生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

007 スカイフォール 主題歌にアデルが作曲も

      2014/05/17

007 スカイフォール主題歌アデルが正式決定しました。

007 スカイフォールは、アデルが歌う主題歌には相応しいです。アデルの声量では、どんな映画音楽にもフイットしそうですが、007 スカイフォールとなれば適任!です。

日本での公開が12月1日で007シリーズの最新作でもありとても待ち遠しいです。

その、007スカイフォールが、2012年11月、北米、イギリスなど一足先に公開され、北米の興行収入ランキングでは、8780万ドル(約69億7000万円)で初登場首位に立ったようです。

また、オープニング週末興収は、「007」シリーズ50年の歴史で過去最高記録を樹立。

人気スパイ映画シリーズである反面ライバル不在で、現在公開中の人気映画が不在のせいもあるかもしれません。

ちなみに、ロイターによると、他に公開中の映画ではディズニーの3Dアニメ映画「シュガーラッシュ」(日本公開3月23日)は、3310万ドルで2位に後退。デンゼル・ワシントン主演の「Flight(原題)」は1510万ドルで、3位とのこと。

それで、10位のホテルが250万ドルだから、8780万ドルの007スカイフォールは、いかにぶっちぎりの首位かが分かります。

音楽では、オリコンによると、グラミー賞で主要3部門を含む最多6冠を獲得したアデルは、77人からなる大編成のオーケストラをバックにレコーディングされたという壮大な楽曲に。

しかも、アデル自身が、007スカイフォールのために作曲したというから、一層、新鮮さを感じ、
興味深い一曲となります。

アデルは以前、アデルの楽曲でも取り上げましたが声量感あふれる、ある意味独特の雰囲気を醸し出すハスキーボイス的な歌声は伝統的な007シリーズに、かなり似合います。

シリーズ生誕50周年を迎える記念作、007 スカイフォールは確かに、ボンドシリーズの大きな節目です。

ロンドン五輪で、エリザベス女王をエスコートした6代目ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグ
やることが、映画バリで似合います。イギリスも粋なことをやります。センスが本当に粋。日本では、絶対有り得ないでしょうか。

撮影開始まで、色々ありましたが、落ち着くところに落ち着いたダニエル・クレイグ


ニヒルなダニエルのボンド役は定評も人気もあります。恐らく、世代によってボンドは
1代目から6代目までそれぞれの中で生きているのだと思います。

なにしろ、ジェームス・ボンドシリーズは生誕50周年を迎えたわけです。


007ファンなら想いも、より深いですね。
007 製作50周年記念版 ブルーレイBOX

007スカイフォールの監督はアメリカン・ビューティー(1999年)で、アカデミー作品賞、監督賞など5部門で総なめした受賞のサム・メンデス。

映画界と音楽界それぞれの最高峰を「アカデミー賞」と「グラミー賞」受賞で極めた最高の二人のコラボは、ダブルで楽しめて絶対絶対見逃せません!!

映画と音楽で楽しめるのは映画ファンにとって最高のクリスマスプレゼント!!
本当にビッグプレゼントですね。

シリーズ第1作、ショーン・コネリーが初代ジェームス・ボンド役で「007 ドクター・ノオ」でデビュー。オリコンによると、その「007 ドクター・ノオ」が1962年10月5日にイギリスで公開され、

その日が「ジェームズ・ボンドの日」で現地時間の5日午前0時07分、つまり007時間(日本時間8時7分)に、アデルの公式サイトで主題歌「スカイフォール」が初公開されます。


それなりの雰囲気は醸し出しているので決して悪くはないと思いますが、007ファンの一人からすれば、もう少し、独特の世界を作る007ならではのインパクトと、パンチが効いたメリハリ感があれば最高でした。

その日からiTunes Storeでも「007スカイフォール」の発売予定です。これも映画に先行して、楽しみ!ですね。

いよいよ公開です。007スカイフォール公式サイト
http://www.skyfall.jp/site/
映画「007シリーズファン」は、
007 製作50周年記念版 ブルーレイ BOX

 - 話題 , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
オバマ氏の演説は、どこがそんなにすごいのか?

オバマ氏の演説、題名からして、批判記事かと思ってスルーしようとしたが、実はそうではない。かなり、興味深い毎日新聞の特集記事になっているので、今回、そのまま紹介してみたいと思います。
なぜ、アメリカ大統領候補の当初は無名のオバマ氏が、ここまで、知名度の高いクリントン氏を追い上げてきたのかという、理由が垣間見ることができます。

no image
ミオドレ・ダイエットとは?

