歯の健康美を保ち、歯周病を防ぐ最高の秘訣とは?

歯の健康美を保ち、歯周病を防ぐ最高の秘訣は?
それは、歯のケアと歯を正しく磨くこと!

結論から言うとシンプルすぎますが、しかし最強です。

歯のケア+歯を正しく磨くの両方がとても重要なのですでは早速、歯の健康美人を目指す最高の歯のケア法を自身の体験上からお伝えします。

これは、歯の美しさをキープするだけでなく、歯のメンテナンスや将来、歯をボロボロにしない可能性など、時間と費用節約が出来る、一挙両得につながるでしょうか。あの歯医者さんまでの往復移動時間、待ったりする時間や処置時間を合わせると結構かかります。

ただ現在、歯周病やリンゴをかじると血が出たりするなら歯の治療が必要になってきます。
直ちに、歯医者さんに直行して歯科医師に相談して下さい。笑

なぜなら、そのまま放置しておくと後々、100%近く後悔することになります。

その理由は幾つもあるのですが、歯周病になったまま放置すると後悔する理由の一つ

知人の父が歯周病になっていて実際、今はどうなっているか知っているからです。

必ず原因があります。まず、歯のケアができていなかったのですね。かなり大雑把な歯の手入れでそのまま歯のケアも放置してきたものだから後がかなり大変だったのです。ほぼ総入れ歯状態です。

それに、自分も歯の手入れをしているにもかかわらず歯に歯垢(プラーク)が付いていって歯石に変化歯がどういう状態になるのかよく分かるのです。既に、歯科医で対策済みですが。汗

では、歯周病のまま放置するとどうなるか?
それは、歯垢が付いて残され、やがて歯石になることが原因で歯石が増えることで歯と歯茎の間にある歯周ポケットに深く潜り込み歯垢、歯石が原因で歯自体が知らず知らずの内に溶け出すのです。

溶けた歯は消失して元に絶対戻りません。

それを知らずにずっと月日や年月を重ねると、その変化に愕然とするのです。

徐々に徐々に変化していくから分かりづらい、これが怖いのですね。

さらに、歯ぐきに接している歯骨が溶けていくと歯茎が下がって歯が浮いてきて見え
歯の隙間が見えるようになってきます。

更に歯周病が進行すると、歯をイーっとすると、前歯では、歯と歯茎の間の隙間が見え出して
笑って歯が見えると隙間が見えるので歯並びや見栄えも、かっこが悪くなってきます。

かっこが悪いだけなら、まだいいのですが、何にもしないでそのままにしておくと最悪、将来、歯が傾きはじめて抜けます。

歯間ブラシを使ってこまめにアフターケアすることは、歯を1本でも残すためや

歯の裏側もチェックしてケアしてあげることはとても大切です。

それだけに、歯の健康な状態を長く保つことが必要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。