生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

スティーブ・ジョブズ氏公認伝記発売

      2014/05/17

スティーブ・ジョブズ氏公認の伝記、「スティーブ・ジョブズ�T」が発売されました。
スティーブ・ジョブズ氏が唯一公認した伝記で、色々なメッセージが込められた本とも言え、

1巻・2巻で構成され、スティーブ・ジョブズ氏の死去により、当初よりも約1ヶ月早い、10月24日出版で発売されました。

日本では講談社が発行、ウォルター・アイザクソン著井口 耕二氏が翻訳された日本語訳。

世界同時発売なのは、まさに映画の封切りと同じスタイルです。

第1巻(上巻1)を10月24日、第2巻(下巻2)を11月1日に発売で、井口 耕二氏(翻訳)なので、日本語で読めるのもうれしいです。

スティーブ・ジョブズ氏の生い立ちから、現在のアップルを成功に導いた原動力などを
ジョブズ氏本人や関係者の何度にもわたる取材や多くのインタビューを通して制作された伝記本に仕上がっています。

これ一冊で、これまで知られていなかった側面が浮き彫りになるのは、興味のあるところではないでしょうか。

どんなメッセージがあるのか、どんなことを伝えたかったのか、大きな期待と、多くの人の興味と関心が集まっているスティーブ・ジョブズ氏のある意味では自叙伝?

本当は、自分でも綴りたかったと思ってしまう一方で、多忙を極め、そのメッセージを
元雑誌を編集していたウォルター・アイザクソン氏に託したのかもしれません。

最近知った人も一度は目にすることになるかもしれない、また話題や物議を醸し出す可能性も秘めた読み応えのある伝記本ではないでしょうか。

 - 話題 , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
本田圭佑選手がスポーツ選手に勧めるレーシック手術ビフォーアフター

本田圭佑選手がスポーツ選手に勧めるレーシック手術前後の変化、Before・Afterが気になります。レーシック手術後どうなったのかや、良かったのか悪かったのかなど。本田選手がレーシック手術を受けた後、ネット上でレーシック手術がうまくいかなかったのではという噂がネット上で一時立ちました。しかし、現在本田選手は、今も視力は左右とも1.5を保っています。

no image
誇り高きリーダーとは。

麻生首相、日本は大丈夫ですか、と思わず問いただしたくなる失態を中川昭一財務相兼金融担当相がテレビを通して全世界に披露しました。政治をよく知らない若者までが横で笑って言っていました。「面白いけど、(失態)やめて欲しい」と、まじ顔で。

STAP細胞実証
研究や成果は無駄な労力や時間から生まれる価値ある無駄!

そもそも研究をするということは、 失敗があって成功や成果が生まれるのが研究です。 …

no image
信頼性は長きに亘り築き、反面、信頼性を失うのは一瞬で!

信頼性は長きにわたり築れますが、反面、信頼性は一瞬で失います。最近のホテルのメニューの誤表記、偽装など問題になっていますが、食材や食事のメニューが違った状態で、そもそも長い間、人の前に提示されていることは考えにくいわけです。ここにきて信頼性が問われる問題を一流ホテルが突きつけられています。ちゃんとしているホテルまで迷惑がかかるのですね。

小保方晴子氏 検証実験開始
stap細胞 小保方晴子 最新情報に注目!

STAP細胞の存在を証明するため、 いよいよ小保方晴子ユニット・リーダーが実験に …

no image
Google版WikipediaのKnolを一般公開

米Googleは、昨年末から招待制でテストしてきた知識共有ツール「Knol」を一般公開した。knolは(unit of knowledgeを意味する)」と呼ばれ、各トピックをよく知っている人それぞれが信頼できる解説を書いてもらうことが目的で、公開までテスト段階を経ていた。

no image
「世界最高の仕事」高級リゾート地のクイーンズランド

「世界最高の仕事」オーストラリアのクイーンズランド州と銘打たれた、「世界最高の仕事とは、オーストラリア北東部に位置するクイーンズランド州の観光局が募集をしたようですが、ここがまた、最高のリゾート地、あのグレートバリアリーフがある、楽天の地。

ワールドカップ2014年 決勝トーナメント16チーム確定!

ワールドカップ2014年 決勝トーナメント16チームがついに確定しました!(写真 …

no image
スーザン・ボイルさん、オーディション決勝進むも敗退した理由は?

スーザン・ボイル(48)さん、britain's got talentで更に世界の時の人となりましたね。スーザン・ボイルさんはスコットランドの出身で、前回のオーディションデビューの「夢破れて」(レ・ミゼラブル)は印象まだ新しいところです。その後ハリウッドの監督、スター、オバマ大統領からもスーザン・ボイルさんに食事の招待があったかということも噂で聞くところです。

小保方氏のSTAP細胞を一緒に捜してあげればいいのでは。

小保方氏の息子を一緒に捜してあげればいいのでは。と、つくづくそう思います。 延々 …