生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

「タイタニック」V.S.「タイタニック3D」対決は?

      2016/12/18

あの「タイタニック」は、1997年に公開され、映画の数々の記録を塗り替え、興行収入260億円余りを記録した映画ですが、

ジェームズ・キャメロン監督の3D化により、「タイタニック3D」として、ついに公開です。

3D化、3次元の変換に1年2カ月、製作費約1,800万ドル(約14億円)、監督と約300人の制作スタッフが結集して完成させた映画のようです。

来日したジェームズ・キャメロン監督が、ケイト役のケイト・ウィンスレットの髪の毛1本1本を含めた多くの映像シーンの中で、映像の深みや厚みを立体化させての作業は「気の遠くなる手作業」と伝えています。

原版映像の傷みを取り去り、映像を一旦、きれいにした後に3D化の作業を進めた手順で、監督の作品にかけるプロのこだわりが随所に出ています。

なんでも、今年はタイタニック号の沈没から100年という節目の年にあたり、「タイタニック」を、3D版の新しい映像に創り替えた「タイタニック3D」ですが、映画.comによると、3Dに変換したものの内容は一切変えていないとされています。

ただ、Huffingtonpostが伝えるところでは、1カ所だけ修正が加えられ、それは、天文学者で宇宙物理学者のニール・ドグラース・タイソンが、あの名場面のクライマックスシーンに映りこむ星の位置が正確ではないと指摘されて、監督はかなり悔しがり、

1912年4月15日午前4時20分の星図を教えてくれたら、映画を修正すると伝えました。

それで、今回の新作では、タイソンの指摘に基づいて星の位置が修正されることになったと言われています。

ここまでこだわった作品に仕上げた、新しい「タイタニック3D」は、再び、新たな感動を呼べるのでしょうか?観てみたいところです。

それこそ星の数ほど映画作品がある中、映画は有名、無名の作品を含めてジャンルも色々で、映画は見る人によって、それぞれ思いは違いますが、映画ファンの一人として、「タイタニック」は、過去から現在にいたるまでこれまで観た映画の中では、ベスト3に入る映画のひとつと言えます。

この「タイタニック」は、興味本位で上映時に一人で観に行ったのですが、あまりにも良くて感動したのでその感動を共有?したくて思わず妻を連れて再度、観にいきました。

何か、今からしても昨日観たような感じは残っています。

脚本・ストーリーもしっかりして、手に汗握る展開、事細かに、再現化をはかり、妥協を許さない仕上がりで3時間余りの映画も、そんなに長い感じはしませんでした。

むしろ、あっと言うまで、もっと長く観ていたかったほどでしょうか。
観る人の感動を呼び起こした作品だと思います。
当時、映画史上、空前の興行収入を得たのがわかります。

ストーリー、映像、音楽が、それぞれの映像シーンにマッチしている構成で、どれをひとつとっても秀逸の構成と作品だと思います。

いまだに、タイタニックの主題歌セリーヌ・ディオンの「My Heart Will Go On」は、今、こうしていても色あせずに、聴くと心にしみて、何度聴いてもいいです。

「タイタニック」は、とてもお気に入りの一つですが、今の関心は、「タイタニック3D」が
「タイタニック」を超える新たな感動を与えられるかどうか、3Dが加わることで、作品の持つ良さを完全に残しつつ、前回の感動を超えて新たな感動や躍動感・立体感を受けれるのかどうか。

そして、「アバター3D」は、3Dで無い方が、個人的には良かったと思っているので「タイタニック」V.S.「タイタニック3D」対決でどのように迫ってくるのかどうか。

タイタニック号の船内や甲板の奥行き感、シーンの迫力と臨場感が一段と増しているようですが監督の、その映像マジックが、一人の映画ファンとって、その全体像をどのようなテイストで迫ってくるかが楽しみでもあります。

また、思いのある恋人といっしょに観に行くのもいいですね。^^

余計なお世話でもありますが(汗)

ストーリー(人生)は自分で作るもの(自分の歩んでいく人生・恋愛・生き方)ですね。

つまり、いつまでも待っているだけでは先に進まないと言うことです。汗

人生をいっしょに歩む・歩んでいる人を見つけ
素晴らしい人生を創っていこう!!

 - 話題 ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
オバマ氏の演説は、どこがそんなにすごいのか?

