生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

プロ野球の無料ネット配信に2012年から変化が。

      2016/12/18

プロ野球は無料ネット配信でかなり使えそうですねから、変化が。

プロ野球の観戦で、直接球場に足を運ばない場合、野球観戦の仕方にも変化が出てきました。

これまでジャイアンツ戦が中心でTV観戦していたファン層も、また他の球団を応援していたファンにも観戦に幅広い選択枝が出てきました。

一部の無料のネット配信や有料のネット配信への移行や試合の途中経過やスマートフォンでの試合経過を楽しんだりネットでの楽しみ方が増えてきました。

(スマートフォンでのプロ野球観戦の楽しみ方は、別の当記事のこちらで。)
あのTV放映されたWBCが終わった後、気になる応援選手やチームが増えたことと思います。

ファインプレーが多かったことや、つばぜり合いの接戦を勝ち抜いてきて、各試合の途中経過が気になったりしてました。

決勝が終わるまで、テレビや試合速報に、くぎ付けになった方も多かったように思います。、

多くのWBC選手がそろってプロ野球やメジャーリーグで、それぞれ活躍しました。

2012年4月10日、ついにイチローV.S.ダルビッシュの直接対決が期待されています。

イチローV.S.ダルビッシュ対決予定?が観れるMLB日本公式サイト→MLB日本公式サイト
MLBライブ中継→GyaO・Yahoo!ライブ・MLBライブ中継

これまで、日本プロ野球では、ジャイアンツ戦が多く放送された一方で、お気に入りのパ・リーグのチームの応援やパ・リーグの中継を観たい場合は、プロ野球ニュースで結果を観るファンが過去は多かったと思います。

以前に比べれば、他の球団の放送が増えていますが、まだまだ観れないチームが多いのも事実です。

今は、ネットの一部メディアの情報でも、無料のネット配信で、試合や試合経過、ダイジェストが観れることが紹介されていましたが、最近は無料放送も有料化されたり、中継を取りやめる放送局も出始めています。

有料のネット配信が増える中で、パ・リーグを観たいファンもかつての無料のプロ野球のネット配信に変化が出ているのを感じると思います。

開幕後は、熱戦が各地で繰り広げられていますが、ネット中継やダイジェストが配信されると
これまで知られなかった選手も観れ、パ・リーグも海外移籍組みで選手層も変化した分、新たな若手選手も、ある球団では育ち活躍しています。

新しい時代のプロ野球選手が多く輩出されることを期待したいです。

Yahoo!スポーツ
は、パ・リーグの試合の無料生中継は、2011年まで観れましたが、2012年は、無料ではなくなり有料化や他の配信会社へサービスが移行しています。
ちょっと残念、と言うか、かなり残念!!

2013年のWBC侍ジャパンの放送も、同様にネットによる無料生中継はないのですが、
有料放送では、WBC2013年のライブ生放送を、スマホ・タブレットでも観れる時代に。
http://vod.skyperfectv.co.jp/channel/jsports

また、2013年のWBC侍ジャパン戦は、ネットではないですが、毎日jpのタイムディレイの時間遅れで、スコアリングが自動更新するライブスコアリングが見れます。

2013年3月2日 WBC 第1ラウンドA組 日本 対 ブラジル戦
http://mainichi.jp/sports/baseball/wbc/flash/20130302.html

2013年3月3日 WBC 第1ラウンドA組 中国 対 日本
http://mainichi.jp/sports/baseball/wbc/flash/20130303.html

3月6日 WBC 第1ラウンドA組 日本−キューバ
http://mainichi.jp/sports/baseball/wbc/flash/20130306.html

3月8日 WBC 第2ラウンド1組 日本−台湾
http://baseball.yahoo.co.jp/wbc/game/2013030814/top
↑yahooの一球速報を選ぶと、ディレイで、スコアの様子が分かります。

WBC2013、日本対台湾戦、9回2アウト、絶体絶命で鳥谷の二盗成功と井端が同点にする
奇跡的な感動の動画シーンは別ページこちらに。

また、MLBのネット配信による無料生中継は、2012年で当サイト別ページで記載していましたが、2013年の開幕はどう変化しているでしょうか。

変化があれば、またサイト情報を更新していきますね。
なお、阪神タイガース公式戦は、ページ中の、「熱闘ライブ」で有料になりますが、甲子園のみで、巨人戦除いて試合を2012年は生中継していました。

Tigers-net.com接続会員の方が対象のようです。
ここ数年、春から色々な野球観戦の楽しみ方があるので、多くの選手、お気に入りの球団を応援していきましょう。

 - 生活スタイル , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
夫婦間をうまくやる! 離婚を救う最大の処方箋とは!

