生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

夫婦間をうまくやる! 離婚を救う最大の処方箋とは!

      2014/05/17

夫婦間をうまくやる! 離婚を救う処方箋をご紹介したいと思います。

2012年の厚生労働省の推計で、なんと過去1年間に離婚した夫婦は273,000組。1日あたり、なんと約650組、1時間で27組ものカップルが離婚していることになります。

なんでそんなに離婚する夫婦が出てくるのー?と思われるかもしれません。

もちろん色々な事情があってのことなのですが・・

では、少しでもこの離婚率の数値を下げることを、ひいては、夫婦間を救う処方箋を伝授すると。

そもそも離婚に至るまで以前に、さかのぼって考えて行く必要があります。

つまり夫婦間の根本的なことになります。

しかし、この考え方は夫婦間に無くてはならない最も大切なことで、また、夫婦間で意味や考え方を取り違えまま積み上がっていくと、もはや夫婦間は成り立たないことにもなるでしょうか。

あっ、これは夫婦間がちゃんとうまくいっている方は、スルーしてもらっていいのです。笑

ライブドア・新刊JPニュースで取り上げていた面白い記事があります。男性と女性では、同じ行為について受け取る意味が違うというのです。

ひとつの例題として、日常の家庭のゴミ出しは、ある調査によると夫婦でまったく別の意味を持ち、妻にとっては「夫の愛情を測るバロメーター」で、夫にとっては義務的な作業のひとつに過ぎないと言うのです。

夫婦間での捉え方、これってどうみても変です。もう一度、言いますね。「これは変です」笑

そうです、義務じゃーないのです。これがそもそも離婚につながる?かどうかは別として、ここを間違うと・・・全てが間違うことになります。では、答えはと言うより、普通は・・・

『思いやり、そう、相手への思い遣り』そのものなのです。

仮に妻が朝のゴミを収集して袋に集めたとしたら、夫はそれに対して、そっとフォローしてあげる

東京五輪の滝川クリステルさんではないけど、『お・も・て・な・し』ならぬ、

まさしく『お・も・い・や・り』そのものなのです。

この思い遣り無くしては、夫婦間は絶対成り立ちません。

逆に、そうした『おもいやり』を積み重ねていけば、かならず、夫婦間はうまくいく要因の一つになることを感じられると思います。

えっ、なぜかって?

現に、ゴミ出しをいつもしていて(逆に声掛けして)

夫婦間は、20年以上もうまくいっているからです。笑

あっ、もちろん、それだけではないですけど。

とても大切なことだということをお伝えたしたかったということです。

最近ちょっと、夫婦間でうまくいっていないと感じ始めたら、一度と言わず何度も試してみることをオススメします。

きっとうまくいきますよー♪

 - 生活スタイル , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
毛乳頭細胞工夫して毛包再生し、髪の毛が生えてくる?

毛髪を生み出す組織で、毛乳頭細胞(毛球の上部に位置して毛包を作る役割)を成人男性の脱毛症患者の後頭部から採取して、試験管内で培養後、マウスの皮膚組織に移植したところなんと、毛が生えたと・・

no image
子育て支援・待機児童ゼロ&結婚と子供を増やすには?

子育て支援・待機児童ゼロはアベノミクスの三本目の矢としては十分に分かりますし、これまでの政策より良くはなっていると思います。でもこれだけではヤングママは納得出来ないこともあるのではと思います。このあたりは議論が出てくるようにも感じます。でもですよ、それよりもっと大切なことが必要になるのですね。結婚と子供を増やすには、どうするのーと言う根本的な問題です。少子高齢化が加速する中で三本の矢だけでは十分に足りていないのです。なぜか?・・・

no image
原発ゼロを目指すことは、日本の未来にとっては大正解!

原発ゼロを目指すことは、日本の未来にとっては大正解!だと思います。小泉純一郎元首相が講演で「全原発ゼロを実現し、循環型社会を目指すべきだ」としたのはまさしく日本とってもいいことです。なかなか元首相が日本のあり方をとるスピーチをする人は少ない中で、「 未来の日本を考える」、ひいては「 未来の世界を考える」とも言えます。以前にも記述しましたが、天文学的な甚大な被害を経済的にも、精神的にももたらした原発事故や、放射性廃棄物、放射性物質の怖さを体験した日本にとっては、これ以上の最悪の環境をもたらす原発はもはや時代逆行と言ってもいいですね。

no image
2014年、毎年恒例で、日経新聞、朝日、毎日、読売新聞を比較する

日経新聞、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞の4新聞を、、毎年新年に恒例で朝一番に購入します。比較すると興味の持つ記事は人によりますが日本経済新聞の元旦の新聞は読み応えがあります。ハイテクを通して今後の生活に及ぼす流れの一端が見える多面的な記事がとても興味深いです。それは、1記事だけでなく複数のページ・紙面をとって独自に紹介しているのは日本経済新聞ならではなのかもしれません。このあたりは、他の新聞社でもできそうなのですが、どうしても芸能、スポーツの記載になるのはしかたのないことですね。

Google自動運転
Googleの自動運転車に乗る未来カーが、ついに一般人乗車で公開!

Googleの自動運転システム車で一般人が公道で走っている様子がついに公開されま …

no image
人とのつながりが希薄化してないか?

最近特に、人とのつながりが希薄化しているように感じられます。特に、若い世代でSNSなど、人のつながりは大切にする一方で、SNSやツイッター、フェイスブック、LINEなどスマホ化やPCの依存が大きくなるに伴い、便利な面や利便性も拡大しているわけですが、その一方で、本来の持つ、人とのつながりやリアルでの相手の痛みや同情する心、人の持っている優しさがこれまで普通に持っていた可能性のある人まで変化をもたらし、年々希薄化しているように感じられます。

no image
無意識はサラバ!、記憶を留める、記憶をたどることが役立つ!

記憶を留めたり、確かに辿ることで役立つことを実感しました。と、同時に無意識に行動しないことも大切!それは何か?実は運転免許証を一瞬紛失したのです。どこを探しても無い、確かに今まで持っていたのにと、何度も確認のために、書類まわりや車の中も隈なく探しても見つかりません。無意識と記憶はどうなったのか?

no image
歯の健康美を保ち、歯周病を防ぐ最高の秘訣は?パート1

歯の健康美を保ち、歯周病を防ぐ最高の秘訣は?それは、歯のケアと、歯を正しく磨くこと!一斉に、えっー!!と聞こえて来ました。笑。歯のケア+歯を正しく磨くの両方がとても重要なのです。じゃー、早速、歯の健康美人を目指す最高の秘密を暴露しますね。これは、歯の美しさをキープするだけでなく将来にわたって、健康とお金の節約も出来る一挙両得の秘伝です。

台風への事前準備・備え
台風情報・防災情報・台風への備え・事前準備は?

台風情報、台風・防災の備え・準備・確認事項 台風11号が高知県安芸市付近に上陸、 …

no image
健康を維持するため、PM2.5飛来対策や準備は?

PM2.5飛来への健康対策に必要な手段として、PM2.5対応の専用マスクの着用や、PM2.5の分布予測を見ながら対策をとることが必要になってきます。拡散しているPM2.5の吸引は体を蝕み、体や健康に大きなダメージにつながるため、自らが対策手段をとらないと・・・