生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

最高の指導者とは、なでしこジャパン監督・佐々木紀夫

      2014/05/17

最高の指導者とは、なでしこジャパン監督・佐々木紀夫」、ロンドン五輪出場をかけた試合で、勝てばロンドンオリンピック出場が決まる試合に注目が集まっていました。

1点リードの後半戦ロスタイムで、相手のシュートが決まり、しくも引き分けに持ち込まれた試合
終始相手のペース展開で、試合を戦ってきた、なでしこジャパン

本来なら、相手の優勢の中、負けてもおかしくない試合展開で、決め手がなかなか見出せない中での後半戦、貴重な1点を獲得しました。

相手のパスが、面白いようにつながりつつも、なでしこジャパンの、ねばり強い守り
ワールドカップ優勝の意地ロンドンオリンピック出場の執念がここまで、なでしこジャパンの無敗の試合をつくり上げてきました。

双方とも決定打を欠いていた中での試合、最後の最後のロスタイム、ひょっとして、このまま勝って、ロンドン五輪への切符を手にするのか、それとも、最後に粘りで1点取られて引き分けに持ち込まれる可能性も無きにしもあらずの試合展開でした。

各選手でも、焦りと、相手の早い当たりからパスミスは随所に見られ、なにもロスタイムだけが、パスミスによる失点ではなかったのです。

試合前半から後半を通じて、闘はしている中でも、常に守りに入ってなかなか攻められない試合展開。

その中での、ロスタイムでの失点は確かに一見、選手を責めたくなる中でも、佐々木紀夫・なでしこジャパンの監督はインタビューで、単に選手を批判するのでなく、「疲労で思うように体が動かない中、よくやってくれた」とか、常に選手をねぎらう姿勢や言動には、とても感心させられるところです。

選手にしてみれば、疲労困憊の中、出先が見えない中、必死にもがいてもがいて、防戦一方での戦い。少ないチャンスを作ろうとする意識と、防戦の中でパスリズムを作り出していこうする、なでしこジャパン。

相手ボールの攻めをクリアする連続が続き、なんとしてもお互い失点を防ごうとする意識がある中での失点だったと思います。

それは、ロンドンオリンピックの、準々決勝でブラジルとの熾烈な戦いや、準決勝のフランスとの後半、さらに輪をかけて超熾烈な戦いにも現れていました。

攻めと守りとのバランス。防戦一方ではあるものの凌いで、しのいで、フランス選手の猛攻に
いつ点数が入ってもおかしくない試合展開。

なでしこジャパンの粘り強さと金メダル獲得への思いが一つになっている戦いでもありますね。
これで、フランスやブラジル選手の持つ華麗なパス廻しや、ドリブル、トラッピングがあれば最強なのですが。

実は、そのパス廻しを現実にしたのがアメリカとの決勝だったのですね。

どちからが勝ってもおかしくない試合展開でした。むしろ、なでしこジャパンの攻撃力は
これまでにもなく増していました。

あの、アメリカ選手のハンドまがいも本来なら、ゴールキックのはずです。

試合後、数日経って佐々木監督の苦笑いですませたところがすごいところです。
話を戻すとブラジルやフランス戦から閃いた佐々木監督が、選手に示したパス廻しの中で
カウンターを狙う作戦でもあったようです。

毎試合、感心するくらい凌いでいます。もちろん、陰では一人ひとりの布石や伏線があるから
また、それぞれの選手の役割をこなしているから
凌げているのです。
防戦から攻撃に移るスタイルを確立できればいいですね。これが、やはりアメリカとの決勝で実現できました。予想通りの指示だったわけです。

佐々木紀夫・なでしこジャパン監督の存在は、選手同様チームの要。

選手一人ひとりの最高の監督であり、これまでの実績もさることながら
信頼をしてきて、頼りがいのある監督兼、ある意味で一家の「おやじ」的存在だったのではないでしょうか。

常に、苦しいときは澤選手の背中を見てきたこれまでのワールドカップ。

自信を失いそうになって来た時も、恐らく佐々木監督の背中や、信頼性など佐々木監督そのものを見ていたからこそ、ここまで戦ってこれたのだと思います。

そして、ロンドンオリンピックは、澤選手から宮間選手にキャプテンとしてバトンタッチした試合でした。

佐々木監督は最高の指導者の資質や器がはっきり見れます。

常に、選手を思い、選手が次に向かっていけるときにけなす事ではなく、まずはねぎらう。
そして、的確な指示を出していける。

そうしたことが、選手の意欲をそがれることではなく、選手一人ひとりが、自ら反省と改善や意欲につなげ次を狙っていこうという意欲の高まりを作り出していける環境づくりが気持ちの持続と高揚につながっているのだと確信できます。

チームを指揮する立場のある指導者、監督、リーダー、上司、そして最高の指導者とは、かくあるべきだと言えます。

意欲をそぐ意見や態度、指導ではなく、選手になり切って、向ける思いや選手目線やバランス感覚。

個々自らが反省と次の改善に向けて取り組む姿勢を作り出すそうした言動や態度は、佐々木監督のような最高のリーダーにふさわしい器を持つチームを引っ張っていける最高の指導者の見本ではないでしょうか。

でも、本当に惜しかったですよね。今度は、パスを常に後ろ方面ではなく、
横または前方に回すパス展開に持ち込めばいいようにも思います。

そのフォーメーションを作り出す戦略と戦術を。
本当に、よく頑張ったと思います。よく頑張り抜きました。
結果を出して、また力を与えてくれました。

北京五輪やワールドカップから2012年のロンドン五輪までの長い道のり。

ロンドンオリンピック出場を果たし、決勝戦まで戦い続けた姿勢や展開に
大いなるエールを送りたいです。

そして、ワールドカップ当時の絶対的存在、澤選手だけでなく宮間キャプテンを初め、多くの
日替わりヒーローの広がりや表には一見出ていない伏線を作っている影武者的ヒーローがいるからそこチームが一丸となっているのですね。

