生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

冬に風邪をひかない7つのポイント!

      2018/08/19

冬の風は寒さやウィルス、体の栄養、

休養のバランスなどから体調崩して

風邪をひく場合が多いわけですが、

自身ではめったに風邪をひきませんが、

過去に風邪かなといった症状が見られたとき、

 

共通したポイントがあるのです。

冬に風邪をひかないポイントを挙げてみます。

 

 

1 .雪道を歩く時、除雪作業をする時。

 

安てのゴム長靴をはいて歩いたり作業することは、

即、足先が冷えることにつながり、

 

足元から体温が失われ

体全体を冷やすことになります。

 

体が冷える事で鼻水が出たりする兆候が現れます。

 

 

これを避けるためには

靴底の厚手のゴム長靴を使用すること、

少し厚めの靴下を履くことです。
2.例えば家でのデスクワーク。

 

家で仮眠をとる場合、

ちょっとした疲れからのうたた寝、

デスク前で椅子に座ったままの状態で

 

 

多少室内の暖房が効いていたとしても、

上に何も着ないで、そのまま薄着で

目をつぶってでうたた寝をすると、

 

これも知らないうちに、

体全体が冷えて行き、

 

 

目が覚めれば寒気をするなら、

それは風邪をひく前兆と言えます。

 

 

そのまま何もしないと、

まっしぐらに風邪を引く確率が高まります。

 

 

その場合は、気づいたときにすぐ、

足元、体を温めることに集中するといいです。

 

 

寒気を感じながら、

後回しにすると風邪をひくことにつながります。
3.極端な運動不足。

 

例えばまる1カ月間ずっと

運動していなかったりすると、

 

体の新陳代謝が効かず、

風邪のウィルスをもらいやすくなったり、

体調を崩したりすることが増えます。

 

 

少なくとも週1回はトレーニングなど

1時間程度の軽めの運動が必要でしょう。

 

可能であれば週に2、3回運動できればベスト!

(これは難しいかもです!)

 

 

4.栄養のバランスをとる。
例えば、お正月では、おせち料理などでは、

煮物、肉類、魚、野菜系がお重箱の中に揃い、

 

全体的に栄養のバランスがとれる

最高の食材が揃っているわけです。

 

 

普段はこうでなくても、

野菜、煮物、肉、魚などにあるような

バランスが欲しいところですね。


それが摂れれば風邪への対策も充分です。

 

 

5.睡眠、休養をとる。
これは当たり前のことですが、

なかなかとれない場合も多々あるかもしれません。

 

 

睡眠をとる、休養をとることは、

栄養バランスと同様に意識することで

体調を元に戻すことができるのです。
意識と実行が大切ですね。

 

 

6.人ごみの多い所はできればマスクを着用する。

 

時と場合によるかもしれませんが、

できればほこりが舞うような

 

人ごみの多い場所ではマスクを着用することが

1つの風邪予防対策の1つになります。

 

 

マスクを着用する場合は、

口元、鼻筋がきっちりと抑えられた状態で

着用すると効果的です。
(自身では勝手に免疫があると思い、

あまり着用はしませんが。笑)

 

 

7.冬ではとにかく体を冷やさない。

 

寒いところで作業する場合などでは、

厚手の下着、ヒートテックを着用したり、

 

 

下着の重ね着、体全体が暖かい

格好にしておくことがとても大切です。

 

 

体が寒いと感じたら、

気づいた時点で即、

 

その反対に体を暖まるような対策をしていくことが、

風邪をひかない秘訣と言えます。

 - 生活スタイル ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ダイエットチョコ実は高カロリー?

国民生活センターによると、一般的に30〜40%のカカオを含む、高カカオチョコレートが、各メーカーから発売され、種類も豊富にあり、売り上げを伸ばしている一方で、高カカオチョコレートはカカオの含量や脂質が多く、エネルギーは比較的に高いので、摂り過ぎにも注意が必要のようです。

英語翻訳
ネットの翻訳サイトで翻訳を試し、使い勝手ベスト5を選ぶと

翻訳は仕事や勉強や趣味に色々な用途やシーンに応じて使うことが多いかもしれません。 …

no image
うつ病の発生メカニズム解明で、自分で出来る範囲の対策は?

名古屋市にある名城大学の鍋島俊隆特任教授と名古屋大学などからなる研究グループが、うつ病の発生メカニズムを解明したと、NHKが伝えています。うつ病などを発症しやすくしたマウスを、集団と一匹ずつ隔離した場合に分けて、ヒトの思春期に当たる時期から3週間にわたって飼育した結果、ドーパミンの減少やうつ病に結びつく結果が出たのです。ドーパミンとは、成績や仕事で結果が出たり、美味いものを食べたり、収入など嬉しい報酬を得た際に分泌される脳内物質で、人の生存本能と深い関係があると考えられています。

指先の乾燥割れ
指の皮膚乾燥の割れを防ぐため専用の軟膏を購入後、試すと・・

秋から冬にかけて、指先、特に指の爪先のまわりの皮膚が割れてパックリ状態や、ひび割 …

no image
実際に1年前の白ワイシャツ襟の黄ばみと黒ずみ落としを実験しました。

1年前の白ワイシャツ襟の黄ばみと黒ずみを落とすべく、実際に試してみました。自宅でも大手のクリーニング店でも1年前の白いカッターシャツ襟の黒ずみは頑固なため、なかなか取れるものでありません。人によってワイシャツ襟の黄ばみと黒ずみは残ってしまうのですね。試してみた黄ばみと黒ずみを落とす手順は・・

ソフトバンク『Pepper・ペッパー』は人工知能 家庭用ロボット|感情を認識・会話も!

これまで家庭用ロボットでは、人型ロボットや本格的な人工知能的ロボットはありません …

no image
山中伸弥氏のiPS細胞と小保方晴子氏のSTAP細胞のコラボに期待!

iPS細胞(人工多能性幹細胞)の山中伸弥氏が、STAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)は万能細胞になるメカニズムはiPS細胞と同じ可能性があるため、ノウハウを提供し、協力したいと毎日新聞の取材で話しているようです。小保方晴子氏のSTAP細胞とコラボが実現すれば、人の再生医療の研究に一層の弾みがつくと思われます。それは更に研究の域を超えて、医療の現場で実践されることに拍車がかかると言えそうです。

no image
高速道路で突然事故や緊急停車、危険と事故回避する唯一の方法

高速道路で車がエンストしたり、事故やエンジントラブルでクルマが突然急に止まる場合、車が後続車に追突されたり、ぶつかる危険性が非常に高まり、その際に多くの更なる事故に発展して、後続車からはねられたり、追突されたりしてさらに大惨事になるケースが増えています。その危険性を回避する唯一の方法は、車内に、三角停止表示板や

高血圧で薬を飲んでも下がらない無い場合、原発性アルドステロン症も

NHKニュースで、高血圧で長年悩んでいる患者さんが、薬を飲んでも血圧が思うように …

no image
美顔・美肌はシワ・紫外線ケア、口臭対策は舌と歯のケアで

美顔・美肌、シワは紫外線対策で、口臭対策は舌と歯のケアが欠かせなくなりますが、通勤で、例えば車に乗って30分〜1時間運転したり、通学など徒歩で移動すると太陽の強い日差しは、ある一定の方角から顔や腕、手に紫外線を浴びることになります。それを毎日浴び続けて、全く手入れをしないと、紫外線が直接肌の内部まで浸透し、肌が乾燥し、肌の深部で作り満たしてる肌に潤いを作っている組織を破壊します。老化現象のような彫りの深いシワを時間をかけて形作っていくことになります。