生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

イチローのヤンキース以外の球団選択肢は全然アリ!!⇒ヤンキースと2年契約へ!!

      2014/05/17

イチローのヤンキース以外の球団選択肢はアリ!!」と、結論から言うところです。
えっ、と思われるかもしれませんね。

現状を鑑みると、絶対そのほうが、イチローにとってもいいことのように思います。それは、2つの理由からです。

まず一つ目、現在、米大リーグの関係者が一堂に集まる、ウインターミーティングが開幕して、ヤンキースからフリーエージェント(FA)になったイチローとの再契約について、ヤンキース内で意見が分かれている様子で、営業サイドは残留を強く支持。

その理由は、イチローのブランドで、球場関連での観客動員やイチローグッズ等のイチローのブランドからの収益が見込まれるからですね。

現に、マリナーズから移籍後の2カ月間だけで、レプリカユニホームの売り上げが主将のデレク・ジーターに次ぐ2位を記録して、マリナーズ幹部との直接交渉でイチローのトレードを決めたランディ・レビン球団社長も再契約を望んでいるようです。

アレックス・ロドリゲスの左股関節手術が決まり、現場サイドでは右打者優先の補強を望む声が上がっているのと、ロドリゲス以前に、恐らくワールド・シリーズで惨憺たる結果で、長打力が打てるパワーヒッターが最優先に必要としてるからでしょう。

これは、当サイト内でも、ワールド・シリーズの流れを伝えているところでもありますが。

ヤンキースがここまで、結論を出せない理由は完全にイチローの能力の問題でなく、ワールド・シリーズで優勝するために必要な強力なパワーヒッターとしての戦力を完璧に補強したいとするからですね。これ以外の理由はありません。

今シーズンのヤンキースの軌跡を見ると見えてきます。このあたり、すごく感じます。惨憺たる結果の要因です。

そのため、つなぎ野球でいくバッターではなくパワーヒッターを一人だけでもなく、最低2人以上補強したいと思っているはずです。現場サイドとしては、すごく当然で自然な考え方です。

ヤンキースとしてはイチローブランドで収益は見込めるものの、戦力補強は必須なので、ワールド・シリーズで勝てるチーム編成を願っているわけです。

ここまでのイチローとしての身体的能力高さは言うまでもありませんし、そのためイチローのヤンキース愛は素晴らしく自身支持するところでもあり、イチローがそう思うのは当然だと思います。

2つ目の理由は、そうまでしてもイチローが相思相愛までいかないチームに残っても何のメリットも無い結果につながる可能性があるからです。

ヤンキースのチーム編成の最高責任者であるブライアン・キャッシュマン・ゼネラルマネジャーも、現場サイドの補強を強く考えていて、単打のイチローより、ホームランバッターの威力を痛切に感じているはずです。

米メディアは、今季ダイヤモンドバックスで30本塁打を記録した右打ちのジェーソン・クベル外野手のトレード案も浮上していて資金は潤沢のはずです。

いかにヤンキースがホームランを打てるバッターへのラブコールがあるか分かりますね。

イチローのヤンキースに対する強い想いはあってもですよ!しかもクロちゃんの年俸は遥かにイチローの予想年俸を超えているわけです。

現状を考えるとイチローとしては何も無理してヤンキースにこだわる必要性は全く無いように思います。もっと他でイチローが活かせるチームで迎えられて活躍できる方がいいのではないでしょうか。

と、したとろ、2012年12月8日現地時間、 フィリーズがイチローに正式オファーを出すことが分かりました。フィリーズ関係者が近いうちにオファーを出すと明言しているようです。

しかも年俸は約5億7400万〜約6億5600万円と、ヤンキースの2倍近くを提示できる見通しとも。もちろんそのまま放って置かれるような選手でないだけに、どこが手を挙げてくるでしたが、ヤンキースもこれを知ってか定かではありませんが、数日中に再契約を結びたい意向だとISM、米『CBSスポーツ』(電子版)が9日に伝えています。

どこが動いてくるか駆け引きも多少はある感じでしょうが、本音はパワーヒッターを採りたいところ。営業サイドに押し切られている感も否めません。

イチローとしては、マリナーズで散々、最下位に甘じていたので優勝争いのチームで一旗も、二旗もあげたいところでしょうから。

年俸より自分のチャレンジしたい目標を高めに上げたい気持ちも分からないこともないです。自身でもヤンキースからのオファーがちゃんとしたものならそうすると思います。

イチローのニュースが、いつも新聞やニュースで踊り、ピンストライプのタテジマ姿で活躍するシーンを見たいところです。と、言っていた矢先、イチローのヤンキースとの2年契約が決まったようです。

イチローがヤンキースと2年契約更新

イチローがヤンキースと2年契約更新

http://newyork.yankees.mlb.com/index.jsp?c_id=nyy

2012年12月13日 デイリースポーツが伝えてますが、イチロー外野手(39)がヤンキースと2年契約で合意したと12日(日本時間13日)、米スポーツ専門サイト、CBSスポーツのジョン・ヘイマン記者がツイッターで伝えたようです。

ヤンキースの提示条件は2年で1200〜1300万ドル(約10億〜10億8千万円)で、フィリーズも、イチローに対して2年1400万ドル(約11億7千万円)の提示があったとのことです。

