iPhoneとアップル(Apple)

iPhone(アイフォーン)は、アメリカで発表された際には製品の仕上がりに驚きました。

そのiPhone(アイフォーン)は米アップルの携帯電話で、iPhone(アイフォーン)は、携帯電話というより、大げさに言うと、インテリジェンス携帯端末機器の方が合っているかもしれません。

そのiPhoneが多くのアメリカ国内店で品不足状態になっているとのことです。部品の不足か、新機種投入に備えて調整との見方もあるようです。

iPhoneに限らず、iTunesiPod、から創業後のアップルコンピュータ製品マッキントッシュPowerBook、ソフトウエアについても常に先進の技術機器を開発・販売してきている企業で、iPhoneはその製品の中の一つです。

これだけ多くの製品を創り出し、その一つひとつの製品が優れ、それぞれが大ヒットしているものはこれまで類を見ないケースではないかと思います。
しかも、コンセプトそのものが、新鮮にそのまま消費者に届けられる。

先端のMacなどのハードだけでなく、iTunesなどソフト面でも。

アップルCEOである、スティーブン・ジョブズ氏は音楽はもとより、映像・CGや、サウンド、ビジュアル、ソフトウエア、通信など、かなり深い領域にいたる範囲で輝かしい実績をあげていることがこれまでの実績の中で感じます。

これまで存在しなかったコンセプトをカタチにしていて、長期にわたって今もロングランでヒットして、進化しながらも、一つひとつの製品や技術、ソフトが、各々関連性のあるストーリを持っています。

このiPhoneにしても、これまでに無い画期的製品だけに、他のメーカーの製品にまでも波及して、その業界を発展させ、活気ある市場にも創り上げています。

それぞれが話題や注目の製品だけに、その在庫の品薄一つを取り上げても色々な憶測が出るのは当然と言えば当然かもしれませんね。

アップルとジョブス氏は相思相愛、まさにアップルをガレージで創業し、内外から育て上げ、一人の技術者として、また一目置かれるCEOとして過去から現在にいたるまで注目され、実績を上げ続けています。

それは株主からだけではなく、ユーザーやファンからも大きな注目を集め、また期待され、内外で存在感を感じられるCEOでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。