生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

本物志向と未来の先取り

      2014/05/17

新製品、新サービスからテクノロジーも含めて本物志向とは何か?、が問われています。

車から携帯、スマートフォンを初め、幅広い業界・業種、ジャンルにおいて、『本物志向』とは、の問いに対して明白な答えの一つに、『お客様目線指向』があります。

例えば、自動車は、「走る」、「曲がる」、「止まる」一つでも、欠けると用を成し得ません、安全性が大前提になりますが、お客様目線に立ってサービスを考えると、危険と思われることに対して徹底的にかつ完全に危険を回避する安全走行。

安全性は勿論、例えば、「空間の快適性と利便性、乗り心地、節約・経済性、ステータス性」等々。

動力の駆動もエコになり、省エネ化が一層進みこれまでの既存の駆動一辺倒から、変化の兆しが進んでいます。

恐らく、今後は経済性の加速度が付いていくと思われますが、ハイブリッドが進み、蓄電池など集エネルギー化に加速されて電気自動車に注目がいくのは、ごく自然の成り行きになるでしょうか。

つまり、お客様目線での経済性、普及性が問われてくる時代に入ることです。

『あれば便利』、『あったら便利』といったことで高いガソリンで走行するスタイルから変化が進み、これから先に見えることは、これまでにないスタイルが生まれてくることになります。

例えば、携帯のスタイルでもそうですね。iPhoneが携帯のそのものに変化をもたらし、既存の携帯を進化させ、スマートフォンのスタイルに携帯が同時に併用して変化を遂げています。

携帯のガラス面を指でなぞると、表示画面がスムーズに変化する。
「こうあったらいいのに」「こんなのあったら欲しい」を、これまで想像できなかったことへと体現しています。

更に、現在の技術を、さらに飽くことなく発展性につなげて、止まることなく進化をし続けています。

車で言うと、ハイブリッド駆動から次世代への駆動で走る世界です。

例えば、Googleは検索、世界地図、スマートフォンやPCなどのネットワークを利用することで、人にとって便利で役立つ社会を目指す未来志向。Googleも、既存の世界から一歩抜きん出るため、自然と進化をしようとしています。

発展には、『お客様目線指向』の先取りがあれば次のステージに躍進できるキー、比較優位を持てることになります。

ある状態では、絶対優位とも言えるかもしれません。

技術は後で考えみることも時にはアリではないでしょうか。

単に製品だけではなくカスタマーサービスやサポートも優秀であれば、これこそ最高ですね。
目線を、現在の環境から抜け出し、生活の鏡から一歩外に出て、自らを映し出す。感動を与えるサービスや製品であるかを自ら問うことから始めて、見直してみる。

それが、全てのジャンルのプレーヤーに求められることではないでしょうか。

 - 企業 , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
パソコン大手デル(Dell)は、かつてのように復活できるのか?

マネジメントバイアウト(MBO)の成立を受けて、株式市場上場を廃止となるようです。CEOのマイケル・デル氏は、「デルは非公開企業として新たな道を歩み始める」と述べているようですが、新たなる道を作るためにも絶対その方がいいですね。株主の利益追求や株主の顔色を伺って経営していては、うまくいくものもいかなくなる可能性が高いと思われます。それよりも、創業した当初の起業家精神を発揮して、デルが生まれ変わるくらいの気持ちで再浮上を目指すことが望ましいですね。

伝えることから始めよう!販売とは『伝たわる力』?

『伝えることから始めよう』とは、著者であるテレビ通販大手のジャパネットたかたの前 …

no image
PC最大手ヒューレット・パッカード VS エーサー(EeePC)

エーサー(台湾パソコンメーカー)、が発売したノートPCのEeePCは、5万円を切る価格、液晶画面は7インチでもネットワーク機能は搭載しているみたい。3日間で1万台を完売して、更に生産が追いつかない状態が続いて夏近くまで、品薄状態が続く見込みとのことです。一方、パソコン最大手ヒューレット・パッカードは、

no image
金融危機とG・M(ゼネラル・モーターズ)

金融危機により、G・M(ゼネラル・モーターズ)含む、アメリカの三大自動車メーカーの資金の流れが急変しています。株価の暴落、恐らく1929年の世界恐慌同等か、下手すればそれ以上の恐慌にもなりかねません。

no image
Googleの英断

Googleの中国国内における、言論の自由については、注目していましたが、本土撤退のGoogleの英断は、本来持っているGoogleの良さが損なわれておらず、GoogleのDNAは息づいている、自由闊達な企業風土、コミュニケーションが生きていた。

no image
エンジン・ガソリン時代の終焉?電気自動車(EV)、PHV時代の到来か!

数年前に、このブログでもガソリン車に代わって電気自動車の時代になると何度か、その …

no image
アップルがNo.1(ナンバーワン)

アップル(Apple)がついに、米国で賞賛される企業のベスト20社をアメリカ経済誌のフォーチュン誌が発表した、2007年に17位だった、アメリカ電子機器大手のアップル(Apple)がナンバーワンとなったと、ニューヨーク共同が伝えています。

アップル iphone6
iPhone6 デザインは、外観がオールグラス製で先進性・機能も重視?

アップル iPhoneのデザイン性は、 もともと外観性にも優れ、   …

no image
電気自動車の実現性は

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は1日、産経新聞などの取材に応じ、電気自動車(EV)を2012年までに新興国を除いた全世界に販売する方針を明らかにしました。(ここまで出所:産経新聞)ようやく、電気自動車がお目見えすることになりましたね。大学など、自動車メーカーでなくても電気自動車の開発・試作・試乗をしていて、自動車メーカーより開発意識は高いように思えます。

no image
iPhoneのCMとギャラクー・ギアCMの独創性と価値とは?

企業の文化やスタイルはCMにも現れ、製品同様にいかに新製品を伝えるか、どう表現してアピールしていくかは、その企業が持つ独創性、そのものですね。製品にオリジナル、これまでにない、独創的な製品を創り出したり(作るのではなく)、過去に見たこともない、あっと驚くほど優れている製品を創る企業が存在する中で