生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

松井氏のヤンキース退セレモニーでの存在感は

      2014/05/17

松井氏のヤンキースの異例の引退セレモニーがありました。

ヤンキースでも存在感を改めて感じる一日限りの松井氏の引退セレモニーでしたね。
引退を発表する前まで、壮絶な日々の戦いは凄まじいものがあったと思います。

その自らの引退後も、こうしてヤンキースのセレモニーに招かれるのは通常では考えられないわけです。

ジータークラスではないとそうした特別セレモニーはあり得ません。ヤンキース広報でも前例を把握していないと。

松井とヤンキースナイン記念撮影

松井とヤンキースナイン記念撮影

(出所:共同)

引退セレモニーでは、多くのファンも拍手喝采の中、暖かく迎え入れられたことは、
それだけいかに人望が厚かったのですね。

ジーターも自ら、松井をプロフェショナルと言っているくらいですから、ヤンキースでも活躍の印象を強烈に残した選手の1人でもあります。

2012年に所属したレイズのマドン監督も「選手としても人格的にも素晴らしい印象を残した。
いつも品格のあるプロフェッショナル。若手はみんな尊敬していた」とのこと。

同様に、ヤンキースのジラルディ監督も「頼りになる中軸としてだけでなく、人柄でチームメートに慕われていた。彼のような選手を見つけるのは難しい」とどの監督も異口同音に賞賛していますね。

松井とジラルディ監督

松井とジラルディ監督

(出所:共同)

東スポによると、ジーター曰く、チャンピオンになる機会が目の前にあって、皆でやっとそこまでたどりついて、誰よりも活躍できたんだと。

ワールドシリーズのMVP、僕らが勝てたのは彼の功績が大きかったとジーターが語っています。引退セレモニー後の初回に放った今季1号の感想を聞かれると開口一番、

「今日は松井デー。だから彼に注目してほしい。今日は松井に会えてよかったし、ヤンキースが彼に敬意を払う機会を設けてくれたことはうれしかった」と。

松井氏がオールスター解説の中で「最高の投手」として名前を挙げるのは、レッドソックスの特別GM補佐ペドロ・マルティネス氏。

天敵の1人で双方とも尊敬の念を抱いている二人だ。MVPに輝いた2009年のワールドシリーズ。第2戦で決勝アーチを含む2打数2安打1打点、第6戦では2回に先制2ラン3回は中前に2点適時打された。

マルティネス氏にとっても天敵の1人。松井は勝負強く、マルティネスがとても気を付ける打者の1人でもあるだろう。

マルティネス曰く、試合の流れが変わりそうな場面で、必ずといっていいほど打席には彼が立っていて、次の一球に集中する姿はとても印象的。

彼のアプローチは、他の打者とは違っていると言う。ここなら打てないだろうと思って投げたボールでも彼は打ち、さらに、公式戦とポストシーズンでは、彼のレベルはさらに上がっていたと。

それが恐らくMVPに輝いた2009年のワールドシリーズだろうね。松井氏のヤンキースでの指導者としての役割も今後出てくる可能性を示しているかもしれません。

また、この日のイチローの4打数4安打はイチローらしいバッティングでした。
MVPに輝いた2009年のワールドシリーズ以上に強烈なインパクト与えたと言われる、ヤンキーススタジアムでのデビュー・グランドスラム弾

海外のメジャーで活躍できて強烈に印象を残せる第二の松井、第三の松井が出るのを楽しみにしたいですね。

 - スポーツ , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日本シリーズ2013、王手をかけた楽天、王者ジャイアンツと仙台で決戦!

日本シリーズ第5戦に競り勝ち、楽天がジャイアンツに王手をかけました。これまでに観てきた印象として、伊達にパ・リーグを制覇してはいません。民放では楽天戦は放映されないことが大半なので、選手個人の力量はスポーツニュースや紙面で推し量るしかありませんでしたが(ネットで生中継は別として)、日本シリーズにおいては、楽天の選手、個人個人の力は、セ・リーグの覇者ジャイアンツの選手層を上回ると考えていもいいかもしれません。短期決戦なので、選手の力は発揮できる選手、出来ない選手もいるわけですが・・

no image
田中のプロ野球新記録21連勝は更に大リーグ24連勝記録を更新するか?

