毛髪アンチエイジングで抜け毛予防と髪の毛が生えるにはパート2

毛髪アンチエイジングで抜け毛予防するだけでなく、ある方法で試すと、髪の毛が生えてくる効果もあるようですと、お伝えしてましたが、先ず生活面では、洗髪する前に、1〜2度ほどシャンプーする前に髪の毛をシャワーで洗い流します。

髪の毛についた汚れや埃を取り除く他に、頭皮を柔らかくしたり、頭皮の血行を良くする役割もあります。

その上で、出来れば髪に合ったシャンプーを使用すればなおいい訳ですが。
以下が大切なことになります。

名古屋市立大学大学院の岡嶋教授の研究によれば、例えば唐辛子に含まれている、カプサイシンと大豆に含まれるイソフラボンを摂り続けたら髪の毛が増え、髪の毛も太くなったという事実が出ました。

毛髪の薄い方には朗報です。

加齢が進む連れて、少なくなるアンチエイジ成分が減り、髪の毛の成長が止まり、抜け落ちるのが一般的でした。

このカプサイシンイソフラボンによって毛髪の成長を助け、男性でも全員でないにしても優に70%以上、女性では男性の半分近くの確率で髪の毛が生えてきたことが実験から分かりました。

この夏は、ややもすると、頭皮に汗をかくので毛穴が詰まることが多くなります。

毎日のシャワーで、頭皮を清潔に保ち、毛穴に脂が詰まったまま翌日まで放置しておかないことや頭皮ケアや頭皮マッサージが、この夏一層必要になります。

髪の毛のいたわりを大切にしたいですね。それと、ストレスを溜めずに、深酒もほどほどに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。