オバマ氏の演説、題名からして、批判記事かと思ってスルーしようとしたが、実はそうではない。かなり、興味深い毎日新聞の特集記事になっているので、今回、そのまま紹介してみたいと思います。
なぜ、アメリカ大統領候補の当初は無名のオバマ氏が、ここまで、知名度の高いクリントン氏を追い上げてきたのかという、理由が垣間見ることができます。

no image
ヤンキースの田中将大投手への『想いの強さ』が入団の大きな決め手!

田中将大投手が遂にヤンキースと合意!固唾を呑んでメジャーの注目を一身に集めていた田中将大投手がヤンキースと合意しましたね。ヤンキースは井川投手で苦い経験があったものの、田中投手の将来性を見込んでヤンキースの柱を作る意味でも大きな決断をしたわけです。先日は、カーショー(ドジャース)の7年2億1500万ドル(約217億5800万円)と、度肝を抜く契約金額で衝撃を与えましたが、ヤンキースも負けじと・・・切り札を切ってきました。

no image
可愛い子猫、子猫版モグラたたき

可愛い子猫、子猫版モグラたたき、子猫の貰い手を探すためと言われていますが、youtubeを通してどこまでかは分かりませんが、子猫の貰い手は無事見つかったようです。

no image
日経8,000円台と、日本円70円台定着可能性へのFXと資産運用

日経平均も9,000円割れ寸前で下降していますが、ドル/日本円も80円を割ってきました。日経平均8,000円台と、日本円70円台定着の可能性は有り得るかもしれません。原油もヨーロッパ、ユーロの不安定要素が強くなり始めてきて原油の値下がりが始まっています。原油の値下がりは経済にいい影響を与える一方で円高と株価の値下がりは、企業にとっては厳しい環境条件になりつつあります。過去も円高の還元のメリットは、原油にしても、さほど感じられませんでした。

西村雄一氏が、ホンジュラス対エクアドル戦で第4審判に

ワールドカップ2014年、ブラジル戦で主審を務めた日本の西村雄一氏は、6月20日 …

no image
レッドクリフPart1とレッドクリフPart2

レッドクリフ Part1は、予想外の面白さでした。そして、公開されたレッドクリフ Part2は、これからが楽しみです。歴史超大作の、「三国志」を映画して、製作費用100億円を投入して製作されました。「M:I−2」のジョン・ウー監督が総指揮をとり、完成させたのですが、レッドクリフ Part1だけでも、あっという間に観終わり時間があっと言う間に経過しました。

no image
超高級パソコン登場

アイティメディアによると、PCショップ「ハーキュリーズ」を経営するグッドボックスはこのほど、プラチナ筐体採用の超
級デスクトップPCを発表しました。価格はJUPITERモデルが8000万円、MARSモデルが6000万円(いづれも税込み)超高級のパソコンが登場したようです。

no image
髪の毛が生えるiPS細胞で脱毛症の治療は?

髪の毛が生えるiPS細胞で脱毛症の治療はできるのか、本来、一番知りたいところ気になるところ。髪の毛が生える技術の進歩もiPS細胞のエンジンで推進していきそうな勢いになりつつあります。なんと、髪の毛が生える元の『毛包』を部分的に再生させる実験に成功したようです。慶応大学医学部の大山専任講師らのチームが、人のiPS細胞(人工多能性細胞)を利用して髪の毛を生成させる『毛包』を部分的にせよ、再生することを確認できたことは・・・

no image
本田圭佑選手の視力2.0の視力回復のレーシックの良さは?

本田圭佑選手(サッカー日本代表)が、レーシックの視力回復施術のを受けていたようです。Yahoo・東京ウォーカーによると、本田選手の視力は、右眼と左眼ともに、視力が0.4から2.0と劇的に回復したとのことで、本田圭佑選手自身、以前から視力の低下を実感していて2012年6月中旬に、SBCメディカルグループが展開する視力矯正専門院「新宿近視クリニック」でこれまで興味を持っていたというレーシック施術を受けの視力の完全回復に成功したようです。この、レーシック(LASIK)は角膜屈折矯正手術の一つで、

no image
ソチの浅田真央ちゃんがフリーで蘇った理由とは?

浅田真央ちゃんがソチ・オリンピックで魅せた最高のフリープログラムでの演技は感動を覚えるものでしたね。フィギュアスケート界の選手だけではなく、世界中の多くの人が感動を覚えたシーンでもありました。では、どうしてショートプログラムでミスをして、フリープログラムで蘇ったのかですが、元々、浅田真央ちゃん自身は天性の才能と併せて不屈の努力の賜で生み出された技ですが、あくまでも憶測の範囲内ですが、今まではひよっとして一つの欠点と不運を同時に持ち合わせていたかもしれません。