生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

ヤンキース 田中に一体何が起きているのか?

      2014/07/11

ヤンキース 田中に一体何が起きているのか?と、
(写真出所:Yahoo、スポニチアネックス)

田中のビッチングを観ていると、
誰もがそう感じるのではと思います。

 

田中のピッチングは最近になって
様子が急変してきています。

 

これは7月に入って急にあれっと思う
変調が見られてきたのです。

 

ツインズ戦で4失点、続くインディアンス戦では、
6回3分の2を投げて2本の本塁打、

10安打を浴びて5失点で降板しました。

 

クオリティスタート(Quality Start・・先発投手が
6イニング以上を投げ、かつ3 自責点以内に
抑えた時に記録)どころではなく、

 

たがが外れて、それを通り越してしまいました。
その瞬間は、あっーと思ったものでしたが。

 

これだけマー君が打ち込まれて降板に至ることは
これまではありませんでした。

 

日本でも見られなかったシーンが、メジャーで!

 

中よりのコースに入る甘い球を打たれています。
明らかに田中に何か異変が起きているのか、

もうしばらく様子を見てみないと分かりませんが
これまでとは違う投球をしています。

 

インディアンス戦後に田中は右肘に痛みを訴えて
15日間の故障者リスト(DL)入りしました。

 

球団が即座に15日間のDL入りを決断
ジェラルディ監督が、彼のことを考えて
検査を受けた方がいいということになったのです。

 

田中はニューヨークからシアトルに移動。
ヤンキースのチームドクター、
クリストファー・アーマド氏の診察を受け、
日本時間12日に詳しい症状を発表する見込み。

 

これが、最近の投球と関係があるのかは分かりませんが、

これまでの投球とは何か違い
ピッチング内容が変化して来ていることは確かです。

 

ボールにキレや正確さが見られないのが気になります。

 

考えられる理由としては、
登板間隔が4日間(メジャーでは普通)の連続と、

 

これまでより登板間隔が
1、2日間早まっていることが腕の筋肉疲労

体調管理がうまく機能していないのか、骨への異変
体に疲労が溜まってきている可能性もあるかもれません。

 

つまり疲れが取れないので
コントロールが定まらないキレが無いことに。

 

もうひとつは、相手チームが田中対策を取り始めたこともあります。

実際に、チームとして田中の低めは我慢して打たず
甘く入ってきた球を打てと指示を出しています。

 

これまでも、球場のセンターフィールドの
ホーム・センター間の深い球場では
センターがフェンス際に走って行って、
ぎりぎりキャッチしたシーンも見られました。

 

明らかに低めは捨てて、
真ん中のストレート待ちをしているのが分かります。

 

田中の投球を分析して研究しています。
そのあたりを逆分析して対抗する必要はあります。

 

田中はだましだまし体を使い、
疲れをカバーしていることは
口には出しませんが、

 

自分の投球を知っていると言っているので、
もしやこれまでのピッチングで知らず知らずに
腕を酷使しているのでは・・・

 

現在、右腕を検査のため、
ニューヨークに行って
MRI(磁気共鳴画像)検査を受けています。

 

しかし、最大の理由は
腕や肘の筋肉や骨の異変
田中は感じていていたのか、
知っていた可能性はあります。

 

どうも、このあたりが気になるところです。
MRIの結果がなんともなければいいのですが・・。

少し心配するところです。

 - スポーツ , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
MLBライブ中継はネットの醍醐味!

