生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

ダイオウイカ、世界初の撮影瞬間、伝説がリアルに!

      2014/05/17

ダイオウイカ、世界初の撮影瞬間、伝説がリアルになりました。

幻の超巨大イカの撮影に、NHKと国立科学博物館、NHKエンタープライズ、米ディスカバリー・チャンネルの国際共同制作などの国際チームが挑戦したのです。

『ダイオウイカ』と言うと、確かに、これまで図鑑上で、ダイオウイカがマッコウクジラに取り付いている絵やイラストを小さい頃に見た人もいるでしょうか。

百科事典でも生物図鑑でも、イラストは、想像上の生き物みたいな感じでしたね。「へーっ、こんなのいるんだ、本当にーいるの?」みたいに。そんな経験、ありませんでした?

その伝説のダイオウイカが、NHKが、長い年月の末、ついに映像でとらえたわけです。

視聴していて、確かに見応えあってすごかった。なんでも、ビデオリサーチ調べで、関東地区では平均視聴率は16.8%と高視聴率をマークしました。

2本の長い腕の触腕まで入れると、最大18mに及ぶ世界最大のイカで、地球上最大の無脊椎動物。

欧米では、船を襲う海の怪物として、クラーケン(ウィキペディアでは、(ノルウェー語等:Kraken)、その多くが巨大なタコやイカのような頭足類の姿で描かれ、

北欧伝承の海の怪物)として知られ、古くから船を沈めると恐れられてきたようで、今回その伝説が、ベールを脱いだわけです。

これまで深海で生きたダイオウイカを見た人は誰もいない中、(まるで、ネス湖のネッシーとまで、イカないまでも、また、『ダイオウイカ』断片の足や一部は実際あるものの、全体像は、ほぼ架空に近い伝説の生き物でした)

小笠原諸島を中心に、博士、科学者やエンジニアなど11カ国から50人のスタッフによって、様々な試みをチャレンジしての偉業達成です。

10年の歳月をかけ地道に調査・準備を進めた末、人類が初めて目撃したダイオウイカは、黄金に輝いていて、潜航回数100回、潜航時間400時間を費やし、
国立科学博物館の窪寺恒己博士が、10年間余り、執念とも言える探求の末に、世界で初めて潜水艇に乗って、ダイオウイカに遭遇して、撮影に成功したのです。

ダイオウイカ1

ダイオウイカ1

(出所:NHK)

いやー、すごかった。窪寺博士やまわりの博士との連携もすごいけど、NHKもすごい。一体何が出てくるのかと、まるで映画の次のシーンを観ているようで、謎の一端が解き明かされたわけです。

ダイオウイカ2

ダイオウイカ2

(出所:NHK)

タイタニックの船を海底で発見したのとは、また違った感覚の偉業ですね。
探査船は、水深1000メーターまで耐えられる、透明なドームの形で、340度の視界を搭載した最新鋭の潜水艇2隻に、NHKが開発した深海用超高感度カメラを搭載して潜って、200メーター以上から800メートルあたりの、トワイライトゾーンと呼ばれる深海に潜航して撮影。

その瞬間の撮影は、深海800メートル以上潜航し続け、ダイオウイカを追いつつ、おとりのイカを食べた瞬間から、深海に消え去るまで撮影されました。

一朝一夕では達成できない研究も、探究心を常に持ち続けていくことが、偉業達成につながる典型的なモデルだということが分かります。
http://www.nhk.or.jp/ocean/giantcreature/
NHKスペシャル
「世界初撮影! 深海の超巨大イカ」の再放送は、2013年1月17日(木)午前0時25分から1時時23分あるようです!

↓楽天で調べると、一部売り切れがあり、ダイオウイカはさすがに撮影されていませんが、と言うより、深海でのBBC海洋ドキュメンタリーDVDに興味がある場合ですね。

↓参考まで、アマゾンのサイトで価格も分かります。デープオーシャンは、深海の意味ですね。深海で繰り広げられる生き物のドラマ?