夫婦間をうまくやる! 離婚を救う離婚を救う処方箋をご紹介したいと思います。なんと過去1年間に離婚した夫婦は1日あたりなんと約650組ものカップルが離婚。なんでそんなに離婚する夫婦が出てくるのー?と思われるかもしれません。もちろん色々な事情があってのことなのですが・・じゃー、少しでもこの離婚率の数値を下げることを、ひいては、夫婦間を救う処方箋も伝授しますね。そもそも離婚に至るまで以前に、さかのぼって考えて行く必要があります。

no image
ポップコーンは金塊に値するくらいポリフェノールを含有している?

ポップコーンは軽くて水分があれだけ少なくても、ポリフェノールが存在して、特にポップコーンの外皮である殻は最も注目に値するもので、実際にポリフェノールと繊維をあわせ持つ、高濃度を保持する王様的食品でもあり、それらは黄金とも金塊ともい言える価値が有るようです。金に匹敵する存在価値があるのがポップコーンなのですね。

no image
歯の健康美を保ち、歯周病を防ぐ最高の秘訣は?パート1

歯の健康美を保ち、歯周病を防ぐ最高の秘訣は?それは、歯のケアと、歯を正しく磨くこと!一斉に、えっー!!と聞こえて来ました。笑。歯のケア+歯を正しく磨くの両方がとても重要なのです。じゃー、早速、歯の健康美人を目指す最高の秘密を暴露しますね。これは、歯の美しさをキープするだけでなく将来にわたって、健康とお金の節約も出来る一挙両得の秘伝です。

no image
山中伸弥氏のiPS細胞と小保方晴子氏のSTAP細胞のコラボに期待!

iPS細胞(人工多能性幹細胞)の山中伸弥氏が、STAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)は万能細胞になるメカニズムはiPS細胞と同じ可能性があるため、ノウハウを提供し、協力したいと毎日新聞の取材で話しているようです。小保方晴子氏のSTAP細胞とコラボが実現すれば、人の再生医療の研究に一層の弾みがつくと思われます。それは更に研究の域を超えて、医療の現場で実践されることに拍車がかかると言えそうです。

no image
ダイエットチョコ実は高カロリー?

国民生活センターによると、一般的に30〜40%のカカオを含む、高カカオチョコレートが、各メーカーから発売され、種類も豊富にあり、売り上げを伸ばしている一方で、高カカオチョコレートはカカオの含量や脂質が多く、エネルギーは比較的に高いので、摂り過ぎにも注意が必要のようです。

no image
SNSサイトの新発見

SNS(Social Networking Service)、人と人とのネットワーキング上での出会いで、コミュニケーションがとれる、コミュニティタイプのネットワークサービスと言われています。話題を共有したり、語り合ったり、聞いたり、様々な会話がなされ2003年頃、アメリカが発祥地のようです。そのSNSの中でも、

no image
子育て支援・待機児童ゼロ&結婚と子供を増やすには?

子育て支援・待機児童ゼロはアベノミクスの三本目の矢としては十分に分かりますし、これまでの政策より良くはなっていると思います。でもこれだけではヤングママは納得出来ないこともあるのではと思います。このあたりは議論が出てくるようにも感じます。でもですよ、それよりもっと大切なことが必要になるのですね。結婚と子供を増やすには、どうするのーと言う根本的な問題です。少子高齢化が加速する中で三本の矢だけでは十分に足りていないのです。なぜか?・・・

no image
無意識はサラバ!、記憶を留める、記憶をたどることが役立つ!

記憶を留めたり、確かに辿ることで役立つことを実感しました。と、同時に無意識に行動しないことも大切!それは何か?実は運転免許証を一瞬紛失したのです。どこを探しても無い、確かに今まで持っていたのにと、何度も確認のために、書類まわりや車の中も隈なく探しても見つかりません。無意識と記憶はどうなったのか?

電気自動車(EV)
ガソリン時代の車から電気自動車(EV)の次世代エコカーが間近に?

これだけガソリンが高騰している今、 電気自動車(EV)の次世代エコカーに 移るの …

メルセデス・ベンツ The new S-CLASS
安全走行をハイテクで極限装備したベンツの S-CLASSの凄さとは?

グーグルの自動走行の中のシステムの一つ、安全走行を極めた車(自動走行車ではあまり …