ディズニーがスター・ウォーズで得る、ディズニーの魅力とは?

ディズニーが、スター・ウォーズで得るディズニーの魅力とは、これまでのディズニーも持つイメージキャラとは違うにしても『スター・ウォーズ』のブランドは映画ファンならずとも、

様々な分野で、ディズニーのブランドを高めて、また見直され、これまでのファン層とは違う層への拡大にもつながかもしれません。

スター・ウォーズのルーカスフィルムの約40億ドル(約3700億円)買収は、計り知れない経済効果と波及効果を生むことになります。

かなり激安で価値ある買収だったようにも思います。

なぜならスティーブ・ジョブズ氏の保有していた、CGアニメスタジオのピクサー社を当時換算で約74億ドル(約8740億円)で買収し、

更に2009年には、あの『スパイダーマン』『アイアンマン』のアメリカ最大のコミック出版社、マーベルを約40億ドル(約3700億円)で続けて買収しました。

確かに、トイ・ストーリーは有名ですがCGアニメスタジオのピクサー社を約74億ドル(約8740億円)ですから、スター・ウォーズのルーカスフィルムであれば、ピクサー社の2倍以上の、2兆円近くの価値はあると思います。

本当に安い買い物だったと思います。ディズニーと、ジョージ・ルーカス氏との思惑が一致したわけです。

それは、CG技術の面では世界最高峰のCG技術の粋を集め、高い技術力を制作会社と共有しているだけでなく、常に進化させていただけに、世界最高峰のCG技術に長けて、かつ知名度を誇っていたと言っても決して過言ではないですね。

本格したCGの最初の生み出しの親でもありどのクリエーターも制作会社も、その技術を手本として、またCG技術の目標としていましたから。スター・ウォーズで、その技術の高さに、度肝を抜かされた先駆者だったわけです。

週プレNEWSが伝えるところによると、映画の興行収入を4億ドル(約328億円)、DVDの売り上げを同じく4億ドル(約328億円)、玩具類の売り上げは年2億〜5億ドル(約164億円〜410億円)として、新シリーズ三部作が公開できれば、今回の買収にかかった額はほぼ回収できてしまうというわけですから。

13億ドルx3部作=39億ドルで、申し分の無い価値ある映画から波及する空前絶後とも言える、優れた投資案件ですね。

売上は、何も映画、DVDディズニーおもちゃだけでなく、ディズニーゲームディズニーランド、世界各国のディズニーグッズ、ディズニーランドのアトラクションをはじめ、ディズニー時計や携帯・スマホなど、その他のディズニーグッズなどなど入れると、それこそ計り知れない映画の投資効果、波及効果が予想できます。

それに何と言っても、最大の映画、『スター・ウォーズ』の三部作を待ち焦がれるファンの溜まりに溜まっているエネルギーは半端無いですからね。

想像を超える経済的波及効果が生まれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。