 - 話題 , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
山中伸弥京都大教授 ノーベル賞 iPS細胞とは

山中伸弥京都大教授 ノーベル賞 iPS細胞とは山中伸弥 ノーベル賞 iPS細胞は、昨年も受賞候補としてあがりお馴染みではあると思いますが、ついに!ノーベル医学生理学賞を受賞されました。山中伸弥 ノーベル賞受賞 iPS細胞と3文字が2012年に現実となりました。おめでとうございます。そもそも、iPS細胞とは、一体何?ですが、人工多能性幹細胞(iPS細胞)で(Induced pluripotent stem cells)の略。つまり・・

no image
つみきのいえ、の加藤監督作品、オスカー受賞となるか?

つみきのいえ、の加藤監督の作品が第81回アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされ、いよいよ、22日、『つみきのいえ』が、アカデミー賞受賞式で作品賞でオスカー像を手にできるのか、発表も間もなく。

no image
信頼性は長きに亘り築き、反面、信頼性を失うのは一瞬で!

信頼性は長きにわたり築れますが、反面、信頼性は一瞬で失います。最近のホテルのメニューの誤表記、偽装など問題になっていますが、食材や食事のメニューが違った状態で、そもそも長い間、人の前に提示されていることは考えにくいわけです。ここにきて信頼性が問われる問題を一流ホテルが突きつけられています。ちゃんとしているホテルまで迷惑がかかるのですね。

no image
EMIを加えた音楽・映画のコンテンツの強化で

ソニーが英音楽大手EMIの著作権を保有している音楽出版事業を買収したようで、フランスのメディア企業ビベンディ(音楽大手ユニバーサル・ミュージックも同社のグループ)とレコード部門の事業を、それぞれ分割して買収したのですね。2社合わせた買収総額は41億ドル(3200億円)と膨大な金額ですが、コンテンツビジネスを推進しているソニーからすれば、膨大な著名アーティストを要し、著作権の保有する音楽部門と映画などの映像部門で強化を図ることで・・

no image
4Kテレビが映像の世界を根本的に激変させる技術とは?

4Kテレビが映像の世界を根本的に激変させる技術とは?としていますが、誰しも気になる4Kテレビ(4K TV)の秘める力は、全ての映像を根本から変えるだろうと思っています。その4Kテレビは、まさに夢のテレビになる技術と将来性を秘めています。これは、ハイビジョンからフルハイビジョンになった変化の度合いとは桁外れに違うこと。また、3Dに変化した時代とは根本的に違いがあります。理由は・・・?映像を直接これまでに観た映像とは違う絵を直視できることと、楽しみが視覚的、直感的に想像以上に楽しめることです。これまでに観たこともない映像として楽しめるだろうと想像できるのですね。じゃー、本当にそうなのー?と思われるでしょうから、その理由の一つに・・

no image
ミオドレ・ダイエットとは?

ミオドレ・ダイエットって?、ミオドレ・ダイエットが静かな人気の訳は?と、いうことで調べてみると、「ミオドレ・ダイエット」の書籍で読むことで人気になってきて、自宅でも手軽に試せることが一つの人気の要因のようです。

no image
東日本大地震に関する災害情報

東日本大地震に関する災害情報源

no image
世界の大富豪の被害総額いかほど?

「世界の大富豪の被害総額いかほど?」トップ20の記事の中に
あの投資の神様である、ウォーレン・バフェット氏が・・

ワールドカップ 2014 サッカー、ブラジルや西村主審は? ザックは?

ワールドカップ 2014 日程 日本時間でも サッカー見られ、ブラジルの試合キッ …

no image
ガソリン200円時代?

6月1日から、リッター173円、あり得ない数字を、どんどん更新している。1日で十数円の値上げ、投機マネーが、原油価格を押し上げ、儲かったお金が、さらに投機に拍車をかけ、余剰金が、株へと向かっているように思います。