客室乗務員が教える乾燥肌対策とは?

元客室乗務員(キャビンアテンダント)が教える乾燥肌対策とは、
一体どういった乾燥肌対策があるのでしょうか。

冬は、どうしても室内でも乗り物でも暖房が入っている環境やそうした室中にいる時間が多く、
それが、一過性ならまだしも長時間、乾燥肌の状態に晒さられてると肌の潤いが無くなり、やがてカサカサになり本来の肌のモチモチ感が失われてしまうわけです。

肌は、湿度60%〜65%程度欲しいところ、冬はどうしても、室内をはじめ乾燥肌になりがちで、
肌に対する環境は厳しく、それが毎日続くとなると何か、冬の乾燥肌対策と考えてしまいます。

肌がカサカサ気味で指先のヒビ割れがおきたり、指にカットバンを貼ったりしてませんか。

毎日キレイが伝えるところによると元キャビンアテンダントが試していたのは、肌に潤いを保つため飲水で体に水分の補給することや肌への水の補給としてノンアルコール系の水分を顔にスプレーしたりしているようです。
http://kirei.mainichi.jp/practice/news/20130125dog00m100008000c.html

単なる水だと、すぐに乾燥してしまうので保湿性の高い植物エキスや植物性のヒアルロン酸が含まれる化粧水などを選ぶのがおすすめのようです。

手荒れは、肌の保湿に重要なアミノ酸がたっぷり補給できる手入れが効果的なので、シアバターや植物オイルなどが入った自然素材のハンドクリームがいいとのこと。

自然素材のファンデーションは、肌にやさしく、保湿力の高いリキッドやクリームタイプを利用したり、何もつけないなら、ナチュラル成分でUVカット効果のあるベースクリームなどを塗るだけでもケアしないのと比べても違いが出る感じみたいです。

室内では、加湿器があればベストだけどない場合は、水蒸気のでるようなもので、室内を潤い状態に保てればいいのですが・・、でもですよ、

冬は、室内外の寒暖の温度差が大きいので余りにも室内の湿度が高すぎると室内に結露の恐れがあるので、ほどほどの湿度を保つのが室内にも、乾燥肌にも肝要です。

自分の美肌は、自分で守って美肌づくり、美肌美人に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。