MLBライブ中継はネットの醍醐味!ダルビッシュV.S.黒田ついに、日本人対決実現!ネット中継の威力は、こうしたダルビッシュV.S.黒田との登板で特に感じます。YAHOO!スポーツの一球速報、ttp://live.baseball.yahoo.co.jp/mlb/game/live/?id=2012042509、MLBライブ中継、http://gyao.yahoo.co.jp/mlb/live/とても、便利な時代に入ったものです。これまで、TV中継でしか視聴できなかったものが、ネットでの生中継が、一球速報と相まって視聴できることは、とてもありがたいことです。ttp://live.baseball.yahoo.co.jp/mlb/game/live/?id=2012042509、MLBライブ中継、http://gyao.yahoo.co.jp/mlb/live/とても、便利な時代に入ったものです。これまで、TV中継でしか視聴できなかったものが、ネットでの生中継が、一球速報と相まって視聴できることは、とてもありがたいことです。

no image
大谷翔平の二刀流、1軍ピッチャーデビューがついに実現。

日本ハムの二刀流、大谷翔平が1軍ピッチャーとしてデビューがついに実現です。これは、多くのファンや、大谷に関心ある観衆からも注目している大きな試合になる一方で、そして初先発登板となる2013年5月23日のヤクルト戦の前売り券の売れ行きは上々のようです。過去に大谷が打順8番で先発し、視聴率はわずか2.6%と「こんなに世間の関心が低いと」と関係者は青ざめているようですが、しかし・・

no image
田中のプロ野球新記録21連勝は更に大リーグ24連勝記録を更新するか?

楽天の田中は西武と8回5安打1失点で今季無傷の17連勝してプロ野球の新記録達成しました。田中は、昨季からの連勝記録は松田(巨人)、稲尾(西鉄)を超えプロ野球新記録となる「21」に伸び、この後もどこまで続くかに関心があるところです。稲尾が記録したのは、当時の三原監督が6回裏から稲尾を投入したものの

no image
松井引退の本当の理由は?ビフォー・アフター

松井の引退の本当の理由は実はそうだったのですね。知らなかった。まだ、やれると思っていましたが、これで、理由が分かってきました。2006年、松井が膝をかばうスライディングキャッチしましたね。この肘を損傷したプレーがきっかけでで加速したようにも思っていました。↓松井のスライディングキャッチ。ある程度は、筋トレしていたり筋トレのやり方だけなのかと思っていたのですね。どうして、シーズンを通して、キャンプや自主トレを含めて十分な筋トレをしていかないのか?このあたりが、ずっと疑問で、知りたいところでした。Business Mediaが伝えたところによると実際のところ、松井の膝の傷や故障にあったようです。ジャイアンツ時代に、古傷であった左ひざをかばうため、・・

大谷 日本最速162Km
日本ハム・大谷、日本最速新記録163キロへ!カウントダウン開始!

オールスターゲーム第2戦(甲子園)で、 全パは日本ハム・大谷翔平が先発し、日本最 …

no image
WBCとプロ野球、更に次期開催の熱望と期待

星野ジャパンはオリンピック結果として9試合を戦い、4勝5敗と負け越した。監督は試合前、「今までわれわれが子どものころから学んできた野球というものを見せればいい。それは基本に忠実にあり、正々堂々と戦っていくということ」と語っていた。それは、それで間違いではないし、正論でもあるでしょう。

甲子園大会地方予選 高校野球
夏の甲子園大会の地方予選は色々なドラマが待っている!

高校生の野球の頂点である甲子園大会、 予選を勝ち抜いて代表の1校が 各都道県から …

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。

ヤンキース 田中将大
ヤンキース 田中が2017年メジャー開幕戦で打ち込まれた理由は?

ヤンキース 田中が開幕戦でメッタ打ちに打ち込まれた状況は?   ヤンキ …

no image
ダルビッシュ、イチロー、青木、黒田、岩隈らの活躍は?【6月版】

2013年6月に入り、岩隈も勝利を重ねていくにつれて評価を上げていますが、レッドソックスの田沢、上原も絶好調で推移しています。今の上原にとって、イチローはもはや目じゃない?タイミングを完全に外してどっちが主役か分からなくなってきています。どうもイチローは浮き足立ったバッティングが目立ち、つまり、何か腰が浮いているような、地に付いていないバッティングの感じがします。難しい球を打つのがイチローの特徴の一つなのですが、打ち頃の球も見逃しているので