楽天の田中は西武と8回5安打1失点で今季無傷の17連勝してプロ野球の新記録達成しました。田中は、昨季からの連勝記録は松田(巨人)、稲尾(西鉄)を超えプロ野球新記録となる「21」に伸び、この後もどこまで続くかに関心があるところです。稲尾が記録したのは、当時の三原監督が6回裏から稲尾を投入したものの

no image
松井引退の本当の理由は?ビフォー・アフター

松井の引退の本当の理由は実はそうだったのですね。知らなかった。まだ、やれると思っていましたが、これで、理由が分かってきました。2006年、松井が膝をかばうスライディングキャッチしましたね。この肘を損傷したプレーがきっかけでで加速したようにも思っていました。↓松井のスライディングキャッチ。ある程度は、筋トレしていたり筋トレのやり方だけなのかと思っていたのですね。どうして、シーズンを通して、キャンプや自主トレを含めて十分な筋トレをしていかないのか?このあたりが、ずっと疑問で、知りたいところでした。Business Mediaが伝えたところによると実際のところ、松井の膝の傷や故障にあったようです。ジャイアンツ時代に、古傷であった左ひざをかばうため、・・

no image
イチローは野球界の永世名人?

イチローの3000本安打達成は快挙の一言、メジャーリーガーからすると、あまり内心あまりうれしくないかもしれないが、日本では一律に祝歓迎ムード。

no image
イチロー選手は打撃の神様を超えたのか?

マリナーズのイチロー選手は、4打数無安打に終わり、オープン戦では26打席連続無安打となり、過去の自己ワースト記録を塗り替えた。8試合連続無安打、普通、これでは首を傾げることしきりのはず。これだけ、毎回の打席で凡退の山でベンチに戻ってくる時は、戻りづらいはずなのに、

no image
イチロー選手と青木選手の天才バッターの違い

イチローは自分との戦いしかないように思います。もちろん、イチローは、スランプ脱出を試みていて、早出特打ちをしていますし、他の選手以上の、努力はしているから一層応援したいですよね。多くの観衆もそう見守っているでしょうし。
技術は言うまでもなく、天才バッターの一人でもあるので、自らの克服と気づきで、イチロー独自の調整法でバッティングを探っているのと、スランプの理由は分かっているとのことなので、それをどのようにうまく実戦で克服できるがが鍵になりますね。

no image
大谷翔平の二刀流、1軍ピッチャーデビューがついに実現。

日本ハムの二刀流、大谷翔平が1軍ピッチャーとしてデビューがついに実現です。これは、多くのファンや、大谷に関心ある観衆からも注目している大きな試合になる一方で、そして初先発登板となる2013年5月23日のヤクルト戦の前売り券の売れ行きは上々のようです。過去に大谷が打順8番で先発し、視聴率はわずか2.6%と「こんなに世間の関心が低いと」と関係者は青ざめているようですが、しかし・・

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。

no image
イチローの絶好調と絶不調の理由とは?

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?と、いった大げさなタイトルですが、でも、イチローは今、絶好調!米大リーグが、ア・リーグはヤンキースのイチロー選手を週間MVPに選考しましたね。2年ぶり、4度目の受賞です。38歳にして、6試合で25打数15安打の打率6割、2本塁打、5打点、7得点、6盗塁ですから文句の付けようもないどころか、一瞬、進化したのでは?と、思ってしまうほどです。笑。いゃ、実際、ヤンキースで進化したのかも。半分冗談で、半分本気です。ただ、イチローに何かが起きていることは事実です。それは・・

no image
プロ野球もメジャーリーグも開花宣言?

プロ野球もメジャーリーグも開幕しました。海の向こうでは、上原、岩村、両松井、松坂選手が活躍中。イチローもスタンバイ状態になってきましたね。