パソコンデータ破損は失恋よりも痛手

パソコンデータの損失は、失恋するよりも大きなストレスになる――シマンテックが発表した「PC利用時のストレス調査」の結果です。(出所:IT mediaより)

ストレスの度合いは、ハードディスク(HDD)故障などで、パソコンデータ破損により、精神的ダメージがない状態を0、最悪の精神的ダメージがあった状態を10として、ハードディスク(HDD)などのパソコンデータが損失した時の精神ストレスを数値化すると、

「財布紛失」(7.99)
「友情を失う」(7.41)
「病気やケガをする」(7.32)
「PCが故障して使用不能になる」(6.99)
「PCに保存していたファイルをすべて損失」(6.98)
「失恋をする」(6.03)

これは、PCデータ破損によるストレスを各世代、年齢すべてで上回ったとのこと。

財布の紛失も、精神的ダメージが大きいですが、失恋よりも、ハードディスク(HDD)データ破損の方が痛手が大きいとは。

ハードディスクhdデータ破損のショックが大きいとはPCデータ復旧に要する時間からも容易に想像できますが失恋の方が大きなダメージになりそうですけど・・

パソコンデータバックアップ大切ですね。
パソコンデータ復旧作業に膨大な時間がかかり、取り返しのつかない痛手も大きい理由の一つ。

ハードディスクHDデータ破損具合のバロメータは、統計資料に現れてこない部分もあるので、いちがいに言えませんが、パソコンなどのハードディスク(HDD)使用が、5年以上経てば、
hd破損や損傷がいつ起こっても不思議ではないでしょうし、パソコンのディスク・ハードディスクHD破損は損傷するのが前提と言われていますので。

そのためにも、それぞれが対策を少しでもとっていれば最小限に食い止めることができるので、出来る範囲でデータバックアップはやっておくことをお勧めします。

下記にその対策サイトがあったので、ご参考まで。
http://backup.hikaq.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。