そして、いよいよ、アメリカとの決勝戦。どこまで、金メダルを取ることにこだわるか。

アメリカ選手も、なでしこジャパンの試合展開を見ているので、いきなり猛攻をかけてくると思われます。

観ている方からすると、スリルに満ちた戦いで男子チームとは違った面白さがあります。
ワールドカップ並みと同等の戦い方ですね。

決勝戦は、これまでの集大成として臨むと思います。そして、決勝戦では結果的に、銀メダルでしたが一言では片付けられない、多くのドラマが展開されました。

本当に、金メダルと同等の価値ある銀メダル。おめでとうございます。

チームは解散になりますが引き続き、今後の活躍、全力で応援です!!
がんばれ日本!
(2012年8月14日更新)

 - 話題 , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
つみきのいえ、おくりびと、アカデミー賞をダブルで受賞

<strong>アカデミー賞</strong>で、<strong>おくりびと</strong>Departures(滝田洋二郎監督)が外国語映画賞、<strong>つみきのいえ</strong>(加藤久仁生監督)が短編アニメーション賞をついにダブルで受賞しました

no image
アナログディスク・LPレコードの楽しみ方が急増中?

アナログレコードを見直してみたり、LPレコードを聴いてみたいファン層が増えているようです。音楽鑑賞は、CDが今なお主流で伸びている一方、LPレコードの持つ独特な音質や、あの大きなジャケットを手にする感触など、CDとは違った音楽鑑賞が楽しめるとあって、人気を博してきているみたいですね。折しも、デビュー50周年のザ・ビートルズや、結成50年のザ・ローリング・ストーンズの大きな節目でもあって、音楽そのものの楽しみ方が、見直されて・・

no image
オバマ大統領の手腕のすごさ

オバマ大統領の手腕はさすがです。大統領兼G.M.(ゼネラルモータース)CEOとも言えると思います。大きく舵を切りました、永遠に語り継がれる偉大な大統領の一人です。これほど、すごいとは思いませんでした。まさしく、この時代に選ばれし人、オバマ大統領です。<strong>エンタープライズ</strong>宇宙艦隊の<strong>カーク船長</strong>、<strong>スタートレック</strong>では、<strong>ジェームス・T・カーク</strong>が大きな選択肢の中で決断したように今回のG.M.の選択肢は、唯一その方法しか無かったのではないでしょうか。

no image
自然エネルギーと新エネルギー・代替エネルギー

自然エネルギーの活かし方が多面的にあります。従来型の水力発電、火力発電に加え、風力発電、太陽光パネルなどのソーラー発電、地熱発電など自然エネルギーや、代替エネルギー、蓄電での対応など様々な電力供給が考えられます。蓄電での対応など様々な電力供給が考えられる中、対策面でも様々。

no image
世界最強将棋ソフトV.S.現役プロ棋士との電王戦 対決結果は?

「第2回将棋電王戦」は、世界コンピュータ将棋選手権で好成績を挙げた最強コンピュータと、現役のプロ棋士5人による史上初の団体戦で、これまでプロ棋士1勝2敗1分。その1引き分けも、現役の塚田九段がまさに執念で持ち込んだ背水の陣の賜。相手コンピュータの考え方の隙をついたプロ棋士の頭脳将棋の結果とも言えるかもしれません。

no image
iPhone5Sの販売でドコモが1位に、さらにiPhone6の噂?

iPhone5Sの販売でドコモが1位に、さらにiPhone6の噂が海外でもう出てきました。まずは、iPhone5Sなど、新型iPhoneで販売に変化が出ているようです。これまで、Auやソフトバンクが新型iPhoneの販売で優位に展開。一方ドコモは、spモードメールの対応や在庫が不足も影響して、販売体制の劣勢が伝えられていましたが、ドコモが限定的に首位に・・

no image
Google版WikipediaのKnolを一般公開

米Googleは、昨年末から招待制でテストしてきた知識共有ツール「Knol」を一般公開した。knolは(unit of knowledgeを意味する)」と呼ばれ、各トピックをよく知っている人それぞれが信頼できる解説を書いてもらうことが目的で、公開までテスト段階を経ていた。

no image
世界長者番付、すごいの一言では片付けられない?

経済誌フォーブスの、2008年の世界長者番付では、13年間マイクロソフトのビルゲーツ氏が首位でしたが、2008年には、アメリカの投資家、バフェット氏がはじめて首位となったようで

no image
ポップコーンは健康に良いポリフェノールが多く含まれていることが判明

スクラントン大学が科学的に調べた結果、ポップコーンは健康に良いポリフェノールが多く含まれていることが分かったようです。映画館やシネコンなどで販売をしているポップコーン、映画館でのポップコーンは食べながらリラックスできて、コーヒーやコーラとなど映画になぜか合います。精神的にもリラックスしながら・・

no image
刑事コロンボのピーター・フォークさんは、いつまでも永遠に!

「刑事コロンボ」シリーズのピーター・フォーク氏が、ロサンゼルスの自宅で死去されました。83歳でした。コロンボ刑事は、おなじみの、よれよれのレインコートと葉巻がトレードマークで、独特の言い回しや、スタイルがテレビで受けました。「刑事コロンボ」シリーズのドラマの中では犯人を、一見とぼけた口調や雰囲気の中で、完全犯罪のアリバイを解決するべく、犯人との独特な会話の中から糸口を見つけ完全犯罪を見事に解決するドラマなのですね。