総額1400万ドル(約11億7800万円)でオファー。

さらに、今季ワールドシリーズでチャンピオンで、ここ3年で2度も世界一のジャイアンツは2年総額1500万ドル(約12億6200万円)を提示していましたが、イチローの当初の希望で年俸にかかわらず2013年シリーズもヤンキースでプレイすることになりました。

表からは見えないイチローの争奪戦を繰り広げられていたわけです。これで、準備体制も整ったわけですから2013年のシリーズに向けて気持よくスタートを切れそうです。

ヤンキース移籍後の活躍がそのままいい方向にいけばいいですね。ついに、念願のヤンキースで継続してプレーできるとはイチローにとって最高のクリスマスプレゼントになりました。

これからが本番!!力量を思う存分発揮して欲しいですね。多くのファンも含めて、注目の的となることは確実です。クロちゃんとワールド・シリーズ制覇に向けてGo!!!!

 - スポーツ , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
タイガーウッズ、マスターズに復帰する前のナイキCM

タイガーウッズ、マスターズに復帰する前のナイキCMのインパクトは静かながら、しっかりしたタイガーウッズの復帰CMですね、

苦境から脱出する方法
行き詰った時に、苦しい現状から脱出する唯一の方法や手段は?

何かに行き詰まることは、仕事・職場や生活、   家庭・家族、対人、お金 …

ヤンキース 田中 降板
ヤンキース 田中に一体何が起きているのか?

ヤンキース 田中に一体何が起きているのか?と、 (写真出所:Yahoo、スポニチ …

no image
プロ野球もメジャーリーグも開花宣言?

プロ野球もメジャーリーグも開幕しました。海の向こうでは、上原、岩村、両松井、松坂選手が活躍中。イチローもスタンバイ状態になってきましたね。

no image
プロ野球監督業

楽天の野村監督、チームを徐々に引っ張って、本領を発揮しつつあるように見えます。監督を引き受けた時は、チーム新生に相当な年月がかかると誰もが見ていたと思いますが。毎年最下位からメンバーが成長しつつ、不本意に活躍できなかった選手やその他の戦力も整い、勢いをつけていっているのでしょうか。

no image
イチロー選手は打撃の神様を超えたのか?

マリナーズのイチロー選手は、4打数無安打に終わり、オープン戦では26打席連続無安打となり、過去の自己ワースト記録を塗り替えた。8試合連続無安打、普通、これでは首を傾げることしきりのはず。これだけ、毎回の打席で凡退の山でベンチに戻ってくる時は、戻りづらいはずなのに、

no image
ジャイアンツの独走、村田、楽天田中、メジャー上原の安定感にはワケがある?

ジャイアンツが圧倒的な強さで、他を寄せ付けずにセ・リーグVで二連覇達成です。余りにも圧倒的な強さで、ジャイアンツファンでなければ、かなりつまらないペナントレースだったかもしれません。他の某チームの監督曰く、「あの戦力を見れば普通にやったら勝つよね」じゃーなくて・・・。そのチームは何度も優勝していたチームではと突っ込みたくなります。その思いでは、絶対勝てません!ぶっちぎりに強い場合は、必ず理由があるのですね。

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。

no image
イチローの絶好調と絶不調の理由とは?

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?と、いった大げさなタイトルですが、でも、イチローは今、絶好調!米大リーグが、ア・リーグはヤンキースのイチロー選手を週間MVPに選考しましたね。2年ぶり、4度目の受賞です。38歳にして、6試合で25打数15安打の打率6割、2本塁打、5打点、7得点、6盗塁ですから文句の付けようもないどころか、一瞬、進化したのでは?と、思ってしまうほどです。笑。いゃ、実際、ヤンキースで進化したのかも。半分冗談で、半分本気です。ただ、イチローに何かが起きていることは事実です。それは・・

no image
大谷翔平の二刀流、1軍ピッチャーデビューがついに実現。

日本ハムの二刀流、大谷翔平が1軍ピッチャーとしてデビューがついに実現です。これは、多くのファンや、大谷に関心ある観衆からも注目している大きな試合になる一方で、そして初先発登板となる2013年5月23日のヤクルト戦の前売り券の売れ行きは上々のようです。過去に大谷が打順8番で先発し、視聴率はわずか2.6%と「こんなに世間の関心が低いと」と関係者は青ざめているようですが、しかし・・