歯科治療も病院設備や歯科医師の技術によっても違いあり

歯科治療

歯の治療に今まで何年も、または何度も治療に通った人も多いかもしれません。

歯科治療の基本はあるところまで同じでも、医療全体の技術が進んでいるのと同じように、歯科技術や歯科医院の設備や技術も進化してきています。

なぜなら、これまでずっと通っていた歯科医院があったのですが、たまたま偶然、違う歯科医院で治療することになって虫歯治療を受けると、以前行っていた歯医者さんと、たまたま偶然新しく行った歯科医院と比較すると技術面や治療方法で違いがあるということが分かったのです。

一般的に虫歯治療はある程度同じくらいで、多少の治療のうまいへたはあるにしても、あの歯を削る痛さが歯医者さんによって、うまい下手が異なるくらいしか分からず治療していたのです。それはこれまで通い慣れていたせいもあってずっと同じ歯医者さんに通っていたのですね。

普通の軽い虫歯の治療であれば、治療技術にはそう大かわりしないかもしれません。が、しかし虫歯が見えないところでどんどん進行して根本的な治療が必要な場合、先生によってその治療の考え方や仕方が違うのです。

このあたりが違うのかと分かるくらいその差はありました。かと言ってもちろんヤブ医者ではなく、ちゃんと普通に治療されていますが、ここという時、歯科治療の方法は両者の治療を受けるとその違いが分かるのです。ここを押さえるのと押さえておかないのでは極端に分かれます。

削られた歯や痩せ細った歯は戻らないから、歯科医院の選択も重要。

治療する機械、ディスプレー付きの治療設備では、目の前の患者に現状の歯の状態が口頭の説明だけでなく、モニターを通して視覚的に分かりやすく説明され、今どの歯の治療をどのようにして治さなければならないか視覚を通して説明していくので一目瞭然。

先生によっては歯の治療技術をしっかり持っていて初めてその治療ができるといった事実もあります。本当に偶然とは言え、それならもっと早くこの歯科医院を知っていれば良かったと思うほどです。

患者からすると病院の外観や中に入って医療装備は分かったとしても、先生の力量まではなかなか分かりません。

例えばこれまで慣れていた歯科医院に治療に通っていて慣れて違和感のないまま治療していると、何年たってもなかなか虫歯の治療が延々と終わらないと言うようなことも起こります。

それは歯科医院を変えて初めて分かることもあり、治療は根本的なことを解決する一方、本当は根深く根本的な治療が必要なところを、違うスタイルの治療で進めている歯科医院もあるわけです。

それは先生の治療の仕方や治療技術レベルによって変わってきて、システム的に治療を進めている先生や、先生と歯科技師や患者への関わり方も違いが微妙にあります。

その辺は何年も行って虫歯の治療しているにもかかわず、虫歯治療がなかなか終わらない場合、いつ行っても虫歯が増えているなど何かスッキリしないところなど感じれば、いい意味で一度、他の歯医者さんの治療を検討する必要もあるかもしれません。

結果、虫歯治療で削られた歯や痩せ細った歯は戻らないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。