ポップコーンは金塊に値するくらいポリフェノールを含有している?

ジョー・ヴィンソン博士はチョコレートやナッツ、その他の食べ物を健康的な見地から成分を分析するパイオニアですが、

博士が言うには、ポップコーンには、4パーセントの水分があるところにポリフェノールが存在している一方で、フルーツや野菜には90パーセントの水で希薄されたものの中にポリフェノールが含まれているようです。

つまり、ポップコーンは軽くて水分があれだけ少なくても、ポリフェノールが存在するのです。

特にポップコーンの外皮である殻は最も注目に値するもので、

実際にポリフェノールと繊維をあわせ持つ、高濃度を保持する王様的食品でもあり、

それらは黄金とも金塊ともい言える価値が有るようです。

金に匹敵する存在価値があるのがポップコーンなのですね。

ポップコーンは完璧なスナックの食べ物で100パーセント全粒穀物、

(全粒穀物(ぜんりゅうこくもつ)は、英語では、whole grains、

精白などの加工処理で、糠となる 果皮、種皮、胚、胚乳表層部といった部位を除去していない穀物のこと)

その他の穀物は加工されたり、他の成分で希薄されたりしています。

エアポップコーンはカロリーが低くて、電子レンジ加熱して作られるポップコーンの約半分のカロリーです。

新しい研究では、ポップコーンには300ミリグラムのポリフェノールが含まれ、

他方、スイートコーンには114ミリグラムのポリフェノールが、フルーツには、160ミリグラムのポリフェノールが含まれます。

抗酸化物質の量も以前考えられていたよりはるかに高く、ポリフェノールのレベルはナッツのものと匹敵するようです。

食べ過ぎには注意が必要ですけど、健康には良いことになりますね。

それゆえ、映画を観ても、観なくてもても、もはやポップコーンは手放せませんよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。