生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

ヤンキース 田中に一体何が起きているのか?

      2014/07/11

ヤンキース 田中に一体何が起きているのか?と、
(写真出所:Yahoo、スポニチアネックス)

田中のビッチングを観ていると、
誰もがそう感じるのではと思います。

 

田中のピッチングは最近になって
様子が急変してきています。

 

これは7月に入って急にあれっと思う
変調が見られてきたのです。

 

ツインズ戦で4失点、続くインディアンス戦では、
6回3分の2を投げて2本の本塁打、

10安打を浴びて5失点で降板しました。

 

クオリティスタート(Quality Start・・先発投手が
6イニング以上を投げ、かつ3 自責点以内に
抑えた時に記録)どころではなく、

 

たがが外れて、それを通り越してしまいました。
その瞬間は、あっーと思ったものでしたが。

 

これだけマー君が打ち込まれて降板に至ることは
これまではありませんでした。

 

日本でも見られなかったシーンが、メジャーで!

 

中よりのコースに入る甘い球を打たれています。
明らかに田中に何か異変が起きているのか、

もうしばらく様子を見てみないと分かりませんが
これまでとは違う投球をしています。

 

インディアンス戦後に田中は右肘に痛みを訴えて
15日間の故障者リスト(DL)入りしました。

 

球団が即座に15日間のDL入りを決断
ジェラルディ監督が、彼のことを考えて
検査を受けた方がいいということになったのです。

 

田中はニューヨークからシアトルに移動。
ヤンキースのチームドクター、
クリストファー・アーマド氏の診察を受け、
日本時間12日に詳しい症状を発表する見込み。

 

これが、最近の投球と関係があるのかは分かりませんが、

これまでの投球とは何か違い
ピッチング内容が変化して来ていることは確かです。

 

ボールにキレや正確さが見られないのが気になります。

 

考えられる理由としては、
登板間隔が4日間(メジャーでは普通)の連続と、

 

これまでより登板間隔が
1、2日間早まっていることが腕の筋肉疲労

体調管理がうまく機能していないのか、骨への異変
体に疲労が溜まってきている可能性もあるかもれません。

 

つまり疲れが取れないので
コントロールが定まらないキレが無いことに。

 

もうひとつは、相手チームが田中対策を取り始めたこともあります。

実際に、チームとして田中の低めは我慢して打たず
甘く入ってきた球を打てと指示を出しています。

 

これまでも、球場のセンターフィールドの
ホーム・センター間の深い球場では
センターがフェンス際に走って行って、
ぎりぎりキャッチしたシーンも見られました。

 

明らかに低めは捨てて、
真ん中のストレート待ちをしているのが分かります。

 

田中の投球を分析して研究しています。
そのあたりを逆分析して対抗する必要はあります。

 

田中はだましだまし体を使い、
疲れをカバーしていることは
口には出しませんが、

 

自分の投球を知っていると言っているので、
もしやこれまでのピッチングで知らず知らずに
腕を酷使しているのでは・・・

 

現在、右腕を検査のため、
ニューヨークに行って
MRI(磁気共鳴画像)検査を受けています。

 

しかし、最大の理由は
腕や肘の筋肉や骨の異変
田中は感じていていたのか、
知っていた可能性はあります。

 

どうも、このあたりが気になるところです。
MRIの結果がなんともなければいいのですが・・。

少し心配するところです。

 - スポーツ , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。

甲子園大会地方予選 高校野球
夏の甲子園大会の地方予選は色々なドラマが待っている!

高校生の野球の頂点である甲子園大会、 予選を勝ち抜いて代表の1校が 各都道県から …

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは、それぞれの考え方一つにもあると思います。イチロー選手も松井選手も、『一流のプロ中のプロ』であることは、疑いもない事実ですね。松井秀喜も、引退しましたが、古巣のニューヨーク・ヤンキースやジャイアンツからも、また、これまで所属した同僚や監督、関係者をはじめ、新聞ではニューヨーク・タイムズにも大きな記事を飾って、大いなる賞賛をもらっていることからも、分かりますね。とにかく、多くの関係者から、大きな賞賛をもらっているわけです。そして、関係者の口から出る言葉は、皆、判で押したように、異口同音、松井は『プロ中のプロ』と、言われているのですね。これは、単に持ち合わせているプロの技術だけでなく、取り組む姿勢や考え方、人柄であったり、若手への手本や教え方であったりするわけです。

no image
イチローの絶好調と絶不調の理由とは?

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?と、いった大げさなタイトルですが、でも、イチローは今、絶好調!米大リーグが、ア・リーグはヤンキースのイチロー選手を週間MVPに選考しましたね。2年ぶり、4度目の受賞です。38歳にして、6試合で25打数15安打の打率6割、2本塁打、5打点、7得点、6盗塁ですから文句の付けようもないどころか、一瞬、進化したのでは?と、思ってしまうほどです。笑。いゃ、実際、ヤンキースで進化したのかも。半分冗談で、半分本気です。ただ、イチローに何かが起きていることは事実です。それは・・

苦境から脱出する方法
行き詰った時に、苦しい現状から脱出する唯一の方法や手段は?

何かに行き詰まることは、仕事・職場や生活、   家庭・家族、対人、お金 …

no image
mlb ダルビッシュ、イチロー、黒田、岩隈らの活躍は?【5月版】

mlb ダルビッシュ、イチロー、黒田、岩隈らの活躍は?【5月】気になる日本人(MLB)メジャーリーガーが多数活躍する2013年メジャーリーグ・MLBライブ中継時系列として、最新の日本人メジャーリーガーの記事を日付順に記載。5月1日の日本人MLBは、いきなり、ヤンキースの黒田とイチローの先発で観れ、しかも同日、レンジャーズのダルビッシュの試合も同時並行とは、贅沢な試合展開・・

no image
田中将大投手の成績や防御率も急速に改善!?修正点・問題点を解決?

米大リーグで活躍するヤンキースの田中将大投手が、NHK「プロフェッショナル 仕事 …

no image
イチローがヤンキースに電撃移籍トレード!

イチローがニューヨーク・ヤンキースに移籍が決定したと、メジャーリーグが伝えています。かなり衝撃的な、電撃ニュースです。代わりに、ヤンキースからは、右投げの25歳のミッチェル投手と同じく25歳のデニー投手がマリナーズに移籍し、プラス金銭トレード。なんと、イチローがヤンキースに移籍します。これまで、イチローのバッティングが低迷しているだけに、ヤンキースで、どれだけのことが出来るのか?環境が変わって、黒田も在籍している、スーパースター軍団のニューヨーク・ヤンキース・・

no image
WBC2013侍ジャパンメンバーで3連覇を目指して!!

WBC2013年の、侍ジャパンメンバーが決定しました。狙うはWBC3連覇を目指して!!それしかありません。ダルビッシュも、イチローも黒ちゃんもいません。しかし、ピッチャーもなかなか揃っていてあとは、打線がしっかり打ち込んでくれれば、いい線を走れるのではないでしょうか。あの、広島戦との戦いは、初戦の実践とは言え山本監督も誤算だったと思います。では、WBC2013年の、侍ジャパンメンバー28人は・・

no image
イチローのすごさ

ご存知のとおりイチローは数々の記録を塗り替えています。
とりわけ、その中でも15年連続3割打率が超すごい。過去の超一流の名選手を見てもイチローのこの記録に並ぶ選手は皆無。あの、王選手、長嶋選手、打撃の職人張本選でも。