ミオドレ・ダイエットって?、ミオドレ・ダイエットが静かな人気の訳は?と、いうことで調べてみると、「ミオドレ・ダイエット」の書籍で読むことで人気になってきて、自宅でも手軽に試せることが一つの人気の要因のようです。

no image
誇り高きリーダーとは。

麻生首相、日本は大丈夫ですか、と思わず問いただしたくなる失態を中川昭一財務相兼金融担当相がテレビを通して全世界に披露しました。政治をよく知らない若者までが横で笑って言っていました。「面白いけど、(失態)やめて欲しい」と、まじ顔で。

no image
Google版WikipediaのKnolを一般公開

米Googleは、昨年末から招待制でテストしてきた知識共有ツール「Knol」を一般公開した。knolは(unit of knowledgeを意味する)」と呼ばれ、各トピックをよく知っている人それぞれが信頼できる解説を書いてもらうことが目的で、公開までテスト段階を経ていた。

イチローのフィールド外での超ファインプレーとビックサプライズ

ヤンキースのイチローが2014年6月11日にセーフコ・フィールドで、ヤンキース対 …

no image
STAP細胞『刺激惹起性多能性獲得細胞』の驚くべき大発見

STAP細胞『刺激惹起性多能性獲得細胞』の驚くべき大発見が!体の細胞に酸性の溶液で刺激を与えるだけで、人工多能性幹細胞(iPS細胞)などと同様、あらゆる臓器や組織になれる「万能細胞」を作ることに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターなどのグループがマウスの実験で成功しました。iPS細胞では通常作製に2〜3週間かかるのに対し、STAP細胞では最短2日間で作製して、成功率や使う際の安全性も高く

no image
ソチの浅田真央ちゃんがフリーで蘇った理由とは?

浅田真央ちゃんがソチ・オリンピックで魅せた最高のフリープログラムでの演技は感動を覚えるものでしたね。フィギュアスケート界の選手だけではなく、世界中の多くの人が感動を覚えたシーンでもありました。では、どうしてショートプログラムでミスをして、フリープログラムで蘇ったのかですが、元々、浅田真央ちゃん自身は天性の才能と併せて不屈の努力の賜で生み出された技ですが、あくまでも憶測の範囲内ですが、今まではひよっとして一つの欠点と不運を同時に持ち合わせていたかもしれません。

no image
髪の毛が生えるiPS細胞で脱毛症の治療は?

髪の毛が生えるiPS細胞で脱毛症の治療はできるのか、本来、一番知りたいところ気になるところ。髪の毛が生える技術の進歩もiPS細胞のエンジンで推進していきそうな勢いになりつつあります。なんと、髪の毛が生える元の『毛包』を部分的に再生させる実験に成功したようです。慶応大学医学部の大山専任講師らのチームが、人のiPS細胞(人工多能性細胞)を利用して髪の毛を生成させる『毛包』を部分的にせよ、再生することを確認できたことは・・・

no image
東京スカイツリー・展望デッキ・天望回廊の予約は?

東京スカイツリータウンは、2012年5月22日開業オープン。1日にスカイツリーに登れる観光客の数は1万4000人とも言われていて、楽しみにしている方も多いと思います。いよいよ東京スカイツリータウン開業ですね!!東京スカイツリー展望デッキ(350m)の個人入場券の受付は日時指定の完全予約制で、7月11日からは通常販売なので、当日券は7月11日から発売されます。インターネットでの事前購入の予約受付は先着順。東京スカイツリー展望デッキ(350m)の先行予約は、2012年5月22日〜7月10日まで、完全予約制(当日券は完売)、2012年5月22日〜、通常営業(予約や当日券も発売開始)、5/22(火)〜7/10(火)完全予約期間、日時指定チケット抽選申受付は終了で、つまり、売り切れなのですが、ツアーなどの組み合わせで利用できる展望チケットを探すことで利用できそうですね。人気のプレミアムチケットになっていますが、

no image
BCNデータとGfKのデータの違いで記事にも大きな変化が!

製品やサービスなど、データのサンプリングをとるにしても、調査対象の中身によって、公表データの違いによってデータの取り扱い方にも随分差が出ることが分かります。朝日新聞によると、調査会社BCNでは、「iPad」を売る米アップルが初めて首位から陥落したとが発表されました。BCNデータ→エイスースが12月のメーカー別シェアで44・4%に急伸、アップルは40・1%、一方、GfKデータ→12月もアップルが首位を維持したとしています。違いは、BCNのサンプリング数は、調査対象の家電量販店がBCNでは約2400店のデータ数、iPadの入荷が多い複数の大手量販店が含まれていないデータによる発表。一方、GfKは約4000店、iPadの入荷が多い複数の大手量販店が含まれるデータです。データーひとつ採るにしても、調査対象製品が含まれる販売先によって随分データーの正確性に違いが浮き彫りになってくるのですね。