ミス・ユニバース・ジャパンの美の秘訣は?パート2

ミス・ユニバース・ジャパンの最終選考会で、2012年度の「2012 ミス・ユニバース・ジャパン」の栄冠を勝ち得た日本代表の素敵な女性は、2012年ミス・ユニバース・ジャパンは「原綾子(はらあやこ)」さんに決定しました。

Yahoo! BEAUUTY賞は、叶里沙さんが受賞です。
優勝者の1位の原綾子(はらあやこ)さんは2012年12月に開かれる、
ミス・ユニバースの世界大会に出場されますが、

今回のミスユニバースの最終選考会のファイナリストの中には、昨年同様に、大学生、モデル、自営、家事手伝いから販売員、会社員、専門学校生、講師など、多彩な顔ぶれで、ファイナリストとして選考されました。

ミス・ユニバース・ジャパンのファイナリストの、各プロフィール、インタビューや一覧は下記のYahoo!BEAUTYからも動画も含めてごらんいただけます。

ファイナリストのインタビューや動画、一覧は、YAHOO!BEAUTYの、こちらから
また、原綾子(はらあやこ)さんの動画を含めた密着取材は、こちらから。

和服姿も、とても似合います。
ところで、ファイナリストの中でも、ミス・ユニバース・ジャパン代表になった原綾子さんの美の秘訣が知りたいところですね。

前年の2011年ミス・ユニバース・ジャパン代表、神山まりあさんは、こちら2012年の今年も、スッキリ!で、ミス・ユニバース・ジャパンになった美の秘訣を披露されています。

たとえばヒップアップ、第一に大切なヒップアップは、美の生命線の手は、壁か椅子などにつけて、ヒップと、ももに意識を集中させながら片脚を後ろに上げます。

ヒップ・ももを意識することで、力がそこに加わっている感覚で感じることが大切のようです。

朝、昼、夜など、空き時間に一日30回を3セット繰り返し。
ながらトレーニングで、待ち時間とか、空き時間があれば試すのでもいいですね。

第二に良質な間食・デザートをとります。
口寂しさに加えて主食を補うための栄養を中心に考えた間食です。

食べれるし、満足感も満たされる感じで。
少量でも満腹感が持続して、抗酸化作用があるアーモンドやクルミはビタミンEが含まれて健康を保ってくれます。

クルミの脂肪は、コルステロールを除去するリノール酸が含まれ、高血圧や動脈硬化にも良いとされています。

もともとは、美容食としても食されていて、肌にもいいですしビタミンCやビタミンB1、ビタミンB2やミネラルも含まれているので体にもいいですね。

三番目に、ドライフルーツやチョコレートもお腹の中で元に戻り腹持ちにもよく、
空腹感を抑えるので少量でも満腹感があるのがいいようです。
ただし、食べすぎないことですね。

第四に、.仙台藩作法があって、基本の立ち方に気をつけながら基本の立ち方は、背中に棒が1本入っているイメージを持って立ち、姿勢はまっすぐのまま、崩さず座るときもそのままの状態で座る作法で、座る際に、片足を一歩下げて、ゆっくり膝をついて座るカタチが姿勢作りにいいようです。

背筋をしゃきっとすることが、内面と外観にとっても美につながるわけですね。
確かに、背筋の通っている女性は美しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。