生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

松井引退の本当の理由は?ビフォー・アフター

      2014/05/17

松井の引退の本当の理由は実はそうだったのですね。知らなかった。
まだ、まだやれると思っていましたが、理由が分かってきました。

2006年、松井が膝をかばうスライディングキャッチしましたね。この肘を損傷したプレーがきっかけでで加速したようにも思っていました。↓

松井のスライディングキャッチ

松井のスライディングキャッチ

http://www.nytimes.com/2006/05/12/sports/baseball/12yanks.html?_r=0
(出所:The New York Times)

ある程度は、筋トレしていたり筋トレのやり方だけなのかと思っていたのですね。
どうして、シーズンを通して、キャンプや自主トレを含めて十分な筋トレをしていかないのか?

このあたりが、ずっと疑問で、知りたいところでした。Business Mediaが伝えたところによると
実際のところ、松井の膝の傷や故障にあったようです。

ジャイアンツ時代に、古傷であった左ひざをかばうため右膝を支えにして使うことで、
かえって、負担が右膝にかかり、さらに右ひざを故障することにつながりました。

チームメイトからも、ひざの重症が分かるほどで大きな負担がかかっていたのですね。

ジャイアンツ時代からも膝を気にしながらも活躍していったわけです。

それは、2007年、2008年のシーズンオフに左ひざと右膝それぞれ、内視鏡手術が成功して
また、一見ひざが完治してバッティングが好調だと見られているようですが、それは単なる一因なのですね。それ以上に大きな回復の原因があるのです。

2009年に松井がトレーナーを直接雇い、膝まわりのトレーニングを開始することで次第にひざへの負担が減り本来の松井のバッティングにつながったようです。

つまりトレーナーはヒザの痛みの原因が「筋肉の重み」にあると考え、器具を使った筋力トレを
できるだけ控えるようにアドバイスしたようです。

すると、松井の体は軽めの体に変身して両ひざに、かかっていた負担が大きく改善され、ひざの負担も軽減されていきました。

あの、ヤンキースの終盤戦や2009年のワールドシリーズMVPをも決める本塁打の活躍があったのもこの膝の負担を気にすること無くバッティングに集中できたからとも言われてます。

反面、負担軽減と裏腹に筋力トレーニングをしないため松井本来のパワーが急速に落ちてエンゼルスへ移籍後は、2010年の成績は打率2割4分4厘、14本塁打、55打点の成績で本来、松井の持ち味の爆発力が陰を潜めていきました。

膝の負担は軽くなった一方で筋力とパワー力のない体に、松井の体に力をためられずになったからです。それは、バットスピードや俊敏性にも伝わりパワー低下がスランプの長期化に変化してそうした結果にもつながりました。

複数のメジャーの現役監督も松井のスイングがスローになったと口々、異口同音にそう話しています。対戦した相手監督も今のスイングでは相手投手の球種を見極められず、たとえバットでボールを的確にとらえたとしても、打球は全然飛ばないだろうと。

それだけ、総合的な力と筋力は落ちてきていたのですね。ただし、そのまま筋トレを積んでいたら膝が完全にやられ、歩行はおろか選手生命はもっと短かったとも言われています。

それだけに、本人だけでなくチームメイトや、監督を初めその理由を知っているからこそ、各球団も含め、こうした理由からオファーもなく新天地への移籍が決まらなかった理由があったのでしょう。

そうとも知らず、まだまだやれると思い、知らずと松井の苦悩はあったのですね。

本当に、お疲れ様でした。ただ、しばらくは静観しながらも、今後、松井でしか出来ないことが
山のようにあるようも思います。今後の松井も楽しみですね。

 - スポーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
WBC2013侍ジャパンメンバーで3連覇を目指して!!

