生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

アップルがNo.1(ナンバーワン)

      2014/05/18

アップル(Apple)がついに、米国で賞賛される企業のベスト20社をアメリカ経済誌のフォーチュン誌が発表した、2007年に17位だった、アメリカ電子機器大手のアップル(Apple)がNo.1(ナンバーワン)となったと、ニューヨーク共同が伝えています。

アップル(Apple)の躍進ぶり、成長性が光ります。
日本のトヨタ自動車は順位を2つ下げて5位。

アップル(Apple)と言えば、スティーブ・ジョブズ氏率いる、あの前社名アップルコンピュータ(Apple Computer)。

アップルコンピュータをジョブズ氏とスティーブ・ヴォズニアック氏がガレージ内に共同で創立して、紆余曲折の後、ここまで来た新鋭の会社。

そのガレージ(車庫や物置)からスタートした会社が、日本の代表的企業である、トヨタ自動車を抜くとは当時、誰もが想像していなかったと思います。

それだけ、ここ数年を見ても、また過去を遡っても、アップル(Apple)が、常に革新的な存在で、近年でも、iTuneミュージックの音楽配信であったり、iPodであったり、

また、アメリカで発売されて話題になったiPhoneであったり、話題が途切れることなく、常に革新の製品を打ち出してきたアップル(Apple)ならではのベストワンだと思います。

これだけ斬新な製品投入をしている会社、また、過去にない製品を斬新なアイデアと想いをカタチに変えて、常にヒット商品を送り出している会社は、強い記憶中でもありません。

投入するものを全てといっていいほど、ヒット商品に変えるのは至難の業であると同時に、将来のイメージ図を明確に描けているのはCEOと周りのブレインだったり、スタッフでしょう。

その過去からの製品は、コンピュータの冠をとってアメリカ電子機器の分野のジャンルになっていますが、コンピュータにしても現在、世界一薄いノート型ラップトップパソコンiBookとして登場しています。

製品が創業当時から現在に至っても、意思や理念、イメージなど、既存市場には無いコンセプトを製品化するAppleの持つ企業理念が一貫して今なお受け継がれ、息づいている、まさに過去のジョブズ氏のDNAが今も止まることなく更に進化しています。

企業の役割、コンピュータから始まって、分野は電話機器、音楽、映像、通信など幅広く、特筆できるのは、その一定分野にとらわれず、

例えば印刷業界をも巻き込んで一変させ、印刷を誰もが驚くほど根本から変えてしまった展開が自然に出来ている点も優れた企業と言えます。

Appleの企業理念の根幹は、既存のものに全く囚われない精神、より便利で快適で楽しめる、そして、驚くほど役に立つこと、そして、感動があること、教育から企業、家庭、個人にいたるまで。

そして、これまで誰もが成しえなかった事、またイメージすら出来なかったことを、完成度の高い製品に仕上げ、市場に送り出したこと。しかも、普及品として、時にはプロ用として。

企業の役割が、過去のコンピュータから抜け出して、お客様の満足度も高めつつ、上記のドメイン(領域)内外間を新たに満たし続けている。

スティーブ・ジョブズ氏の、過去から現在に至るまで、基調講演でも毎回見られる、創業当時からの一貫したラフスタイル、自由闊達なスタイルこそ、製品の自由度や真髄が、製品の範疇や進化にも生かされ息づいているのかもしれない。

守備範囲が広く、かつ奥深く、さらに革新的新製品の攻撃範囲もそれ以上に裾野を広げている。

それで、自然に注目される企業の一社になってくるのは、これもまた必然ですね。

アップル(Apple)のこれから先の躍進がどこまで進むのか、ジョブズ氏のDNAがどのように引き継がれるのか、注目です。

 - 企業 , , , , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ゼネラル・モーターズ(GM)とアップルコンピュータ(Apple)

ゼネラル・モーターズ(GM)とアップルコンピュータ(Apple)は共に、アメリカを代表する超優良企業ですが、金融危機に直面して、温度格差が出始めました。

アップル iphone6
iPhone6 デザインは、外観がオールグラス製で先進性・機能も重視?

アップル iPhoneのデザイン性は、 もともと外観性にも優れ、   …

no image
マッキンゼー出身者が活躍や成功する理由は?

マッキンゼー出身者が成功するのはなぜ?と、話題になっています。多くのマッキンゼー出身の優れた卒業生が、様々な分野の産業界で活躍している中、経済評論家の勝間和代さんやオイシックス(Oisix)創業者の高島宏平さんもまた、食材宅配のネット販売で同じように活躍しています。これらのマッキンゼー出身者の活躍が実力を十二分に発揮してその業界のリーダー的存在としても成功しています。では、なぜ、マッキンゼーから優秀な人材続々と出てくるのでしょうか?その理由が面白いです。

no image
PC最大手ヒューレット・パッカード VS エーサー(EeePC)

エーサー(台湾パソコンメーカー)、が発売したノートPCのEeePCは、5万円を切る価格、液晶画面は7インチでもネットワーク機能は搭載しているみたい。3日間で1万台を完売して、更に生産が追いつかない状態が続いて夏近くまで、品薄状態が続く見込みとのことです。一方、パソコン最大手ヒューレット・パッカードは、

no image
新製品はハイテクぞろい

ハイテク製品といっても様々、最近では、デジタルカメラで撮影するにも、被写体(撮影対象者)を登録しておけば、その被写体を追っかけて焦点を合わせるデジカメまで出てきました。

no image
iPhoneのCMとギャラクー・ギアCMの独創性と価値とは?

企業の文化やスタイルはCMにも現れ、製品同様にいかに新製品を伝えるか、どう表現してアピールしていくかは、その企業が持つ独創性、そのものですね。製品にオリジナル、これまでにない、独創的な製品を創り出したり(作るのではなく)、過去に見たこともない、あっと驚くほど優れている製品を創る企業が存在する中で

伝えることから始めよう!販売とは『伝たわる力』?

『伝えることから始めよう』とは、著者であるテレビ通販大手のジャパネットたかたの前 …

no image
電気自動車の実現性は

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は1日、産経新聞などの取材に応じ、電気自動車(EV)を2012年までに新興国を除いた全世界に販売する方針を明らかにしました。(ここまで出所:産経新聞)ようやく、電気自動車がお目見えすることになりましたね。大学など、自動車メーカーでなくても電気自動車の開発・試作・試乗をしていて、自動車メーカーより開発意識は高いように思えます。

no image
金融危機とG・M(ゼネラル・モーターズ)

金融危機により、G・M(ゼネラル・モーターズ)含む、アメリカの三大自動車メーカーの資金の流れが急変しています。株価の暴落、恐らく1929年の世界恐慌同等か、下手すればそれ以上の恐慌にもなりかねません。

no image
CIが企業・製品イメージを変える?

松下電器産業が、社名をパナソニックに変えると発表しています。CI導入により、統一性を出すということですね。
つまり時代の流れの中で、企業の持つ役割が変化したことを意味します。ナショナル、松下電器、パナソニックと、現在バラバラになった状態のロゴになっているので社名と製品イメージを統一することによって、製品のブランドの持つ力を効果的に引き出すのと併せ、引いては社名のブランド化も図ることも主眼としていると思います。