そして、スポニチアネックスも、12月19日、ヤンキースも正式に、イチローと2年契約で再契約したと発表しています。推定契約総額1300万ドル(約10億9400万円)、フィリーズが2年総額1400万ドル(約11億7800万円)でオファー。

さらに、今季ワールドシリーズでチャンピオンで、ここ3年で2度も世界一のジャイアンツは2年総額1500万ドル(約12億6200万円)を提示していましたが、イチローの当初の希望で年俸にかかわらず2013年シリーズもヤンキースでプレイすることになりました。

表からは見えないイチローの争奪戦を繰り広げられていたわけです。これで、準備体制も整ったわけですから2013年のシリーズに向けて気持よくスタートを切れそうです。

ヤンキース移籍後の活躍がそのままいい方向にいけばいいですね。ついに、念願のヤンキースで継続してプレーできるとはイチローにとって最高のクリスマスプレゼントになりました。

これからが本番!!力量を思う存分発揮して欲しいですね。多くのファンも含めて、注目の的となることは確実です。クロちゃんとワールド・シリーズ制覇に向けてGo!!!!

 - スポーツ , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

オランダ代表ロッベンは、惚れ惚れするくらい速くて凄いストライカー!

ワールドカップ 2014年のオランダ対スペイン戦で、 前回優勝のスペインに5-1 …

no image
天才バッターイチローも人の子、そして次の

天才バッターイチローも人の子と言えるのではないかと思います。一流のピッチャーが得意とするボールを投げれば、天才バッターと言えども、そう打てるものではないことが証明できる。

no image
FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!

FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!がテーマ。もちろん、最終予選が終わってすぐそこにあるコンフェデなので、超えることは難しいわけですが、少なくとも気持ちは、そこに置いて欲しいですね。日本とオーストラリアのワールドカップ最終予選、なんとか本田の奇跡の同点ゴールで引き分けに持ち込みましたが、内容的には攻撃的にも押してはいたものの、決定打が出ないで逆にオーストラリアに決められて、あわやの敗退寸前でしたね。本田が入ることで、

no image
WBC2013侍ジャパンメンバーで3連覇を目指して!!

WBC2013年の、侍ジャパンメンバーが決定しました。狙うはWBC3連覇を目指して!!それしかありません。ダルビッシュも、イチローも黒ちゃんもいません。しかし、ピッチャーもなかなか揃っていてあとは、打線がしっかり打ち込んでくれれば、いい線を走れるのではないでしょうか。あの、広島戦との戦いは、初戦の実践とは言え山本監督も誤算だったと思います。では、WBC2013年の、侍ジャパンメンバー28人は・・

苦境から脱出する方法
行き詰った時に、苦しい現状から脱出する唯一の方法や手段は?

何かに行き詰まることは、仕事・職場や生活、   家庭・家族、対人、お金 …

no image
ダルビッシュ、イチロー、青木、黒田、岩隈らの活躍は?【6月版】

2013年6月に入り、岩隈も勝利を重ねていくにつれて評価を上げていますが、レッドソックスの田沢、上原も絶好調で推移しています。今の上原にとって、イチローはもはや目じゃない?タイミングを完全に外してどっちが主役か分からなくなってきています。どうもイチローは浮き足立ったバッティングが目立ち、つまり、何か腰が浮いているような、地に付いていないバッティングの感じがします。難しい球を打つのがイチローの特徴の一つなのですが、打ち頃の球も見逃しているので

no image
大谷翔平の二刀流、1軍ピッチャーデビューがついに実現。

日本ハムの二刀流、大谷翔平が1軍ピッチャーとしてデビューがついに実現です。これは、多くのファンや、大谷に関心ある観衆からも注目している大きな試合になる一方で、そして初先発登板となる2013年5月23日のヤクルト戦の前売り券の売れ行きは上々のようです。過去に大谷が打順8番で先発し、視聴率はわずか2.6%と「こんなに世間の関心が低いと」と関係者は青ざめているようですが、しかし・・

ヤンキース 田中 故障者リスト
ヤンキース・田中 右肘靭帯の部分断裂、症状や理由、治療・手術は?

右肘の炎症で故障者リスト(DL)入りしている ヤンキース・田中将大投手は、 (写 …

no image
WBC 2013『侍ジャパン』、ついに発進!!

WBC 2013『侍ジャパン』(2013年開催)がついに発進!!しました。ひとまず、ほっとしてますよね。誰もが楽しみにしていたり、待っていたWBCへの参加表明ですから。2013年春開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ日本の参加を選手会も含めて決定したのです。多くの野球ファンが待望していたWBCへの参加。とても楽しみにしていた方や気をもんでいたスポーツファンが多かったと思います。これまで選手会も数年後を見据えて苦渋の決断をして表明してましたが・・

no image
サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは?

サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは? 一体どういうこと? と、なるかもしれません。試合にフル出場した日本代表のMF本田圭佑のコメントがとても興味深い。これにより、親善試合、サッカーの結果ひとつに対して、見方や捉え方、また実践した実情を知っている、知らないことにより180度違う、まったく真逆の考え方になってしまうのです。実情を知らないと結構、このあたりは怖いところでもあり・・