生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

Googleの自動運転車に乗る未来カーが、ついに一般人乗車で公開!

      2014/06/19

Googleの自動運転システム車で一般人が公道で走っている様子がついに公開されました。

これまでは、グーグルの社員が自動運転車に乗って無事故で公道を走る様子はYoutubeからも見れましたが、

今回は可愛いグーグル仕様の車で、年配者や子どもを連れた母親など含めた一般人が乗車している様子が公開されています。

自動運転システムは白紙の状態から始まり、グーグルの自動運転システムは今や、これまでのグーグル車とは違って、より一般人の乗車をイメージしたコンセプトカーに、一般人を乗せて公道を走るようになりました。

まさに未来カーの想像上の車で、以前では到底実現できるとは考えられないことでした。

ちょっとした買い物や車の運転ができない人、目の不自由な人や、またちょっと体調が悪くても、自動運転で目的地や病院にまで連れて行ってもらえる時代に変化してきています。

現在はプロトタイプで安全性が優先されていて、車の中は豪華な仕様になっていないものの、運転手に負担をかけずに目的地までドライブすることが可能になってきました。

車の中はハンドルやアクセルペダル、ブレーキペダルはありません。あるのはボタン1つと、目的地まで行くためのディスプレイがあるという車内仕様になっています。

ハンドルも無いのですよー、アクセルもブレーキもないとは・・・。音声応答で目的地を指示しているのでしょうか? 今後はそうなるでしょうね。

とにかく現在も安全性が優先され、今後行われる様々なテストによってさらに人々が交通移動できるようなシステムを構築していく予定のようです。Google自動運転カーでは48万キロを無事故で走破してる驚異の車ですから、より安全性と実用化に向けて確かな前進ですね。

今後も死角や障害物など、色々な交通ケースが想定されるので、より安全走行できるようデータを蓄積していくのですね。

車は40キロ制限の仕様になっていて、フットボール場の2面コートの広さの距離の多面的な範囲を検出でき、それぞれの方向面に広がる大きさの範囲に存在する物体を検知できるので交差点の交通渋滞の状況にも役立つようです。

今後さらに安全性や実用性を高めて、多くの人たちが安心して乗れるような自動運転システムになっていくと思われ、電気自動車と合わせてますます楽しみになってきましたが、

今後進化するもの、停滞して進まないものなど、これからの未来は色々な分野で淘汰が進んで、これまで出来なかったことができる身近な便利な未来に進んでいけばいいですね。

 - 生活スタイル ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

苦境から脱出する方法
行き詰った時に、苦しい現状から脱出する唯一の方法や手段は?

何かに行き詰まることは、仕事・職場や生活、   家庭・家族、対人、お金 …

ソフトバンク『Pepper・ペッパー』は人工知能 家庭用ロボット|感情を認識・会話も!

これまで家庭用ロボットでは、人型ロボットや本格的な人工知能的ロボットはありません …

電気自動車(EV)
ガソリン時代の車から電気自動車(EV)の次世代エコカーが間近に?

これだけガソリンが高騰している今、 電気自動車(EV)の次世代エコカーに 移るの …

Lit Mortors リットモーターズ C1
未来型の先進的なEVシティコミューターC1は未来を変える?

Lit Mortors(リットモーターズ)は、下記の動画にある未来型の先進的なE …

no image
恋愛の女性の悩みを解決するには?

女性の恋愛の悩みを解決するには、一口では片付けられるものではないわけですが、そうかと言って、うまくいかない、出来なーいでは済まされること、済まされないことが出てきます。それにです、20歳代前半の恋愛、20歳代後半過ぎてからの恋愛と、30歳過ぎてからの恋愛では、心理的面や精神的なゆとりにも変化が出てきます。

no image
インフルエンザAウイルス予防はR-1乳酸菌ヨーグルトで可能?

R-1ヨーグルトは、免疫力を上げるなど健康効果機能がある機能性ヨーグルトとして、注目されてきていますが、その理由は、従来の整腸作用や内臓脂肪の軽減や抗炎症作用に加え、機能性ヨーグルトが、マウスの研究実験からインフルエンザAウイルスへの感染予防の効果を雪印メグミルクが発表しています。ウイルス量と炎症を示す指標が軽減化され、腸内の免疫力にかかわる善玉菌も回復したり良い作用をしているようです。

no image
引越しに見積もりと比較は必須?

引越しに見積もりと比較は必須ですね。引越しのサービスも大切ですが、引越しの関心事は最初に引越し料金、見積もり、サービスでは各社違いがでます。では引越しは比較して・・

メルセデス・ベンツ The new S-CLASS
安全走行をハイテクで極限装備したベンツの S-CLASSの凄さとは?

グーグルの自動走行の中のシステムの一つ、安全走行を極めた車(自動走行車ではあまり …

指先の乾燥割れ
指の皮膚乾燥の割れを防ぐため専用の軟膏を購入後、試すと・・

秋から冬にかけて、指先、特に指の爪先のまわりの皮膚が割れてパックリ状態や、ひび割 …

no image
うつ病の発生メカニズム解明で、自分で出来る範囲の対策は?

名古屋市にある名城大学の鍋島俊隆特任教授と名古屋大学などからなる研究グループが、うつ病の発生メカニズムを解明したと、NHKが伝えています。うつ病などを発症しやすくしたマウスを、集団と一匹ずつ隔離した場合に分けて、ヒトの思春期に当たる時期から3週間にわたって飼育した結果、ドーパミンの減少やうつ病に結びつく結果が出たのです。ドーパミンとは、成績や仕事で結果が出たり、美味いものを食べたり、収入など嬉しい報酬を得た際に分泌される脳内物質で、人の生存本能と深い関係があると考えられています。