生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

松井引退の本当の理由は?ビフォー・アフター

      2014/05/17

松井の引退の本当の理由は実はそうだったのですね。知らなかった。
まだ、まだやれると思っていましたが、理由が分かってきました。

2006年、松井が膝をかばうスライディングキャッチしましたね。この肘を損傷したプレーがきっかけでで加速したようにも思っていました。↓

松井のスライディングキャッチ

松井のスライディングキャッチ

http://www.nytimes.com/2006/05/12/sports/baseball/12yanks.html?_r=0
(出所:The New York Times)

ある程度は、筋トレしていたり筋トレのやり方だけなのかと思っていたのですね。
どうして、シーズンを通して、キャンプや自主トレを含めて十分な筋トレをしていかないのか?

このあたりが、ずっと疑問で、知りたいところでした。Business Mediaが伝えたところによると
実際のところ、松井の膝の傷や故障にあったようです。

ジャイアンツ時代に、古傷であった左ひざをかばうため右膝を支えにして使うことで、
かえって、負担が右膝にかかり、さらに右ひざを故障することにつながりました。

チームメイトからも、ひざの重症が分かるほどで大きな負担がかかっていたのですね。

ジャイアンツ時代からも膝を気にしながらも活躍していったわけです。

それは、2007年、2008年のシーズンオフに左ひざと右膝それぞれ、内視鏡手術が成功して
また、一見ひざが完治してバッティングが好調だと見られているようですが、それは単なる一因なのですね。それ以上に大きな回復の原因があるのです。

2009年に松井がトレーナーを直接雇い、膝まわりのトレーニングを開始することで次第にひざへの負担が減り本来の松井のバッティングにつながったようです。

つまりトレーナーはヒザの痛みの原因が「筋肉の重み」にあると考え、器具を使った筋力トレを
できるだけ控えるようにアドバイスしたようです。

すると、松井の体は軽めの体に変身して両ひざに、かかっていた負担が大きく改善され、ひざの負担も軽減されていきました。

あの、ヤンキースの終盤戦や2009年のワールドシリーズMVPをも決める本塁打の活躍があったのもこの膝の負担を気にすること無くバッティングに集中できたからとも言われてます。

反面、負担軽減と裏腹に筋力トレーニングをしないため松井本来のパワーが急速に落ちてエンゼルスへ移籍後は、2010年の成績は打率2割4分4厘、14本塁打、55打点の成績で本来、松井の持ち味の爆発力が陰を潜めていきました。

膝の負担は軽くなった一方で筋力とパワー力のない体に、松井の体に力をためられずになったからです。それは、バットスピードや俊敏性にも伝わりパワー低下がスランプの長期化に変化してそうした結果にもつながりました。

複数のメジャーの現役監督も松井のスイングがスローになったと口々、異口同音にそう話しています。対戦した相手監督も今のスイングでは相手投手の球種を見極められず、たとえバットでボールを的確にとらえたとしても、打球は全然飛ばないだろうと。

それだけ、総合的な力と筋力は落ちてきていたのですね。ただし、そのまま筋トレを積んでいたら膝が完全にやられ、歩行はおろか選手生命はもっと短かったとも言われています。

それだけに、本人だけでなくチームメイトや、監督を初めその理由を知っているからこそ、各球団も含め、こうした理由からオファーもなく新天地への移籍が決まらなかった理由があったのでしょう。

そうとも知らず、まだまだやれると思い、知らずと松井の苦悩はあったのですね。

本当に、お疲れ様でした。ただ、しばらくは静観しながらも、今後、松井でしか出来ないことが
山のようにあるようも思います。今後の松井も楽しみですね。

 - スポーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
大谷の投げて打って走って送球して4拍子揃った逸材に・・

大谷の投げて、打って、走って、レーザービーム送球して、4拍子揃った逸材は4刀流じゃーないですか。ノムさんも大谷の二刀流をついに認めたようですね。そりゃそうですよね、以前記していましたが、さすがのノムさんも認めましたね。考えを翻すところが凄い。大谷は・・

no image
イチローのすごさ

ご存知のとおりイチローは数々の記録を塗り替えています。
とりわけ、その中でも15年連続3割打率が超すごい。過去の超一流の名選手を見てもイチローのこの記録に並ぶ選手は皆無。あの、王選手、長嶋選手、打撃の職人張本選でも。

前半戦のヤンキース 田中将大
田中将大投手がリハビリを始めて、復帰を目指せる理由は!

田中投手はインディアンス戦後に右肘の痛みを訴え、 (写真出所:日経新聞) 磁気共 …

ワールドカップ2014 日本対コロンビア戦-追加必須修正点はコレ!

前回のコートジボワール戦で指摘していました修正点はギリシャ戦で活かせたと思います …

no image
FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!

FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!がテーマ。もちろん、最終予選が終わってすぐそこにあるコンフェデなので、超えることは難しいわけですが、少なくとも気持ちは、そこに置いて欲しいですね。日本とオーストラリアのワールドカップ最終予選、なんとか本田の奇跡の同点ゴールで引き分けに持ち込みましたが、内容的には攻撃的にも押してはいたものの、決定打が出ないで逆にオーストラリアに決められて、あわやの敗退寸前でしたね。本田が入ることで、

no image
イチローの絶好調と絶不調の理由とは?

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?と、いった大げさなタイトルですが、でも、イチローは今、絶好調!米大リーグが、ア・リーグはヤンキースのイチロー選手を週間MVPに選考しましたね。2年ぶり、4度目の受賞です。38歳にして、6試合で25打数15安打の打率6割、2本塁打、5打点、7得点、6盗塁ですから文句の付けようもないどころか、一瞬、進化したのでは?と、思ってしまうほどです。笑。いゃ、実際、ヤンキースで進化したのかも。半分冗談で、半分本気です。ただ、イチローに何かが起きていることは事実です。それは・・

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。

no image
日本シリーズ2013を制するのは楽天・ジャイアンツのどっち?

日本シリーズ2013年、楽天対ジャイアンツ戦が、いよいよ2013年10月26日に始まりましたね。目玉は、楽天の強さがジャイアンツと対戦してどうなるのか、また、無敗のエース・田中将大がジャイアンツ打線と対峙してどのような結果を残すのか。また、初戦が田中でなく、それが今後の対戦にどうが変化していくのかに注目です。

no image
ダルビッシュ、イチロー、青木、黒田、岩隈らの活躍は?【6月版】

2013年6月に入り、岩隈も勝利を重ねていくにつれて評価を上げていますが、レッドソックスの田沢、上原も絶好調で推移しています。今の上原にとって、イチローはもはや目じゃない?タイミングを完全に外してどっちが主役か分からなくなってきています。どうもイチローは浮き足立ったバッティングが目立ち、つまり、何か腰が浮いているような、地に付いていないバッティングの感じがします。難しい球を打つのがイチローの特徴の一つなのですが、打ち頃の球も見逃しているので

no image
メジャーリーグの日本人選手やボクシング日本人世界王者の活躍が凄い!

メジャーリーグの日本人選手やボクシングでは亀田家、山中慎介、長谷川穂積、八重樫東など日本の世界王者の活躍で、日本人同士の統一戦も、また、ゴルフ界でも凄いことになってきています。レンジャーズのダルビッシュ有が、8月14日のアストロズ戦で自己最多の15三振を奪い8回1失点に抑え12勝目を挙げましたが、日本の若いトッププレイヤーが着実に世界でも実績を残しています。