WBC2013年の、侍ジャパンメンバーが決定しました。狙うはWBC3連覇を目指して!!それしかありません。ダルビッシュも、イチローも黒ちゃんもいません。しかし、ピッチャーもなかなか揃っていてあとは、打線がしっかり打ち込んでくれれば、いい線を走れるのではないでしょうか。あの、広島戦との戦いは、初戦の実践とは言え山本監督も誤算だったと思います。では、WBC2013年の、侍ジャパンメンバー28人は・・

no image
サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは?

サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは? 一体どういうこと? と、なるかもしれません。試合にフル出場した日本代表のMF本田圭佑のコメントがとても興味深い。これにより、親善試合、サッカーの結果ひとつに対して、見方や捉え方、また実践した実情を知っている、知らないことにより180度違う、まったく真逆の考え方になってしまうのです。実情を知らないと結構、このあたりは怖いところでもあり・・

no image
メジャーリーグの日本人選手やボクシング日本人世界王者の活躍が凄い!

メジャーリーグの日本人選手やボクシングでは亀田家、山中慎介、長谷川穂積、八重樫東など日本の世界王者の活躍で、日本人同士の統一戦も、また、ゴルフ界でも凄いことになってきています。レンジャーズのダルビッシュ有が、8月14日のアストロズ戦で自己最多の15三振を奪い8回1失点に抑え12勝目を挙げましたが、日本の若いトッププレイヤーが着実に世界でも実績を残しています。

no image
mlb ダルビッシュ、イチロー、黒田、岩隈らの活躍は?【5月版】

mlb ダルビッシュ、イチロー、黒田、岩隈らの活躍は?【5月】気になる日本人(MLB)メジャーリーガーが多数活躍する2013年メジャーリーグ・MLBライブ中継時系列として、最新の日本人メジャーリーガーの記事を日付順に記載。5月1日の日本人MLBは、いきなり、ヤンキースの黒田とイチローの先発で観れ、しかも同日、レンジャーズのダルビッシュの試合も同時並行とは、贅沢な試合展開・・

no image
タイガー・ウッズが世界ランキング1位に復帰した理由とは?

タイガー・ウッズが世界ランキング一位と、遂に復帰を遂げました。米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」の最終日、単独首位でスタートしたタイガー・ウッズが今季3勝目を獲得しました。ツアー通算77勝目で、サム・スニードに並ぶ同一大会通算8勝。2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位は、タイガー・ウッズにとっても長かったと思います。ローリー・マキロイを抜いて約2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位の座に再びついたのです。このまま、あのスキャンダル以降、一体どうなるのかと、ずっと思っていた人も多かったのではないかと思います。さすがに、超一流は違うものです。じゃー、あのどん底の成績で低迷していたところから、なぜ、世界ランキング一1位に復帰できたのか?です。

部活・クラブ
部活の指導は根性論から科学的根拠に基づいた指導へ

部活やクラブ活動は本来、好きなスポーツや文化のジャンルで 技術を磨いたり、個人や …

no image
甲子園球場のリニューアルの不思議

甲子園球場のリニューアルで、一期工事が済んだとのことですが、問題が浮上しているみたいです。阪神ファンの一人として、全く解せない工事ですね。スポーツ報知によると、第1期リニューアル工事を終えた甲子園で、次々と「NG」が明らかになりました。

ヤンキース 田中将大
ヤンキース 田中が2017年メジャー開幕戦で打ち込まれた理由は?

ヤンキース 田中が開幕戦でメッタ打ちに打ち込まれた状況は?   ヤンキ …

no image
楽天 田中将大の凄さと、最強の精神力を支える原点とは?

話題・新しい発見説明

no image
プロ野球監督業

楽天の野村監督、チームを徐々に引っ張って、本領を発揮しつつあるように見えます。監督を引き受けた時は、チーム新生に相当な年月がかかると誰もが見ていたと思いますが。毎年最下位からメンバーが成長しつつ、不本意に活躍できなかった選手やその他の戦力も整い、勢いをつけていっているのでしょうか。